あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

薬害C型肝炎訴訟の提訴について

   

ついに医師が立ち上がりました。
薬害C型肝炎の訴訟問題で薬害肝炎救済法が成立したのを受け、医師が提訴を決めたのです。
提訴するのは、諏訪郡下諏訪町の諏訪マタニティークリニックの院長です。
1987年に、患者にフィブリノゲンを投与したことがあるということで、クリニックに保管していたカルテを検証したところ、19人に投与していたことが判明しました。
該当者に検査を行ったところ、2人がC型肝炎に感染していたと言います。
さらには、6人がすでにC型肝炎を発症しており、治療を受けていたと言います。
院長は、この8人の救済を求めるために、提訴の手続きを取る決断をしたのです。
救済法の対象となるには、血液製剤を投与されたという証明がないとできないのですが、今回のケースはまさに心強い証言者となることでしょう。
また、これを機に提訴する病院も増えるのではないでしょうか?
今回のように、5年以上も前のカルテが残っている病院は、多くないと思います。
しかし、医師や看護士の証言があれば、有効となるのです。
なかには、証言を求めて、あちらこちらの病院に連絡を取っている患者さんもいらっしゃいます。
なかなか思うようにはいかない方も多く、証言をとる方法が他に無いのか厚生省や病院への問い合わせは殺到していると言います。
それにしても、証拠が無ければ救済法の対象にならないというのは、いかがなものでしょう?
一人でも多くのC型肝炎患者さんが救われることを願わずにはいられません。

 - C型肝炎 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

IL-28Bの検査ができる病院がちょっと分かったから、紹介しておきます

Eye Spy / Army Medicine なかなか風邪が抜けません。免疫力 …

最新のC型肝炎治療、その2”C型肝炎のインターフェロン治療の現状と新たな治療薬の開発状況”の第2回目

今年のの目標は、ちょこまか動くでやんす。 ああ、餅を食べ過ぎて、体重が増えたから …

特集 ”ゴール見えた!ウイルス肝炎” 日経メディカルオンラインより

ゴールしました。 #souya / nikunoki 日経メディカルオンラインで …

2013/12/14 14:00~ 国府台病院 第12回 肝臓病教室

ちょっと今日も朝はお暇モードなので今週3投目 ちょっと国府台病院の肝臓病教室は面 …

テラビック(テラプレビル)が認可されたので、治療の前に治療成績におけるIL28Bとコア70の関係について考えてみる

patience / numberstumper さて、ちょっとまとまったので、 …

no image
肝硬変の栄養食事療法に関する最新の話題@三宅坂ホールにいくど~

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ そうそう …

no image
自己注射について

C型肝炎の治療薬といえばインターフェロンが有名です。 インターフェロンは、C型肝 …

どうやら日本のC型肝炎治療薬のアリニアの開発が中止になったらしい

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ Phot …

講演会2つ(国府台病院と東京肝臓友の会)の紹介

テヘッ、2月は1本も書かなかったよ(バキっ ほんとはまとめなきゃいけないんだけど …

テラビックを用いた3剤併用療法の副作用に対する対策 その1

p7048366 / fings 前回ちょっとショッキングな記事を書いてしまった …