あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

Telaprevir: a promising protease inhibitor for the treatment of hepatitis C virus infection.

   

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


あまりたいしたことがかいてないなぁ。

Telaprevir: a promising protease inhibitor for the treatment of hepatitis C virus infection.

Curr Med Chem. 2009;16(9):1115-21

Authors: Gentile I, Viola C, Borgia F, Castaldo G, Borgia G

Chronic hepatitis C affects 130,000,000 people worldwide. Hepatitis C virus (HCV) is a single-strand RNA virus responsible for most cases of chronic hepatitis, liver cirrhosis and hepatocellular carcinoma (HCC) in the Western world. The gold standard for the treatment of chronic hepatitis C (combination of pegylated-interferon alpha and ribavirin) results in a sustained virological response (namely, clearance of serum HCV RNA 6 months after therapy withdrawal) in only about half treated patients. Therefore, there is a race to develop new drugs for the treatment of HCV infection. One of the most promising approaches is to use protease inhibitors, i.e. drugs inhibiting NS3/NS4A HCV protease, which plays a crucial role in the viral life cycle. Telaprevir (VX-950) is the protease inhibitor in the most advanced phase of clinical testing. Telaprevir is orally available and when used in monotherapy it induced a median decline of 4 logs of HCV RNA after two weeks of therapy. However, mutants with a lower sensitivity to telaprevir have been demonstrated in a high proportion of patients within 14 days of monotherapy. The drug has been used in clinical trials in combination with pegylated-interferon and ribavirin. This triple combination resulted in a higher rate of SVR but also in a higher rate of side effects (rash, gastrointestinal disorders, and anemia) than standard treatment. This review focuses on the mechanism of action, pharmacokinetics, clinical efficacy, and tolerability of telaprevir, and on possible use of this drug in combination with other drugs for the treatment of HCV infection.
http://www.beckerinfo.net/mahoneyTEST/?p=3130

臨床試験で使用されていて、ペグインターフェロンとリバビリン。
このトリプルSVRの率が高く組み合わせの結果だけでなく、
副作用の率が高く(発疹、胃腸障害、貧血)標準的な治療法だ。

ぐらいが読むべき所かなあ。
今までの情報と変わりなし、VX-950で胃腸障害っのは、全然食べ物が食べられなくなったという人も聞いたことがあるから、それもあるんでしょう。やなり、皮膚の発疹がきついようですね。

日本の治験の状況は、まだまだ、まとまっていないようです。

本日は、チビの中間考査の試験対策につきあう。なんで中学校になってまで、
一緒に勉強せにゃあかんのや(笑

Click ME!  人気ブログランキングへ    にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

 - C型肝炎治療と副作用3

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
わからないことはお医者さんに聞こう。

じっぽさん 私は医師ではないので、コメントは控えさせていただきます。ごめんなさい …

no image
動画で見る C型肝炎治療 医療ルネサンス by 読売新聞

長期少量インターフェロン+ウルソでC型肝炎を治療しているばんばんです。 C型肝炎 …

no image
まだ起きていられる。

インターフェロンでC型肝炎を治療しているばんばんです。 やっと週末、本日は何をし …

no image
ぷっちん、プリン

いろいろ皆さん。 切れてます。切れてます。(チーズじゃない)(+.+)\バキ 思 …

no image
本当に?

C型肝炎患者の自己負担に上限、与党が検討 http://www.nikkei.c …

no image
また月曜日で注射じゃ。血管いつまでもつのかなぁ。

インターフェロンでC型肝炎を治療しているばんばんです。 本日は、女医先生に注射し …

ちょっと行ってみたい。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ ちょっと …

no image
本日は入学式なり。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ サクラも …

SNPsの検査の結果はマイナーテヘロだった。 ”なんじゃそれ”←松田優作風に!

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ お待ちか …

no image
HC RNA定量の結果

8月末のHC RNA定量(オリジナル)の結果がでる。結果は、1.5もおる。 肝臓 …