あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

C型肝炎プロテアーゼ阻害剤、boceprevir(ボセプレビル)とTelaprevir (テラプレビール)

      2013/07/19

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を治療しているバンバンです。


新薬情報でんな。ちと、古いかなぁ。去年の11月だから2ヶ月前か。

Schering-Plough社 未治療HCV患者のboceprevir第2相試験で良い結果が得られている
この記事にコメントする
 2008-11-03 – 2008年11月1日、Schering-Plough Corporationは、ペグインターフェロン(PEGINTRON)とリバビリンの標準治療に比べて標準治療にC型肝炎プロテアーゼ阻害剤・boceprevir(ボセプレビル)を追加した方が持続陰性化(SVR)が優れていることが未治療遺伝子1型慢性C型肝炎(HCV)患者595人が参加した第2相試験(SPRINT-1)の途中解析で示されたと発表しました。
 http://www.biotoday.com/view.cfm?n=30178
 

むーん、シェリング・プラウ社はのプロテアーゼ阻害剤はこの名前なんだ。
この先は有料記事なので詳しいことはわかりませんが、Vertex社の”Telaprevir ”(テラプレビール、VX-950)の対抗ということなんでしょうか。”boceprevir(ボセプレビル)”初めて聞く名前だなぁ。第2相試験だから、少しは進んでいるということなんでしょうね。期待して待ちましょうか。


田辺製薬のサイトで開発計画の資料のなかに、Vertex社の”Telaprevir ”(テラプレビールVX-950)”を見つける。

出典:開発パイプラインと グローバル開発推進

VX950.JPG

この資料でもやっぱり、治療期間は、いまの48週、延長78週から群と短くなって、24週がベースとなる。これはとてもいいことだと思う。さすがにC型肝炎インターフェロン治療期間が長いとQOLに影響してくるもんな。半年になるなた、とっても体の負担が軽くなる。
資料から読み取れるのは、SVRが約7割(68%)の確率だから、いまの半分のSVRよりはいいことになる。

vx950-1.JPG

開発スケジュールもフェーズ2が2009年初めまで、その後2011年1Qぐらいまでフェーズ3となっている。それからが初めて認可、一般治療開始になると思われる。そう考えると、以前にようにすぐに飛びつかないと考えると、次の治療開始は、やはり3年後ぐらいがターゲットになるかなぁ。なんか考えたりして。。。想像はつきないけど、なかなか日本での新薬の治験の情報は、表に出てこないからなぁ。ウォッチしていきましょう。

 - 新薬情報

Comment

  1. ひでほ より:

    毎度情報ありがとうございます。半年の治療期間がベースというのはいいですね。期待モードです。

  2. 藤居芳生 より:

    プロテアーゼ阻害剤ですか。ほかのウィルス性疾患では、結構一般的になっているようですね。
    これって、ウィルスが増えるのに持っているプロテアーゼってたんぱく質をターゲットにして、そいつの「穴」にぴったりはまる物質を、コンピュータで試行錯誤させて作るんですってね。
    という、前置きはさておき、ご新規さんです。
    こざるままさん「こざるままのC型肝炎日記」
    http://ameblo.jp/ganbarekozarumama/
    初回の注射、入院せずにそのまま帰って家事されてますね。すごい意志ですね。

  3. まさき より:

    退院しましたよ~^^
    ご心配かけてすいませんでした^^;禁煙も順調です^^¥

  4. ばんばん より:

    ひでほさん
    期待して待ちましょうよ。
    藤居さん
    まいどありがとうございます。
    まさきさん
    大ジョブでした。禁煙なによりだ。(笑

  5. 南海 凡吉 より:

    このC型肝炎ワクチン
    http://kumanichi.com/iryou/kiji/digestive/61.html
    はその後どうなったんでしょうね。数日前の朝日新聞に、チラと記事があったようなんですが。

  6. miya より:

    お邪魔します。
    記事は6日朝の科学欄です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

no image
新薬情報拾い読み、telaprevir、ANA598など

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ やはりと …

Sofosbuvir(ソフスブビア)とLedipasvir(レディパスビル)の治験結果の紹介 ~第64回米国肝臓学会議 (AASLD 2013)より

AASLD / butter1225 やっと書く時間が取れたので、気になる薬の治 …

ソバルディの添付文書を読んでみる

 ちょっと気になったのでソバルディの添付文書見てみました。  ずっと昔はお薬をも …

治験情報をいくつか・・・

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 今まで、 …

米で死亡含む副作用…C型慢性肝炎治療薬「ヴィキラックス」、禁忌対象拡大へ

以前に「ヴィキラックス」の米国の死亡例の記事を書きましたが、日本でもそれを受けた …

プロテアーゼ阻害剤の話をしよう、その4

Summer on paper bag / normanack そろそろねたがつ …

ソブリアード(シメプレビル)の薬価決定 13,134.60円(100mg1カプセル)

いろいろ探したら出てきた。みなさん早いなぁ(笑) お世話になってるmiyaさんの …

C型肝炎とたたかう~どう選ぶ?最新治療~NHKエデュケーショナル 健康フォーラム12/13

ちょっと面白そうな交換会が今週末あるので照会おば。 新しい治療が次々に登場  新 …

テラビックを用いた3剤併用療法の副作用に対する対策 その2

新型 体重計 / HIRAOKA,Yasunobu ちょっと時間を置きましたが、 …

ソバルディ服用中の患者様とご家族のためのウェブサイトがオープンしました(GS社HPより)

以前紹介したソバルディ(ソフォスブビル)の服用は東海道八十四次? では、紙のもの …