あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

Telaprevir: a promising protease inhibitor for the treatment of hepatitis C virus infection.

   

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


あまりたいしたことがかいてないなぁ。

Telaprevir: a promising protease inhibitor for the treatment of hepatitis C virus infection.

Curr Med Chem. 2009;16(9):1115-21

Authors: Gentile I, Viola C, Borgia F, Castaldo G, Borgia G

Chronic hepatitis C affects 130,000,000 people worldwide. Hepatitis C virus (HCV) is a single-strand RNA virus responsible for most cases of chronic hepatitis, liver cirrhosis and hepatocellular carcinoma (HCC) in the Western world. The gold standard for the treatment of chronic hepatitis C (combination of pegylated-interferon alpha and ribavirin) results in a sustained virological response (namely, clearance of serum HCV RNA 6 months after therapy withdrawal) in only about half treated patients. Therefore, there is a race to develop new drugs for the treatment of HCV infection. One of the most promising approaches is to use protease inhibitors, i.e. drugs inhibiting NS3/NS4A HCV protease, which plays a crucial role in the viral life cycle. Telaprevir (VX-950) is the protease inhibitor in the most advanced phase of clinical testing. Telaprevir is orally available and when used in monotherapy it induced a median decline of 4 logs of HCV RNA after two weeks of therapy. However, mutants with a lower sensitivity to telaprevir have been demonstrated in a high proportion of patients within 14 days of monotherapy. The drug has been used in clinical trials in combination with pegylated-interferon and ribavirin. This triple combination resulted in a higher rate of SVR but also in a higher rate of side effects (rash, gastrointestinal disorders, and anemia) than standard treatment. This review focuses on the mechanism of action, pharmacokinetics, clinical efficacy, and tolerability of telaprevir, and on possible use of this drug in combination with other drugs for the treatment of HCV infection.
http://www.beckerinfo.net/mahoneyTEST/?p=3130

臨床試験で使用されていて、ペグインターフェロンとリバビリン。
このトリプルSVRの率が高く組み合わせの結果だけでなく、
副作用の率が高く(発疹、胃腸障害、貧血)標準的な治療法だ。

ぐらいが読むべき所かなあ。
今までの情報と変わりなし、VX-950で胃腸障害っのは、全然食べ物が食べられなくなったという人も聞いたことがあるから、それもあるんでしょう。やなり、皮膚の発疹がきついようですね。

日本の治験の状況は、まだまだ、まとまっていないようです。

本日は、チビの中間考査の試験対策につきあう。なんで中学校になってまで、
一緒に勉強せにゃあかんのや(笑

Click ME!  人気ブログランキングへ    にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

 - C型肝炎治療と副作用3

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

no image
本日のお医者さん

先月のウィルス量がやっと出てくる。HC RNA定量(ハイレンジ)で5。未満じゃな …

no image
本当に?

C型肝炎患者の自己負担に上限、与党が検討 http://www.nikkei.c …

no image
きつーい。

先日の注射は浅めにハイりました。てことは、当日より翌日のほうがキツイわけでやんす …

no image
肝炎と食道静脈瘤

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を治療しているバンバンです。 ◇ C型肝炎になり …

no image
本日はエコー。結果は1月後。

インターフェロンαでC型慢性肝炎を治療しているばんばんです。 本日は、T病院でエ …

no image
新しいC型肝炎ウィルス量の検査法(TaqManRNA)

通販大好き、株も好きのゆうさんのところで、新しい検査のTaqManRNAのことが …

no image
ALP(アルカリフォスファターゼ)がちと高い

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を治療しているバンバンです。 先日の血液検査でH …

なんだか調子がいまいちだなあと思ったら・・・

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 2ヶ月ぶ …

いきなり、こむらがえり、痛いっちゅうの

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 昨日いき …

no image
ジェネリック

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を治療しているバンバンです。 ◇ ジェネリックだ …