あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

またもやALPが要注意。

      2013/07/19

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


2ヶ月ぶりの検診にT病院にいって来ました。

あまり、いい傾向じゃない。(゚o ゚

08.10.07 08.12.12 09.02.03 09.03.31
AST(GOT) 22 23 27 34 H
ALT(GPT 21 24 34 42
ALP 362 H 373 H 371 H 462 H
HCV RNA 6.3log 6.5log 7.1log 検査中

K主治医がいいうには、ばんばんさんの状態を考えると、こんなにALPがあがることは考えにくい。外にも、精神科で薬をだされているので、そのためかもしれない。まあ、基本的に、ばんばんさんは、ALPが高めなのは。。。なんだけど。 ちょっと気になりますね。観察していきましょう。

AST、ALTもだんだんとというか、ちゃくちゃくと上昇傾向。ストレスのせいかなぁ。気になるウィルス量は、こちらも、インターフェロン治療をやめてから、減少することなく、上昇中。どこまで増えるんだろうか。心配になってきた。

肝炎が確実に進行しているということが分かったという感じ。むーん、ウルソで押さえられなくなると、今度は、また強ミノの注射を週3回となって、非常に動きが限定されるし、病院に1日おきに通わなければ成らなくなる。これは、避けたい。

まあ、花粉症の薬も飲んでいるし、うつの薬も、睡眠薬ものんでるから、肝臓で薬を分解するときに負担がかかってるんでしょうね。

花粉症のアレジオンがなくなるので、1ヶ月分処方してもらう。
また、もとのY女医が復帰したので、次回から、Y女医に戻してもらうことにした。Y女医のほうがうまがあうからね。

精神科は、薬をちょっと強くした関係で、定常状態になる。しばらく、ドグマチールではなく、ルボックスでいくことになる。口が渇くのが難点なんだな。あまり副作用はない。すこし、この頃、睡眠時間が気になる。入眠しにくい傾向だ。睡眠薬を飲み忘れるとてきめんで3時間ぐらいで目が覚めてる。まだ、復帰は遠そうだ。まあ、会社にきて、仕事ができてるんだから、調子がいいほうだろう。

次回は、4月に腹部エコーを入れてもらう。前回のエコーが去年の6月だから、ちょっと間が開きすぎたなぁ。できれば、半年に一回ぐらいしておきたいとこだ。2ヶ月後の5月末の結果を見てみよう。まだ、大丈夫。なはず。

 

こちらも合わせて、過去記事

Click ME! 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。



←ソーシャルブックマークに簡単に登録できます。

 - C型肝炎

Comment

  1. Gamer より:

    オンラインゲームでいつも思ってたとても便利なのを見つけました。
    自動でハンティング,ヒール,拾うなどの機能をする装置です。
    オンライン ゲームをする時,自動でしたらと思う時なかったのですか?
    私はオートマウスを使った後からはゲームがより一層おもしろくなりました。
    単にRMTのための装置ではありません。
    一般人もこの装置をご使用になれば気楽にゲームを楽しまれることができます。
    一々モンスターを追いかけてハンティングする必要ありません。
    自動で狩り、拾いをするようにして残り細かいことだけは直接して下さい。(かなり楽しいです)
    ゲームサーバーに記録を残さないオートマウスのハードウェア式を推薦します。(www.automouse.jp)

  2. 南海 凡吉 より:

    次回からY先生に復帰ですか。おめでとうございます。Y女医、いくらかあたりが柔らかくなったような気がしますが、気のせいかもしれません。

  3. ばんばん より:

    南海さん>
    Y女医、ぱきぱきしてましたよね。すぐにアクションをとってくれて、とてもいい先生です。あたりが柔らかくなった?
    次回確認してみます。(笑

  4. Wちゃん より:

    最近いそがしくってtelaprevirの記事を読むのをサボってたんだけど、
    http://www.thestreet.com/story/10474626/1/vertex-hep-c-drug-improves-cure-rate-in-study.html?cm_ven=GOOGLEFI
    を読むと、48週の標準的な治療(ペグインターフェロンとリバビリンの併用)でうまくいかなかった人のうち、普通の併用治療+telaprevirの治療を受けた人の51%が24週の治療でSVRになったってこと?同じ治療(普通の併用治療)を繰り返すのだとSVR率が14%なのと比べるといい成績と書いてあるように見えますが、そういうことですかね。
    英語が苦手なんでササッと読めないのが辛いなー。

  5. ばんばん より:

    wちゃん>
    いつも、情報ありがとうございます。海外で治療しているお仲間さんに訳してもらいましょうか (▼▼メ)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ダクルインザ・スンベプラを用いた治療症例が14000例を超えたそうです

ちょっと小耳にはさんだので、ちょっと情報だけでも。 なんとすでに1万4千例 昨年 …

平成24年B型C型慢性肝炎・肝硬変治療のガイドラインが発表されたのでちょっと紹介してみるよ(その1)

The Boat Racing in Kiryu Japan / 246-You …

新薬 C型肝炎治療薬 ソブリアード(シメプレビル(TMC-435))とは (まとめ編)

早速、ソブリアードが認可されましたね。製造元のヤンセンファーマでニュースリリース …

no image
講演会情報-全肝連からのお知らせ

今日の”きっとかなう夢のために-肝臓医療講演”の中で、全肝連の方から、いただいた …

肝硬変治療薬(開発名:ND-L02-s0201)がFDAで優先審査指定。

ちょっと期待できそうなニュースを見たので紹介しておきます。 肝硬変治療薬(開発名 …

C型慢性肝炎に対する経口薬のみによる治療薬を世界に先駆けて日本にて承認申請 ブリストル・マイヤーズ株式会社

とうとうブリストル・マイヤーズ株式会社(BMS)飲み薬(経口薬)の承認申請の発表 …

C型慢性肝炎に対するバニプレビルの有効性・安全性等について – 第13回肝炎戦略会議資料より

 バニプレビル(商品名:バニヘップ)の発売が決まりましたね。バニプレビルは、S3 …

肝硬変の栄養食事療法に関する最新の話題@三宅坂ホール

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ sinさ …

no image
”C型肝炎は治る時代です”というテレビCMに違和感を感じる

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ ”型肝炎 …

「肝炎ウイルス検査を受けましょう」 上野公園で街頭キャンペーンに行ってきた

昨日は、ちょいと上野公園で肝炎ウィルス検査を受けましょうの街頭キャンペーンをして …