あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

HCVジェノタイプ1の感染者にテラプレビル併用が有効。フェーズ2試験「PROVE1」「PROVE2」の結果

   

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


またもや、新薬の論文が日本語で読める。日経メディカルさんあんがとね。

NEJM誌から
HCVジェノタイプ1の感染者にテラプレビル併用が有効
フェーズ2試験「PROVE1」「PROVE2」の結果

C型肝炎ウイルス(HCV)ジェノタイプ1感染者の約半数は、現在の標準治療が奏効しない。こうした患者の治療に、ウイルスの複製に必須のセリンプロテアーゼを特異的に阻害するテラプレビルを追加することで、持続的ウイルス学的著効(SVR)達成率が向上することが、2件のフェーズ2試験で示された。それぞれの論文は、NEJM誌2009年4月30日号に掲載された。

 1件目は、米国で行われたPROVE1試験、2件目は欧州で行われたPROVE2試験で、ほぼ同様の試験設計が用いられていた。

 テラプレビル(Vertex Pharmaceuticals社、商品名「VX-950」)は、HCVの非構造たんぱく質である3/4Aセリンプロテアーゼ(NS3/4A)に特異的な阻害薬で、経口投与が可能だ。HCVジェノタイプ1感染者を対象とするフェーズ1b試験では、単剤投与でHCV RNA量が迅速に低下することが示されていた。

 二重盲検の多施設無作為化試験PROVE1の結果は、米国Duke大学の John G. McHutchison氏らが報告した。PROVE1は、治療歴のない患者を対象にテラプレビルを併用する治療の有効性と安全性を評価すると共に、併用により標準治療の継続期間を短縮できるかどうかを調べることを目的としていた。

 2006年6月から9月に、米国内の37施設で、HCVジェノタイプ1の慢性感染があるが、治療歴はない18~65歳の患者263人を登録。以下の4通りの治療に無作為に割り付けた。
 (1)標準治療をそのまま適用する対照群:ペグインターフェロンα-2a(180μg/週、皮下注射)とリバビリン(体重75kg未満は1000mg/日、75kg以上は1200mg/日、経口投与)を48週投与。当初12週間はテラプレビルの偽薬も投与。
 (2)テラプレビル併用群(T12PR12群):テラプレビル(初回は1250mg、その後8時間ごとに750mg)を12週間投与。テラプレビルと同時にペグインターフェロンα-2aとリバビリン投与も開始し、12週間投与。
 (3)テラプレビル併用群(T12PR24群):(2)と同様の治療で、ペグインターフェロンα-2aとリバビリンは24週間投与。
 (4)テラプレビル併用群(T12PR48群):(2)と同様の治療で、ペグインターフェロンα-2aとリバビリンは48週間投与。

 計250人(平均年齢48.1歳、63%が男性)が、試験薬を1回以上使用した。対照群は75人、T12PR12群は17人、T12PR24群が79人、T12PR48群が79人だった。

 主要エンドポイントはSVR(治療終了後から24週までの持続的なHCV RNA陰性化)に設定。分析は割り付けられた治療を1回以上受けた患者全員を対象に行った。

SVR達成者の割合は、対照群が41%(75人中31人)。T12PR24群は61%(79人中48人)(対照群と比較したp=0.02)、 T12PR48群では67%(79人中53人)(対照群と比較したp=0.002)となった。実験的に設定されたT12PR12群では35%(17人中6 人)だった。

 標準治療が奏効しないことで知られる黒人の患者のSVR達成率は、対照群で11%(9人中1人)、テラプレビル併用群全体では44%(18人中8人)だった。

 再発は、割り付けられた治療がすべて終了した時点でHCV RNAが陰性化していた患者について計算した。このうち追跡期間中にRNAが検出された再発患者は、T12PR24群では2%(41人中1人)、 T12PR48群では6%(51人中3人)、T12PR12群では33%(9人中3人)、対照群は23%(35人中8人)だった。

 VBT(viral breakthrough)は、治療開始から12週の間にHCV RNA量が最低値から1log10上昇、または、RNAが陰性化した患者の場合には100 IU/mL超増加した場合と定義。VBTを示した患者については、テラプレビルまたは偽薬の投与を中止し、ペグインターフェロンα-2aとリバビリンを最高で48週投与した。

 VBTは、テラプレビル併用群全体では7%(175人中12人)だった。VBTは治療開始から1~4週に多かった(12人中9人)。残りの3人は5~12週にVBTを経験していた。

 有害事象による治療中止は、テラプレビル群に多かった(21%、対照群は11%)。発疹、貧血、眼症状、うつなどの重症有害事象は22人に発生(対照群が 4人、テラプレビル群が18人)。治療関連と見なされたのは15人だった。治療中止の原因として最も多かったのは発疹だった。

 テラプレビルを標準治療に追加する治療は、ジェノタイプ1感染者のSVRを有意に向上させた。また、多くの患者で標準治療の適用期間が半分に短縮できる可能性も示された。標準治療の有害事象は軽視できないレベルであるため、治療期間の短縮は患者に利益をもたらすと考えられる、と著者らは述べている。

 PROVE1の論文の原題は「Telaprevir with Peginterferon and Ribavirin for Chronic HCV Genotype 1 Infection」、概要は、こちら※で閲覧できる。

http://content.nejm.org/cgi/content/abstract/360/18/1827

 PROVE2は、PROVE1と同様に、ジェノタイプ1感染者にテラプレビルを併用する治療の有効性と安全性の評価を目的とする無作為化多施設試験で、フランスParis第12大学のChristophe Hezode氏らによって行われた。

 フランス、ドイツ、英国、オーストリアの28カ所の医療機関で、06年8月2日から07年1月17日まで患者登録を実施。18~65歳の治療歴のない慢性 HCVジェノタイプ1感染者で、血液中にHCV RNAが認められ、過去2年間に肝硬変を示す組織学的所見がなかった334人を登録。無作為に以下の4通りの治療(用量や投与間隔はPROVE1と同様)に割り付けた:対照群、T12PR24群、T12PR12群、T12P12群(標準治療のうちリバビリンは用いず、ペグインターフェロンα-2aのみ12 週投与)。

 主要エンドポイントはSVRとし、1回以上治療を受けた323人の患者を分析対象とした。内訳は、T12PR24群(81人)、T12PR12群(82人)、T12P12群(78人)、対照群(82人)。

  SVR達成率は、対照群が46%(82人中38人)、T12PR12群とT12P12群を合わせた集団では48%(160人中77人)で、有意差なし(p=0.89)。T12PR12群のみのSVR達成率は60%(82人中49人)(対照群との比較でp=0.12)。T12P12群のみでは36%(78人中28人)(T12PR12群との比較ではp=0.003、対照群との比較ではp=0.20)となった。

 T12PR24群では、SVR達成率は69%(81人中56人)(対照群との比較ではp=0.004)と有意に高かった。

 再発(治療終了時にHCV RNAが陰性化していたが24週時にRNAが再び検出されたケース)は、T12PR24群では14%(57人中8人)、T12PR12群は30%(63人中19人)、T12P12群では48%(46人中22人)、対照群では22%(45人中10人)だった。

 12週までのVBT(定義はPROVE1と同じ)は、対照群では1%(82人中1人)、T12P12群では24%(78人中19人)、T12PR12群では1%(82人中1人)、T12PR24群では5%(81人中4人)だった。

 著者らがSVR達成の独立した予測因子を探したところ、割り付けられた治療とベースラインのHCV RNA量のみが有意な関係を示したという。

 テラプレビル投与を受けた患者に有意に多かった有害事象は、そう痒、発疹、貧血だった。有害事象による治療中止は、テラプレビルの投与を受けた241人中28人(12%)、対照群では82人中6人(7%)だった。

 PROVE2も、T12PR24レジメンが有意に高いSVR率をもたらすことを示した。また、リバビリン併用の必要性も明らかにした。

 これらの試験においては、スポンサーが試験設計やプロトコール設定に協力した。

 PROVE2の論文の原題は「Telaprevir and Peginterferon with or without Ribavirin for Chronic HCV Infection」、概要は、こちら※で閲覧できる。

※http://content.nejm.org/cgi/content/abstract/360/18/1839

出典:日経メディカル 海外論文ピックアップ 2009/5/25
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/nejm/200905/510765.html

だいたい、いままで出ているSVR達成率69%、7割というラインと同じだし、
治療期間も、やはり、当初12週間はテラプレビルとうのも同じ。それにしても、リバビリンが1000mgtとは、やはり、図体がでかいアメリカ人向けなのかなぁ、たしか、ちえさんもたしか、1000mgで苦労してたっけ。

日本の場合は、もう少し、少なくなるだろうし、テラプレビル(VX-950)の量も変わるだろう。
フランス大学の場合、副作用での治療中止が、12%と1割越えということを考えるとやはり、劇薬なんだろうなあ。
副作用(有害事象)は、”そう痒、発疹、貧血” やっぱり何度もいうけど、皮膚炎が厳しいらしい。
インターフェロンαだから、うつ病になりやすい人は一発でなるだろうしね。むーん、考えるなあ。

今日はほとんど引用ですんません。(笑

明日は、精神科、その後、展示会の立ちんぼ。
キツイなあl。でもがんばんべー。

Click ME!  人気ブログランキングへ    にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

 - C型肝炎治療と副作用3

Comment

  1. Kawanishi より:

    そうですね、副作用がきつい割に効果は従来の方法とどうなんでしょうね、日本人は、また反応が違うと言うことはあるので、、、量はばんばんさんの読み通減るはずですし。副作用が少なくて効く治療が早くでて欲しいですね。

  2. ちえ より:

    私がリバ1000mg飲んでたちえです。
    そうです、私は日本人のわりに体格がアメリカ人に負けないくらいなので文句言っても一個しか減らしてくれませんでした。でもその時点で治療を勝手にやめたから4個での体感はわかりませんが。
    この治験の脱落者は本当は12%よりももっと多いと私は勝手に決め付けてます。
    私の予想では半分は止めてます。
    ペグリバ2剤でも相当辛いのにもう一つ強力な薬が入ったらウィルスは減っても体力も気力も一揆に減ります~。日本では量の調節がかなり重要ポイントになるでしょうし、それをしなかったら続かないので意味がありませんよね。
    もっと違う夢の新薬はどこにいるのでしょうか?私もIFNで脳がやられるタイプらしいので他のタイプ待ってます。

  3. ひでほ より:

    ばんばんさん
    いつも情報ありがとうございます。
    複雑な気持ちになりますね、この情報
    p.s.
    ちえさんの「IFNで脳がやられるタイプ」っていう形容・・・辛い副作用をいいあてていますね。小生もIFN、麻酔・・・で脳がやられるタイプです。

  4. ゆう より:

    こんにちは。最近、My doctorはウィルス検査はしてくれないので、1年ぐらいウィルス検査はなし。それで、タックマンはまだしたことないです。ウィルスはホントに大丈夫なのか…とちょっぴり気になってます。
    ペグリバでない『夢の新薬』ができると良いですね~。副作用が少なくて、治療期間も短い、SVR率は高い…2型の人の90%台ぐらい…。

  5. miya より:

    こんにちは。いつも外野席からすみませんm(_ _)m
    以前は、アメリカの治験でもたしか800mgという枠があったと思うのですか、いつの間にか今は1000mgなんですよね。そんなに飲むなら今の2剤でもう一息の方の中には3剤にしなくても消せる方がいるような気がします。
    せめてリバの定量を無理なく効果あるように服用できる対処法を、日本で研究して貰うことも大事かなぁと思います。貧血対策薬と言われる幾つかも合う合わない、効く効かないがあるし。
    本当に3剤できるのか、ペガシス少量と案外(脳的に)相性が悪いみたいなので、段々不安になる最近です。
    ばんばんさん、今はウルソで保てるよう、お体、無理しないでね。

  6. ぽんた より:

    いつも見ています 7割も治るのですか?酷い副作用がなく最後まで治療できれば良いのですが・・薬疹とはいってもどの程度か個人差はあると思いますが 脅かすわけではないですが  最悪失明などのリスクがあることなどは説明しているのでしょうかね~治癒率ばかりが先行していて なんだか心配です 

  7. ばんばん より:

    川西先生、その他、お仲間さんたち>
    ありがとうございます。
    そうですよね。本来なら、INFに頼らない方法が開発されればもっと楽になるのにと思います。

  8. Kawanishi より:

    ほんとそうなんですよー、治療しなくても治る人が1万人に一人くらいはいるみたいです。どういう人が治っているのか私もデータがないのですが、私の知っている人に二人そういう人がいました。インターフェロン終わって再燃したのに、いつの間にか消えてた人でした。えーって思ったけど、消えてるんですよ。人間には治す力があるので、それをうまく引き出す方法が、がんでもそうなんですよね。笑って前向きに生きることってその前提に有ることなんだと思えるんですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
telaprevir(VX-950)の米国の承認時期は、2011年上期を期待

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 治験の記 …

no image
ゆっくり

どうも、スミフェロンがするどさが体に合わん。むーん。うつもきついし。減量しようか …

no image
HCV量(治療の振り返り)

次の医者に見せるため、データの整理をば。掃除の神様が光臨したために、やっとどこか …

no image
今後の治療方針

インターフェロンでC型肝炎を治療しているばんばんです。 本日の検診で9月の終わり …

急に出てきた。 きっとかなう夢のために 交流会 in 京都

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 川西先生 …

2億7000万人感染C型肝炎治療法、韓国人が開発

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 本日は、 …

no image
50/48週

記録用でやんす。 50/48週の体温推移 05/12/13(火)天気:晴れ/調子 …

かゆい。かゆい。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 注射の後 …

no image
知恵熱(笑

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ チビの期 …

ちょっと行ってみたい。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ ちょっと …