あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

ニュース流し読み、肝炎対策基本法など成立、施行は来年1月など・・・

      2013/07/19

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


やっと法案がとおったようです。

  その他、たくさん。

産経ニュースには、

B型・C型肝炎のインターフェロン治療について、国は昨年4月に医療費助成制度をスタート。長妻昭厚生労働相は来年度以降、助成額を拡充する意向を表明し、金額を明示しない「事項要求」として概算要求にも盛り込んだ。

 だが、患者の間には「法的裏付けがないままでは、今後も助成制度が継続されるか分からない」との不安が大きかった。治療中は副作用などの影響で休業・休職を余儀なくされるケースも多く、この間の生活の保障を求める声も根強い。

のような記述があり、助成額の見直しがはいるようです。回数も無くなるといいなあ。1度では治らないひとも多いしね。
そうそう、インターフェロン中の保障もあると、安心して、みながインターフェロン治療に望めますよね。

これから、法律の細部がきまっていくと思うけど、餅にならないように、
声を張り上げてい行きましょう。

22:51追記

読売新聞夕刊

川口さんのとことでいい記事を見つけてコピペモード(手抜き(汗

以下 福岡・古賀克重弁護士からの引用です。
http://lawyer-koga.cocolog-nifty.com/fukuoka/

 肝炎対策基本法が11月30日午前10時22分、参議院で可決され成立しました。
 賛成154、反対0の全会一致でしたが、政争のあおりで自民党公明党が欠席する中での成立となりました。
 薬害肝炎原告団は、薬害肝炎救済法、そして肝炎対策基本法の成立に尽力頂いた全政党をまわって御礼を伝えています。

 肝炎対策基本法の具体的内容、そして何が達成できて、何が今後の課題かをまとめました。全国原告団代表の山口美智子さんの声明とともにご覧下さい。
 なお、本日夜11時30分からのニュースジャパンに薬害肝炎九州原告団元代表の福田衣里子議員が生出演します。

「肝炎対策基本法」が成立、その具体的内容と課題

 肝炎対策基本法が11月30日午前10時22分、参議院で可決され成立しました。
 賛成154、反対0の全会一致でしたが、政争のあおりで自民党公明党が欠席する中での成立となりました。
 薬害肝炎原告団は、薬害肝炎救済法、そして肝炎対策基本法の成立に尽力頂いた全政党をまわって御礼を伝えています。

 肝炎対策基本法の具体的内容、そして何が達成できて、何が今後の課題かをまとめました。全国原告団代表の山口美智子さんの声明とともにご覧下さい。
 なお、本日夜11時30分からのニュースジャパンに薬害肝炎九州原告団元代表の福田衣里子議員が生出演します。


Q1 肝炎対策基本法はどうして成立したのですか?
A1 日本にはB型肝炎・C型肝炎に感染している人が350万人、患者が60万人いると推計され、国内最大の感染症となっています。肝炎が放置すると肝硬変・肝がんに進行する恐れがあります。現在においても経済的負担の重さから治療を断念せざるを得ない人がいるなど適切な治療を受けられず苦しんでいます。
 このような状況にかんがみ、感染者・患者の人権を尊重しつつ、肝炎対策を国民的な課題として位置づけ、肝炎克服に向けた取組を強力に推進していくことが求められているからです(国会における法案趣旨説明より)。

Q2 肝炎対策基本法の内容は?
A2 肝炎対策基本法は、肝炎対策の基本理念を定めるとともに、国・地方公共団体の責務を明らかにした上で、肝炎の予防・早期発見・療養に係る経済的支援等の施策を総合的に推進するものです(国会における法案趣旨説明より)。

Q3 肝炎対策基本法の対象患者は?
A3 すべての感染者及び患者の方々を対象にしています。

Q4 肝炎対策基本法の具体的・主たる内容は?
A4 以下の9つが具体的・主たる内容です(国会における法案趣旨説明より)。

まず一つが国の責任を明記した前文を設けることです。つまり、「薬害肝炎事件では、感染被害者の方々に甚大な被害が生じ、その被害の拡大を防止し得なかったことについて国が責任を認め、集団予防接種の際の注射器の連続使用によってB型肝炎ウイルスの感染被害を出した予防接種禍事件では、最終の司法判断において国の責任が確定していること等を踏まえて制定した」旨の前文を設けました。

第2に、肝炎対策の基本理念として、肝炎研究の推進・成果の普及、居住地にかかわず肝炎の検査・適切な治療を受けられること、施策の実施にあたって差別されないよう配慮することを掲げました。

第3に、国・地方公共団体・医療保険者・国民・医師の責務を明らかにするとともに、政府は、肝炎対策を実施するための財政上の措置を講じなければならないと定めました。

第4に、厚生労働大臣は、肝炎対策推進協議会(下記第8番目の内容参照)の意見を聴いた上で、肝炎対策基本指針を策定するものとされました。

第5に、国および地方公共団体は、肝炎検査の質の向上を図るための必要な施策を講ずるものとされました。

第6に、国および地方公共団体は、医師の育成、専門的な肝炎医療を行う医療機関の整備、連携協力体制の整備を図るための施策を講ずるものとされました。

第7に、国および地方公共団体は、肝炎患者が適切な医療を受けることができるよう経済的な負担を軽減するために必要な施策を講ずるものとされました。

第8に、厚生労働省に肝炎対策推進協議会を設置することを定めました。協議会は、肝炎患者、家族、遺族を代表する者、医療従事者、学識経験者から構成されます。

第9に、肝硬変および肝がんの患者に対する支援の在り方については、今後必要に応じ、検討が加えられるものとすることが定められました。

Q5 いつから施行されますか
A5 来年(平成22年)1月1日から施行されます。


Q6 課題はないのでしょうか?
A6 肝炎が国民病になったことについての国の責任を明記するとともに、国・地方公共団体・医療従事者等の責務を定めた点は評価できる一方、具体的な予算措置は記載されていません。年末の予算編成にむけて実際に「肉付け」していくことが課題になります。

Q7 まずどのような予算措置がとられそうですか?
A7 肝炎の唯一の根治治療であるインターフェロン治療は、現在、収入に応じて、月1万円、3万円、5万円の自己負担になっています。これを原則月1万円にするのが、従来の民主党の主張です。
 また、B型肝炎の抗ウイルス療法についても負担軽減策が講じられると予測されます。

Q8 インターフェロンや抗ウイルス療法の医療費助成は本当に実現されますか?
A8 肝炎対策基本法はその成立にあたり、付帯決議も行われ、「肝炎患者が適切な治療を行えるよう、インターフェロン治療の医療費助成を適切に講ずるとともに、B型肝炎の治療に有効な他の抗ウイルス療法等に対する医療費助成についても早期実現を図ること」と定められました。医療費助成の早期実現は、政府の責任であり、政治の責任というべきです。

Q9 そのほかの付帯決議の内容を教えてください。
A9 肝炎対策基本法の制定にあたり、以下の8項目の付帯決議がなされています。
 1つは、施行にあたり肝炎患者等であることを理由に差別されないよう人権尊重に最大限の配慮を行うこと、2つめはA7の医療費助成、3つめは、治療と社会生活を両立できるよう、地域における診療体制の整備や勤務時間等について企業等に柔軟な対応を求めること、4つめは、肝炎治療のための休職・休業を余儀なくされた患者に対する支援について早急に検討を行うこと、5つめは、地域の拠点病院の整備を図るとともに専門知識及び技能を有する医療スタッフ育成のために必要な措置を検討すること、6つめは、肝炎医療を行う上で必要が高い医薬品等について治験を迅速かつ確実に行うための体制の整備等を講ずること、7つめは、肝炎以外の慢性疾患についても必要な財政支援のありかたについて検討すること、8つめは、肝炎対策推進協議会の人選にあたっては、肝炎患者等をはじめとした幅広い理解を得られるよう公正中立を旨とすること等です。

Q10 薬害肝炎救済法と肝炎対策基本法はどういう関係ですか?
A10 2008年1月に成立した薬害肝炎救済法は、2002年10月に提訴してその後、東京・大阪・福岡・名古屋・仙台の5地裁で争われ一審判決が出された薬害肝炎訴訟事件の解決のために成立された法律です。つまり、対象は、フィブリノゲン、クリスマシン、PPSBニチヤク等の特定の血液凝固因子製剤投与によって感染した被害者を対象とした法律でした。
 一方、本日成立した肝炎対策基本法は、薬害か否か、そして感染原因を問わず、すべての肝炎患者を対象とした法律という関係になります。

Q11 薬害肝炎原告団弁護団の活動目標と肝炎対策基本法の関係は?
A11 薬害肝炎原弁は、提訴直前の2002年8月夏合宿で、大きな二つの活動目標を掲げました。1つ目は、薬害肝炎被害者の救済、2つ目は、全肝炎患者の救済でした。前者は薬害肝炎救済法で、後者は肝炎対策基本法で一定の道筋がたち、薬害肝炎原弁の活動も一つの大きな区切りの日を迎えました。

Q12 そうすると薬害肝炎原弁の活動も終了ですか?
A12 いえ、「道筋がたった」と言ってもその実現はこれからです。つまり、薬害肝炎被害者の救済(追加提訴による和解)も各地裁で継続中です。そして薬害肝炎救済法は平成20年1月16日の施行から5年間の救済を明記しており(同法5条「給付金の請求期限」参照)、少なくとも平成25年1月16日まで救済活動が継続します。
 また、肝炎対策基本法についても、Q6Q7のとおり、これからの肉付けが大事になり、それをこれからも求めていくことになります。

Q13 具体的な薬害肝炎原弁のこれからの活動はどのようになりますか?
A13 大きく4つになるでしょう。1つは、訴訟を通じた薬害被害者の救済、2つは、国との基本合意に基づいて実施されている検証会議を通じた再発防止の実現、3つは、肝炎対策基本法を実現する恒久対策の実現、そして、以上を実現するために障害となる特定の課題を取り上げ、解決を求める年に一度の大臣協議の開催です。


30effd00.jpg

なんだか夕方、川西先生からTELがはいる。
なんだかなという相談。(困
患者の会でゴニョゴニョとなっているらしい。
詳しくは、かかないけど、患者を向いてなきゃならない患者の会なのに・・・
ブツブツ・・・

うちのちびの片方が新型インフルエンザに。
たいして熱はないのにな。37度後半で、本日耳鼻科へ
(風邪を引いたら耳鼻科のほうがいいらしい。すいてるし、丁寧だとネットの口コミ)

大当たりの新型インフルエンザ。
タミフルかリレンザときかれて、タミフルを選んできた。
今日は、かみさんが、添い寝だ。(苦笑

もうひとりに移るか、わたしに移るか。ちと心配。

Click ME!   にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

 - C型肝炎

Comment

  1. haru より:

    ばんばんさん、ご無沙汰しています。
    肝炎対策基本法の成立、万歳ですね。
    まだまだ、詳細に進めてもらわないといけないことが
    たくさんありますが、まずは出発点からです。
    産経新聞の記事にもありますが、
    助成金だけでなくサラリーマンや自営業、主婦の方も
    同じように副作用で従来の生活ができないところの
    保障も絶対必要です!
    大阪の交流会に出席してこのことも訴えてきましたよ~
    ばんばんさんのお仲間アンテナで知り合えた数多くの人と
    元気を分かち合い増幅までしてきました。
    ありがとうございました。

  2. Wちゃん より:

    これでばんばんさんの治療が更にやりやすくなるといいねー
    政府には、肝炎だけじゃなくて、いまも声のあがっていない(あげられないほどマイナーな)難病の人にも積極的に手を差し伸べることを望みます。

  3. ばんばん より:

    >haruさん
    それはなによりでした。ネットより実際にあったほうが、それは元気が出ますよね。
    >Wちゃん
    ありがとう。そうなんだ。肝炎だけがもんだいじゃない。
    もっともっとマイナーな難病指定に病気がたくさんあるし、
    それに対する補助のことを考えると・・・
    でも、大きな一歩、無駄にしないように、できることからやっていきます。

  4. ウォーフ より:

    ばんばんさん、検査の結果はHCV抗体陽性でした。ウィルスが過去、体内に入ったことがあるということで、まだ体内に残っているのか、既にいなくなっているのかを検査するため、本日も採血してきました。
    まだまだ始まったばかりです。。。

  5. プー より:

    川西先生の道外担当、「プーさんのにこにこ日記」のプーです。
    お仲間アンテナに入れてください~♪
    肝炎対策基本法の制定はすごいです。よかったです。患者ための大きな前進です。でもまたステップアップした始まりでもありますよね。
    その中で、組織関係なく、みんなで気持ちを共感して元気を出すことも大事ですよね。一人で悩まないでー
    大阪は行けなくて皆さんにお会いできなかったけど、千葉の講演には参加します。
    皆さんの笑顔(^○^)にお会いしたいです。よろしく!

  6. Kawanishi より:

    いつも、無理言って済みません。ありがとうございます。
    新型、うちの子供たちは2人ともかかってしまいましたが、大人はうつらずでした。
    是非、またお会いしましょうねえ-。

  7. ちゃぼ より:

    副作用?による嘔吐でダウンしているうちに国会を通っていました。皆さんの努力が形になってよかったです。
    職務上、難病の方とかかわる機会も多いですが、治療が始まったことでお仲間さんたちからの情報をえて、さらにこの方たちの生活を深く考えるきっかけになっています。
    母も新型にやられました。どうも通っているコーラスのメンバーに耳鼻科の受付の人がいたからじゃないか、って話です。子どもが多いのにおばさんばかりの集団なのにうつるのは珍しいってかかりつけの先生がしきりに首をかしげていたのでそう言ったら納得していました(^^;)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

NS3プロテアーゼ阻害薬ボセプレビル(boceprevir)のニュースがきた

Photo by willsfca ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療 …

no image
2ヶ月ぶりの検診結果

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 本日は、 …

no image
献血と輸血について

現在、薬害C型肝炎問題が注目され、むかし輸血を受けたことがある人は、C型肝炎ウイ …

国府台病院でジェノタイプ2型の治験がはじまる

昨日TwiterのTLに流れてきたので紹介しておきます。 千葉県市川市の国立国際 …

「肝炎ウイルス検診受診」を訴える街頭キャンペーンに参加しませんか?

window cats / miss vichan ちょっと、涼しくなって体調が …

ソバルディ」(一般名:ソホスブビル)の薬価が決定

「ソバルディ」(一般名:ソホスブビル)の薬価が決まりました。3月に保険認可を通過 …

no image
肝炎対策基本法の制定に関する請願書-国会請願書薬害版

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 肝炎対策 …

米FDA、メルクのC型肝炎新薬を承認 でも日本じゃ動きないみたいず

初夏 / T.Hagihara 金曜日にちと気になるニュースが入ってきましたね。 …

線維化が改善する化合物 C型肝硬変の治験すすむ

 昔少し話題になった線維化を溶かす薬がちょっとずつ進んでいるようなので紹介してお …

no image
Re:たかが、γ-GTP(GT)、されどγ-GTP(GT)

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 早坂先生 …