あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

薬害C型肝炎の訴訟問題について

   

薬害C型肝炎の被害者の方たちが薬害の責任を認めてもらおうと立ち上がったのは、約5年前。
国と製薬会社を相手に立ち上がりました。
今から約40年も前から25年間もの間、ウイルスに侵された血液製剤を投与されてC型肝炎になった方達です。
「どうして今になって?」と思うでしょう。
実は、C型肝炎というのは、とても長い年月をかけて症状をあらわすのです。
C型肝炎になると、治療に専念しなければならない期間があり、仕事を休まなくてはいけません。
また、インターフェロンの副作用による体調不良で、仕事を辞める方もいらっしゃいます。
治療費はとても高額で、高額医療費で戻ってくるとはいえ、度重なる治療の負担に、途中で治療を断念せざるを得ないのも納得がいきます。
今回の訴訟に関わっている方達は、先に述べた血液製剤のフィブリノゲン製剤という止血剤を投与されてC型肝炎を発症されています。
このフィブリノゲン製剤を、製造販売した製薬会社の責任、そしてこの製造を承認した国の責任が問われたのが今回の訴訟問題です。
辛い状況で戦ってきた甲斐があり、2008年1月11日、薬害肝炎救済法が成立しました。
とはいえ、いろいろな条件があるので、まだまだ全てのC型肝炎の患者さんが喜べるような内容ではありません。
さらには、原告側に自分が適合するのかどうかさえ、判断するのが難しいようです。
薬害C型肝炎の訴訟問題は、まだまだ始まったばかりなのかも知れません。

 - C型肝炎 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ソブリアード(シメプレビル)の薬価決定 13,134.60円(100mg1カプセル)

いろいろ探したら出てきた。みなさん早いなぁ(笑) お世話になってるmiyaさんの …

no image
2008年ウイルス性慢性肝炎ガイドライン

ウルソで休憩中のばんばんです。 はやさかクリニックに2008年ウイルス性慢性肝炎 …

no image
肝臓手帳について

皆さんは、お薬手帳をお持ちですか? 医療機関にかかると、薬局で一人1冊、お薬手帳 …

市民公開講座 B型肝炎・C型肝炎の最新治療について 7/24 早坂章先生@千葉県木更津

maltbia-naha / U.S. Embassy Tokyo そろそろ、外 …

シメプレビル(商品名:ソブリアード)含む3剤併用療法がC型肝炎治療の第一選択になる

ちょっと、興味深い講演会があったようなので、紹介しておきます。 テラビックからソ …

9/7(日) 宮川庚子記念研究財団 第18回肝臓病医療講演会 決定!

今年もやってきました 秋の肝炎治療の最新情報を聞くことができる、宮川庚子記念研究 …

肝硬変の栄養食事療法に関する最新の話題@三宅坂ホール

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ sinさ …

no image
全てのC型肝炎患者のために

薬害C型肝炎訴訟が和解された今後、新たな法案が可決されれば、たくさんのC型肝炎患 …

2ヶ月に一度の虎ノ門詣。とりあえず何も動き無し

Who are you what is this why me? / E. E. …

no image
様々な問題を抱える「肝炎インターフェロン治療の助成」

長期少量インターフェロンから変更して、ウルソで休憩、C型肝炎を治療しているばんば …