あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

Vertex社 治療失敗HCVへのTelaprevirの有用性が示されている by BioToday

      2013/07/19

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


いつもの思わせぶりな、お題で、気を引くBioTodayのニュース記事です。

Vertex社 治療失敗HCVへのTelaprevirの有用性が示されている
2009-10-29 – 2009年10月28日、Vertex Pharmaceuticals社は、前治療(ペグインターフェロン+リバビリン)失敗C型肝炎ウイルス(HCV)感染患者に対するHCVプロテアーゼ阻害剤・Telaprevir(テラプレビル)利用治療(テラプレビル+ペグインターフェロン+リバビリン)の高い持続陰性化(SVR)達成率が非盲検第2 相試験(Study 107)で示されたと発表しました。 (5 段落, 489 文字)
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=36387

治療失敗とは、再燃したか、途中で治療を最後まで行えなかった人を指すものと考えられますね。
陰性化しなかった人にも、プロテアーゼ阻害剤の3種併用治療は有効であると、結果が出たそうです。

これはいい知らせですよね。
日本でも、そのような結果がでると、再燃組みもがんばって治療しようかな。と思うわけで。

覚書
治験でいうXX試験について、ちと調べておきました。

  • 基礎研究:くすりの候補を探す。
  • 非臨床試験:動物での実験を繰り返す
  • 治験
    • 第Ⅰ相試験:少数の健康な成人の方を対象に、「くすりの候補」の体内での働き、安全性、危険性を確かめる。
    • 第Ⅱ相試験:少数の患者さんを対象に、本当に病気に効果があるか、どのような効き方をするのか、どのぐらいの量がいいのかを調べる。
    • 第Ⅲ相試験:多数の患者さんを対象に、安全性、危険性、効果を確認します。
  • 承認審査
  • 薬の販売
    • 承認・販売後も製造元での臨床試験がつつき、安全性の調査がつづけられる。

てな具合になる。

今回のリリースは、Ⅱ相だから、ターゲットは、少数の患者さん。この少数っての母数がわからんけど、多分nは100ぐらいだと思われる(*だれか情報があったら教えてください)

たしか、TPOさん( 特急「C型肝炎」号からの脱出! )がやっているMP-424の治験も、このⅡ相の試験で、過去の書き込みをみると、全国でたしか100名程度だったと思いますね。
http://blogs.yahoo.co.jp/tokyoportebonheur/57729729.html

まだ、テラプレビル(Telaprevir)、日本名:MP-424の治験もⅡ相ですから、これかⅢ相の試験に入ってくると思います。Ⅱ相の試験自体は、人数もすくなく、条件もきついので、大変ですよね。

TPOさんも、治験を無事終了しそう。 本人から”完走という目標はクリア”と書き込みがありますからね。
ほんと、ご苦労様でした。データは、後から治療する人にとても役に立つものであると思います。

肩こりがだんだんどくなりつつある。バンバンです。
むーん、すこし、偏頭痛がする。
整体にいって、針をうってもらわんとあかんかな。

Click ME!  人気ブログランキングへ      にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

 - 新薬情報

Comment

  1. kao より:

    こんにちわ♪
    コメントありがとうございましたぁ!
    肩こり…大変ですね(汗)私も仕事柄、肩こりは酷くて(泣)
    まだ、怖くて針は試したことがないのですが…
    効きそうですね!今度試してみようかなぁ^^
    また、ちょくちょく遊びに来させて貰いますねー☆

  2. akio より:

    ばんばんさん、情報ありがとうございます。
    ペグリバで効かなかった患者さんへの、3剤治療は興味ありますね。
    本発表について、手持ちの日本語資料に、SVRについて書いてありました。
     1)前治療無効患者(ウイルスが2桁減らなかった) →57%(28例中16例)
     2)前治療部分応答患者(ウイルスが消えなかった) →55%(29例中16例)
     3)前治療後再発患者(ウイルスは消えたが再燃)  →90%(29例中26例)
     4)前治療中再発患者(ウイルスが治療中に再燃)  →75%(8例中6例)
    再燃患者でSVR90%とはすごいです。ちなみに私は1)の57%ですが。
    ちなみに、バーテックス社のプレスリリースにも載っていました。
    →http://investors.vrtx.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=419250
    懸念の副作用は、日本人に合わせて軽減されるでしょうから、数年後が楽しみですね。
    ではまた♪

  3. akio より:

    ばんばんさん、補足です。
    >今回のリリースは、Ⅱ相だから、ターゲットは、少数の患者さん。
    >この少数っての母数がわからんけど、多分nは100ぐらいだと思われる
    この試験(107試験)は117名の患者が対象で、
    そのうち94名のデータをまとめたものらしいです。
    ちなみに副作用による中断は8名とのことですで、意外に少ないです。
    ではまた♪

  4. ばんばん より:

    akioさん
    いつも補足ありがとうございます。
    やはり、100名ぐらいですか。中断は、約8%ぐらい。
    強い薬にしては、以外に少ないですね。
    日本の治験の結果がどこかの学界で発表されるといいのですがね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ソバルディ(ソフォスブビル)の服用は東海道八十四次?

先週患者会の事務所で面白いものを見せていただきました。 それがコレ。ソバルディの …

no image
Telaprevir(VX-950)のFDAによる承認時期について

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ やっと回 …

平成22年(2010年)の(平成22年度)C型慢性肝炎の治療ガイドライン

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 連休中日 …

プロテアーゼ阻害剤の話をしよう、その2

Molecule display / net_efekt ででんでんでん、の続き …

肝硬変治療薬(開発名:ND-L02-s0201)がFDAで優先審査指定。

ちょっと期待できそうなニュースを見たので紹介しておきます。 肝硬変治療薬(開発名 …

C型慢性肝炎に対するペグインターフェロン、リバビリン及びシメプレビル3剤併用療法の医療費助成が開始されました

寒い寒い寒い。 基本、北の人間なのですが、この頃ほんと寒さが身に応える。 お布団 …

no image
ペグインターフェロンβが臨床試験中

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 橋本さん …

9/7(日) 宮川庚子記念研究財団 第18回肝臓病医療講演会 決定!

今年もやってきました 秋の肝炎治療の最新情報を聞くことができる、宮川庚子記念研究 …

ソバルディ、ハーボニーの薬価が値下げになるかもしれない

秋口から騒いでいた薬価の値下げの話が始まるようですね。 特例拡大再算定 対象はプ …

C型肝炎の新治療法を発見、毒性低い新薬開発に期待 米大

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 【1月2 …