あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

C型肝炎プロテアーゼ阻害剤、boceprevir(ボセプレビル)とTelaprevir (テラプレビール)

      2013/07/19

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を治療しているバンバンです。


新薬情報でんな。ちと、古いかなぁ。去年の11月だから2ヶ月前か。

Schering-Plough社 未治療HCV患者のboceprevir第2相試験で良い結果が得られている
この記事にコメントする
 2008-11-03 – 2008年11月1日、Schering-Plough Corporationは、ペグインターフェロン(PEGINTRON)とリバビリンの標準治療に比べて標準治療にC型肝炎プロテアーゼ阻害剤・boceprevir(ボセプレビル)を追加した方が持続陰性化(SVR)が優れていることが未治療遺伝子1型慢性C型肝炎(HCV)患者595人が参加した第2相試験(SPRINT-1)の途中解析で示されたと発表しました。
 http://www.biotoday.com/view.cfm?n=30178
 

むーん、シェリング・プラウ社はのプロテアーゼ阻害剤はこの名前なんだ。
この先は有料記事なので詳しいことはわかりませんが、Vertex社の”Telaprevir ”(テラプレビール、VX-950)の対抗ということなんでしょうか。”boceprevir(ボセプレビル)”初めて聞く名前だなぁ。第2相試験だから、少しは進んでいるということなんでしょうね。期待して待ちましょうか。


田辺製薬のサイトで開発計画の資料のなかに、Vertex社の”Telaprevir ”(テラプレビールVX-950)”を見つける。

出典:開発パイプラインと グローバル開発推進

VX950.JPG

この資料でもやっぱり、治療期間は、いまの48週、延長78週から群と短くなって、24週がベースとなる。これはとてもいいことだと思う。さすがにC型肝炎インターフェロン治療期間が長いとQOLに影響してくるもんな。半年になるなた、とっても体の負担が軽くなる。
資料から読み取れるのは、SVRが約7割(68%)の確率だから、いまの半分のSVRよりはいいことになる。

vx950-1.JPG

開発スケジュールもフェーズ2が2009年初めまで、その後2011年1Qぐらいまでフェーズ3となっている。それからが初めて認可、一般治療開始になると思われる。そう考えると、以前にようにすぐに飛びつかないと考えると、次の治療開始は、やはり3年後ぐらいがターゲットになるかなぁ。なんか考えたりして。。。想像はつきないけど、なかなか日本での新薬の治験の情報は、表に出てこないからなぁ。ウォッチしていきましょう。

 - 新薬情報

Comment

  1. ひでほ より:

    毎度情報ありがとうございます。半年の治療期間がベースというのはいいですね。期待モードです。

  2. 藤居芳生 より:

    プロテアーゼ阻害剤ですか。ほかのウィルス性疾患では、結構一般的になっているようですね。
    これって、ウィルスが増えるのに持っているプロテアーゼってたんぱく質をターゲットにして、そいつの「穴」にぴったりはまる物質を、コンピュータで試行錯誤させて作るんですってね。
    という、前置きはさておき、ご新規さんです。
    こざるままさん「こざるままのC型肝炎日記」
    http://ameblo.jp/ganbarekozarumama/
    初回の注射、入院せずにそのまま帰って家事されてますね。すごい意志ですね。

  3. まさき より:

    退院しましたよ~^^
    ご心配かけてすいませんでした^^;禁煙も順調です^^¥

  4. ばんばん より:

    ひでほさん
    期待して待ちましょうよ。
    藤居さん
    まいどありがとうございます。
    まさきさん
    大ジョブでした。禁煙なによりだ。(笑

  5. 南海 凡吉 より:

    このC型肝炎ワクチン
    http://kumanichi.com/iryou/kiji/digestive/61.html
    はその後どうなったんでしょうね。数日前の朝日新聞に、チラと記事があったようなんですが。

  6. miya より:

    お邪魔します。
    記事は6日朝の科学欄です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ギリアドのC型肝炎治療薬の薬価が高いことを理由に米国で保険対象から除外される

某所からタレコミがあったのでちょっと記事にしておきます。 (情報ありがとうござい …

no image
インターフェロン併用療法の効果が事前に確認できる!

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 9/14 …

BMS(ブリストルマイヤーズ)の経口2剤(スンベプラ、ダクルインザ)が承認されました

あっ、書こう書こうと思っていたらもう7月も半ば(汗 すでに遅いきがしますが、末席 …

[速報] C型慢性肝炎の治療ガイドライン改訂 ジェノタイプ1型についてはハーボニーが第一推奨に

なんだか毎日ブログ書いてるような気がする(苦笑 もう、話題があり過ぎて・・・   …

nitazoxanide(Alinia)、アリニアの試験も進んでいるみたい

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 連休の谷 …

ブリストル・マイヤーズ社、経口薬 ダクルインザ錠60mg(ダクラタスビル)、スンベラカプセル100mg(アスナプレビル)薬価決定!

水平線まで走れ・・てな写真ですが・・・(笑)    待に待った、ブリストル・マイ …

アッヴィ、経口剤のみによるC型慢性肝炎治療薬を日本にて製造販売承認申請 ニュースリリースより

思ったよりも早く、製造認可申請されましたね。 いつものように少しだけニュースリリ …

プロテアーゼ阻害剤の話をしよう、その4

Summer on paper bag / normanack そろそろねたがつ …

ソバルディ(ソフォスブビル)の服用は東海道八十四次?

先週患者会の事務所で面白いものを見せていただきました。 それがコレ。ソバルディの …

アッヴィの経口C肝薬ヴィキラックスが製造認可承認されました

雨が続き8月の関東は低温続きで日本の夏は何処行った状態ですが、C型肝炎治療薬のニ …