あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

肝臓と糖分の関係。糖尿病じゃないのに、高血糖?

   

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


グーグル投網にも、なんにも情報が引っかからないので、先月来た、東京肝臓のひろばから、ちと情報を。

肝臓と糖分

普通
  ご飯を食べる→糖分が小腸から吸収される→肝臓で、その糖をグルコースとして、
  全身に配分する→残ったものは、グリコーゲンとして、肝臓に蓄える。

肝臓が悪い場合(肝硬変など)
  肝細胞が減って、血流が悪いので、小腸から吸収された糖分が肝臓に取り込まれず、
  血液中をさまよい、血中の糖分量が増える=糖尿病と同様になる。

肝臓の血管内の糖分があがるとインシュリンが分泌されるはずなのだが、
肝臓の血流が悪いから血糖値がうんと上がっているのに、インシュリンがでない。


肝臓は悪いが、脾臓はわるく無いので、あとからどかっとインシュリンがいっぱい出る。
インシュリンがたくさん出るのに、高血糖という場合は、肝臓が悪いときの特徴。


むずかしい言葉で「インシュリン抵抗症」というらしい。
糖尿病の場合は、インシュリンをすぐに注射するのだが、
肝臓疾患による高血糖の場合には、インシュリンは出てるが、血糖値がうんと高い
そのため、何か血管の変化や何かが起こってくるまずいので、
やむなく、インシュリンを注射して血糖値を下げる。


インシュリンがご存じのように、糖を細胞の中に吸収されるようにするホルモンの一種。
血中に糖分があっても、細胞に糖が入れない→血糖が高くても筋肉などの末梢細胞には、
糖が充分にこなくて、栄養飢餓状態になる。栄養がとどかないので、細胞の元気がなくなり
動脈硬化や神経症になりやすくなる。

やっかいだなぁ。肝臓疾患による高血糖の場合は、血糖値は上がるし、
インシュリンも出ている状態という非常に難しい状態になるんだって。
C型肝炎で、注射をいっぱいして、治療しているのに、それに加えて、
インシュリンの注射なんかうちたかないわい。


じゃどうすればいいのか。これは、また明日にでも書きます。(テケテンテンテン・・・

先週、mixiで、digigame筋肉番長に見つかる。まあ、ニックネームがそのまま、ばんばんだから、見つかって当たり前か。(笑
やっぱり、新薬の治験のスレッドが立った。書き込みはあるが、だいだい今までここで書いてきた情報とそんなに差はない。治験の候補者が立ち上げたスレットなんで、おもしろい話題があっあら、こっちにも調べて公開します。

まだまだ、登録制にならない、mixi。 mailto:cxq02002[at]gmail.com まで「mixiの招待状頂戴」とメールを書くか、コメント欄から、メールアドレスを入れてコメントをいただければ、招待状をお送りします。コメント欄のメールアドレスは、私にしかわからなく、一般には公開されないので、安心して書き込んでください。

本日は、昼寝もせず、せっせといといろ貯まっていたPCのメンテナンスをする。やっとATOK2009を入れたぜ。
けど、使い切っていない感じ。まだ、変換効率がいまいち悪い。まあ、ミスタイプの方が多いのが現状みたい。頭で考えたことが、そのまま、指に反映されない。タイピングが遅いというか、正確さにかけるんだなぁ。昔買った”特打”でもひっぱりだして、一からタイピングを練習すっかなぁ。これじゃ。タカラの持ち腐れじゃ。 orz

Click ME!  人気ブログランキングへ    にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

 - C型肝炎

Comment

  1. すずめ より:

    講演で 慢性肝炎はいずれ糖尿病になるなんて聞いたけれど  インスリンもでるけれど お金も出ていくなァ~

  2. 五郎太 より:

    ばんばんさん、mixiの招待状頂戴
    お願いします。。

  3. ちえ より:

    ぎぇ~~!!
    私はもうその仲間に入ってます。血糖値が常に正常値との間をさ迷ってるんですから。ばんばんさん情報見るまで知らんかったよお。玄米食べたらよいんですか?

  4. digi より:

    お。
    日頃、スルーしっぱなしポイントをズバっと指摘された感じで、ちょっと焦っっ(汗;
    常時、Hbalc1が基準より高値の人は気にした方がよろしいでしょう。はい。

  5. ちろる より:

    ばんばんさんこんにちは。
    一年前の治療開始目前、空腹時血糖は正常値でしたが、その『インシュリン抵抗性』値が高かったため、糖尿病治療薬の服用と糖尿病の食事指導、BMI22までのダイエットをさせられました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

アッヴィの経口C肝薬ヴィキラックスが製造認可承認されました

雨が続き8月の関東は低温続きで日本の夏は何処行った状態ですが、C型肝炎治療薬のニ …

暑っついなあ。かなわんわな 肝炎にはBCAAを取りましょう

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 Photo …

C型慢性肝炎を治療した場合の治癒する確率をデータマイニング手法から調べてみよう

sleepwalkers beneath the Easter moon twi …

3月26日東京肝臓友の会主催 医療講演会 「肝炎・肝硬変・肝がんの栄養治療について」

Girls’ Day. / MJ/TR (´・ω・) ひなまつりだけ …

no image
C型肝炎の治療について

肝臓は、人間が健康で生活するための重要な要素がたくさん含まれています。 肝臓が病 …

市民公開講座 C型肝炎を治そう! 砂防会館、激混、満席 (お腹いっぱい)

すんごい(@@ 1000人の席がいっぱいだ。 ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の …

肝臓医療講演会 最新のC型肝炎治療にいってきました。ペグリバにビタミンDを加えるとSVRが2倍になる!?

Photo by jon_a_ross 昨日は、午後から遠征して、三田で開催され …

渋谷区医師会・東海大学東京病院合同講演会 「肝臓病教室」 10/1土開催

Typhoon Chanchu hits south China / born1 …

武蔵野赤十字病院 東京都肝疾患診察連携拠点病院事業、肝疾患相談センター公開講座「肝炎・肝がんの最新治療と日常の注意点」にいってきたぞ

元の湯@武蔵境 / super overdrive 秋の講演会ラッシュ。ちと疲れ …

Sofosbuvir(ソフスブビア)とLedipasvir(レディパスビル)の治験結果の紹介 ~第64回米国肝臓学会議 (AASLD 2013)より

AASLD / butter1225 やっと書く時間が取れたので、気になる薬の治 …