あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

薬害C型肝炎の訴訟問題について

   

薬害C型肝炎の被害者の方たちが薬害の責任を認めてもらおうと立ち上がったのは、約5年前。
国と製薬会社を相手に立ち上がりました。
今から約40年も前から25年間もの間、ウイルスに侵された血液製剤を投与されてC型肝炎になった方達です。
「どうして今になって?」と思うでしょう。
実は、C型肝炎というのは、とても長い年月をかけて症状をあらわすのです。
C型肝炎になると、治療に専念しなければならない期間があり、仕事を休まなくてはいけません。
また、インターフェロンの副作用による体調不良で、仕事を辞める方もいらっしゃいます。
治療費はとても高額で、高額医療費で戻ってくるとはいえ、度重なる治療の負担に、途中で治療を断念せざるを得ないのも納得がいきます。
今回の訴訟に関わっている方達は、先に述べた血液製剤のフィブリノゲン製剤という止血剤を投与されてC型肝炎を発症されています。
このフィブリノゲン製剤を、製造販売した製薬会社の責任、そしてこの製造を承認した国の責任が問われたのが今回の訴訟問題です。
辛い状況で戦ってきた甲斐があり、2008年1月11日、薬害肝炎救済法が成立しました。
とはいえ、いろいろな条件があるので、まだまだ全てのC型肝炎の患者さんが喜べるような内容ではありません。
さらには、原告側に自分が適合するのかどうかさえ、判断するのが難しいようです。
薬害C型肝炎の訴訟問題は、まだまだ始まったばかりなのかも知れません。

 - C型肝炎 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

米国におけるハーボニーの市場占有率

以前、ギリアドのC型肝炎治療薬の薬価が高いことを理由に米国で保険対象から除外され …

肝臓医療講演会 最新のC型肝炎治療にいってきました。ペグリバにビタミンDを加えるとSVRが2倍になる!?

Photo by jon_a_ross 昨日は、午後から遠征して、三田で開催され …

テラビック(テラプレビル)が認可されたので、治療の前に治療成績におけるIL28Bとコア70の関係について考えてみる

patience / numberstumper さて、ちょっとまとまったので、 …

テラビック(テラプレビル)が認可されたので、治療の前にHCV薬剤耐性について考えてみる

Uppercat / Takashi(aes256) まだまだ引っ張るこのシリー …

3月26日東京肝臓友の会主催 医療講演会 「肝炎・肝硬変・肝がんの栄養治療について」

Girls’ Day. / MJ/TR (´・ω・) ひなまつりだけ …

no image
”C型肝炎は治る時代です”というテレビCMに違和感を感じる

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ ”型肝炎 …

医者はゼネラリストであってほしい。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を庇護治療しているバンバンです。 また気になる記 …

テラビックの薬価(テラプレビル)は250mg1錠1422.10円(1回750mgを1日3回投与)だってさ。安い?!

International Money Pile in Cash and Coi …

no image
第1回疾患医科学ミニシンポジウム「C型肝炎の最前線~基礎と臨床~」” にいってきたぞ~、おなかいっぱぃでやんす。

akioさんのところで紹介されていた、東京大学 医科学研究所での講演会に行ってき …

C型肝炎に対する新規経口薬の著効率は100% 第22回日本消化器関連学会の発表より

やっと規経口抗ウイルス薬であるNS5A阻害薬ledipasvir(LDV)とNS …