あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

肝臓学会ホームページの「新ガイドラインページ」開設!

   

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


早坂先生のところに早々とあがりましたね。
先生ありがとうございます。

待ちに待った、肝臓学会ホームページ上でのB型・C型慢性肝炎・肝硬変治療ガイドラインのページ開設です。しかも、よく、見かける結果の表や文章だけでなく、「総括研究報告書」も見られます。
http://hayasaka.livedoor.biz/archives/51297315.html

C型慢性肝炎に対する初回治療ガイドライン

わたしが気になるのは、C型慢性肝炎再治療のガイドラインです。

.C型慢性肝炎に対する再治療ガイドライン

C型慢性肝炎に対するIFNの再治療は初回治療での無効の要因を検討し、治癒目的の治療か、進展予防(発癌予防)を目指したALT値とAFP値の正常化あるいは安定化のための治療法を選択すべきである。

  1. 初回IFN無効例への再投与はIFN+Ribavirin併用療法が、治療の基本である。
  2. Ribavirin併用療法の非適応例あるいはRibavirin併用療法で無反応例では、IFNの長期投与が望ましい。なお、IFNα製剤(Pe製剤を除く)は、在宅自己注射が可能。
  3. IFN非適応例およびIFNでALT値、AFP値の改善が得られない症例は肝庇護剤(SNMC、
    UDCA)、瀉血療法を単独あるいは組み合わせて治療する。
  4. 進展予防(発癌予防)を目指した治療のALT目標値はstage 1 (F1)では、持続的に基準
    値の1.5倍以下にcontrol する。stage 2-3 (F2~F3)では、極力正常値ALT≦30IU/Lに
    control する。
  5. Ribavirin併用療法を行う場合には治療効果に寄与する因子である、年齢、性別、肝疾
    患進行度、HCVウイルスの遺伝子変異(Core領域70,91の置換,ISDR変異) Real
    time PCR法によるウイルス量などを参考にし、治療法を選択することが望ましい。

とこんな感じ、

ますは、インターフェロンの長期投与。次は、今やっている肝庇護剤(ウルソ)ですね。なるべく、F2-F3のステージでは、極力、正常値ALT≦30IU/Lに維持せよ。これが少し超えてるんですよね(前回の血液検査2009/03/31のALTが34)。もう少し下がるといいんですけどね。ウイルス量が増えてきているからなのかなあ。2009/02/03の時は、ALTが27と範囲内でした。

やっぱり、ハウザーさん見たいにISDRを測定した方がいいのかな。次回のY女医の診察のときに聞いてみよう。

今日は、関東は天気がいいけど、風が強い。洗濯物大丈夫かなあ。
さーて、パソコンの調子がいまいちなので、メンテナンスとバックアップでもしましょうか。

Click ME!  人気ブログランキングへ    にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

 - C型肝炎治療と副作用3

Comment

  1. hikaku より:

    サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
    http://hikaku-lin.com/link/register.html
    こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
    まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
    突然、失礼しました。
    uB11ZR67

  2. 木の葉 より:

    いつも立寄らせていただき、元気をもらっています。ありがとうございます。
    底抜けに明るいバンバンさんのブログですが、過去ログをみると大変辛い経験もなさっているのですね。
    私は7歳の時の輸血が原因と思われる感染暦?約50年?のC型肝炎患者です。ずっと1bと言われていたのに、20年ぶりに肝機能悪化(ALT350!)でいろいろ検査したところ2a少量と言われ???だって20年前には自己免疫性肝炎といわれてステロイド療法で3ヶ月も入院したのです。
    鬱病が怖くて「絶対IFNはしない!」と決めていたのですが、息子15歳(高齢出産です!)。あと20年は頑張らないとと思い、5月からIFN治療はじめます。
    ALTはこの2年間200~350と恐ろしい勢いで肝臓が壊れているようです。
    自分でブログをもつ根性はないのですが、いくつかの皆さまのブログで勇気と元気、そして有益な情報をいただいています。バンバンさんはじめ、皆さまに感謝の気持ちを伝えたくて初書き込みました。

  3. sabavian より:

    こんにちは、ばんばんさん。
    こちらのブログにいらっしゃる皆さんの気持ちの「輪」は、私の心に「和」をもたらしてくれます。
    先週高熱(カゼ)でダウンしていましたが、モウロウとする中、携帯でばんばんさんのブログを拝見しておりました。そのおかげか全快。ありがとうございました。またおじゃまします。

  4. ばんばん より:

    木の葉さん>
    ありがとうございます。
    みんなに元気を分けてあげられればいいのですが、元気をもらってばっかりです。(笑
    Blogなんて必要有りません。
    気になる方の所にコメントをお願いします。それが治療の励みになります。木の葉さんもがっばってくださいね。
    sabavianさん>
    輪ですね。「和」にも通じると思います。みなで助け合って、つら治療を乗り切りましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

no image
今日は途中抜け

インターフェロンでC型肝炎を治療しているばんばんです。 今日は、夕方から打ち合わ …

no image
病気に休日があれば・・・

MELITのサイト案内人の優子さんのところで拝見しました。 ◇ 病気に休日があれ …

no image
曜日は

やっと週3回になったが、曜日が問題だ。 1日おきですかと聞いたら、週3回でいいと …

no image
母の日だった。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 昨日が母 …

no image
タックマン(TaqMan)法について

インターフェロンαでC型慢性肝炎を治療しているばんばんです。 昨日、届けていただ …

no image
C型肝炎の維持療法は一部の患者には効果なし

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を治療しているバンバンです。 ◇ 気になるなあ。 …

no image
簡単な鉄分制限のための食品交換早見表見つけた。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を治療しているバンバンです。 C型肝炎の話題探し …

no image
コッペパン情報

コッペパンの情報について、Y女医にかまをかけてみる。 ばんばん:ペガシス+コペガ …

no image
C型肝炎ウイルス抑制も ブルーベリー葉で茶開発っほんま?

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ お茶で、 …

no image
いらっしゃーぃ、りりさん

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 本日は自 …