あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

自己注射について

   

C型肝炎の治療薬といえばインターフェロンが有名です。
インターフェロンは、C型肝炎のウイルスの型によって、使われる種類が違います。
ある一部のインターフェロンは、自己注射が可能です。
自己注射とは、医師や看護士の手を借りずに、自分で注射することです。
インターフェロン治療のために仕事を休んだり、遠い病院まで通院している方にとっては、自己注射は自宅で打つことが出来ますから、便利ですね。
打つ時間も就寝前で良いということなので、翌朝には副作用も和らいでいる可能性があります。
また、費用に関しても2005年4月から保険適用になっています。
ただし、注意事項はいくつかあります。
まず、リバビリンとの併用は認められていません。
また、週に1回打つだけで済むペグインターフェロンの自己注射は認められていません。
あくまでも、インターフェロンの単独時に可能ということですから、全てのC型肝炎患者が自己注射を受けられるわけではないのです。
もしも自己注射を打つ許可がおりれば、注射を打つ練習をします。
自宅での自己注射の治療が開始されたら、その効果と副作用を見てもらうために、2週に1度は医療機関を受診します。
また、注射器を自宅に保管するのですから、その扱いには十分な注意が必要です。
自己注射をしたあとの注射針が、誤って家族に刺さる針刺し事故は、避けなくてはいけません。
扱い方に十分注意すれば、とても便利なものです。
さらには、C型肝炎の完治率も上がるのではないでしょうか?

 - C型肝炎 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

新薬 C型肝炎治療薬 ソブリアード(シメプレビル(TMC-435))とは (治験結果編)

今回は、一番知りたい。ソブリアード(シメプレビル(TMC-435))で治療すると …

産総研が世界初となる糖鎖マーカーを用いた肝線維化検査技術の実用化に成功

これも興味があったのでちょっと紹介しておきます。 たしか、この研究に確か同意書書 …

Sofosbuvir(ソフスブビア)とLedipasvir(レディパスビル)の治験結果の紹介 ~第64回米国肝臓学会議 (AASLD 2013)より

AASLD / butter1225 やっと書く時間が取れたので、気になる薬の治 …

2013/12/14 14:00~ 国府台病院 第12回 肝臓病教室

ちょっと今日も朝はお暇モードなので今週3投目 ちょっと国府台病院の肝臓病教室は面 …

講演会情報:国府台病院 9/12(土) 第19回 肝臓病教室

 この9/1から新薬が発売になったハーボニー情報ってことで、国立国際医療センター …

気になって、SVRの定義について、ちと調べて見た

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 2年超え …

米FDA、メルクのC型肝炎新薬を承認 でも日本じゃ動きないみたいず

初夏 / T.Hagihara 金曜日にちと気になるニュースが入ってきましたね。 …

ホンマかいな…酒かすが肝臓保護、月桂冠が研究。だってさ!

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ まさにほ …

きっとかなう夢のために in 東京 終了

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 昨日の” …

ダクルインザ・スンベプラを用いた治療症例が14000例を超えたそうです

ちょっと小耳にはさんだので、ちょっと情報だけでも。 なんとすでに1万4千例 昨年 …