あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

IFNにより抑うつが出現したほうが肝炎ウイルスへの治療反応性は良好?

      2013/07/19

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


ちゃぼの剣道日記のちゃぼさんからの情報です。
これは初めて聞きましたね。ありがとうございます。

IFN により抑うつが出現した方が抑うつがない場合より、肝炎ウイル
スへの治療反応性は良好であったとの報告があり、注目される13,17)。

13) Loftis JM, Socherman RE, Howell CD, et al: Association of interferon-alpha-induced depression and improved treatment response in patients with hepatitis C. Neurosci Lett 23365: 87-91 (2004)
17) 大坪天平,宮岡等,上島国利ほか:C型慢性肝炎患者のインターフェロンによる抑うつ状態に関して-前方視的研究-.精神経誌 99: 101-127 (1997)

出典:厚生労働省ホームページ 薬剤惹起性うつ病 
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1j05.pdf

インターフェロン治療で、うつにならないほうがいいと思っていましたが、
こんな情報があったなんて。

むーん、いろいろな絡みがあるのでしょうが、
参考の文献を見てみないと詳しいことはわかりませんが。
いいこときいた。

いまインターフェロン治療をしていて、うつで苦しんでいる方、
それは薬が聞いていて治療の反応がいいということですから、
なんとか精神安定剤でがんばりましょう。

でも、あまりキツイとブルさんみたいに、
置き土産の方が大きくなるからたいへんだけどなぁ。

ひとまず。

今日は、家を出るのが遅れ満員電車へ。
傘は折れるし。。。。

やっぱり、もうちと早くでないとあかんなぁ。
雨の日は嫌いじゃ。

Click ME!  人気ブログランキングへ      にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

 - 日記

Comment

  1. すずめ より:

    ちゃぼさん情報ありがとうございます。
    IFNが大量に体内に入る→神経、免疫、内分泌系のバランスを崩す、視床下部、下垂体、副腎皮質系、甲状腺・・・鬱や甲状腺の異常が多いのも納得、 すごい情報です。

  2. ちゃぼ より:

    ご紹介ありがとうございます。単純に気をよくしただけだったんですが・・・(^^ヾ
    インターフェロンってこうやって回るんや~と妙に納得した次第です。
    医療系の学会発表って、膨大なデータを集めて、検証して大変です。以前に失語症の講演で「外交的な性格の人のほうがコミュニケーション能力の回復が早い」とかいった話をまじめに1時間半をきいたことあり、経験上「そりゃそうやろ。そこまで長い時間をかけて発表するようなことかいな」って思いましたもん。
    でも、そういう積み重ねがあってガイドラインとして確立していくんでしょうねえ。

  3. ブル より:

    そうだったのですか。
    確かに、不利な条件の中で運良く著効になったのはいいけれど、ウツは酷かった。
    仕事も本当はあと2年病休を取れたのですが、それで治る保証もないし、迷惑が掛かると思って辞めてしまいました。
    ウツが酷いときは深い井戸の底でIFN中のお仲間さん達をうらやましく見上げている感じでしたね。
    ウツが出ても、抗うつ剤や安定剤をうまく処方してくれる病院だといいですね。即、中止になる場合もありますから。

  4. ぷりん より:

    意外な報告でした。
    私は全然鬱状態にならなかった人で、むしろこんな治療を継続出来ている環境や体の状態に感謝していましたので、楽しいともありがたいとも思っていました。
    この学説、それなら納得です。
    私は治療後、たった一カ月でウイルス確認になりました。
    鬱傾向が全くないとはどういうことなのか?と考えてみると、自分の肝炎の状態がそれほど悪くないから!ってことも関係有るかもしれませんね。
    ある説によると、女性に多いのですが、ウイルスとの共存が出来る人も居るそうで、そんなタイプはインターフェロンが効きにくいと聞いた事がありました。
    でも、そのタイプに該当しているとしても、ウイルスは追い出したい気持ちは変わりないです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

市民公開講座 東京 | C型肝炎を治そう!東京編がまたあるぞ〜

Photo by wEnDaLicious ちょっと、調子が悪くて、会社を早退。 …

no image
とりあえず、引越完了。今日の晩飯は、うなぎだ。鉄分は・・・

長期少量インターフェロン+ウルソでC型肝炎を治療しているばんばんです。 なんとか …

no image
夜中の対談。直接お話できると安心する。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 先日、脾 …

no image
ラコを探せ!

少々やることがないんで、暇つぶしに作成してみました。(gukkyさんOK?、笑) …

no image
治験は、β+リバビリンだった。亀さん続編

長期少量インターフェロン+ウルソでC型肝炎を治療しているばんばんです。 亀さんの …

no image
きっとかなう夢のためにー肝臓医療講演

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ ちと、さ …

no image
国会請願署名 募金活動 支援のお願い。

長期少量インターフェロン+ウルソでC型肝炎を治療しているばんばんです。 先日来た …

京都の夜は盛り上がっているらしい。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ いきなり …

速報:北の白クマ先生がまたまた日本縦断開始っ!

Sniffing Polar Bear / Crystalline Radica …

no image
フエロンとレベトールの併用療法

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ またまた …