あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

国府台病院でSNPsの血液検査をしてきました。

      2013/07/19

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


早速、午前中、初診扱いで市川の国立国府台病院に行ってきました。(
病院は、まだ懐かしい、名前のアナウンスが飛び交う病院で、
ばんばんさーん、消化器内科8番診察室にお入りくださいーぃと
先生の声でアナウンスが流れます。

本日の肝臓の先生は、センター長の溝上先生(参考:外来各科診療担当医師一覧
電話では、火曜日と金曜日にSNPsの専門の先生がでていると・・・

昨日の講演の講師の溝上先生なら安心と火曜日決め打ちでいってきました。
もって行ったのは、病歴を記したもの、ここ直近の血液検査6回分のデータ。
時間があるなら、いまかかっている病院の先生の紹介状をもっていくといいかもしれません。
本日も、特別XXなるものを保険外2100円請求されました。
まあ、普通の紹介状をとっても文書料でそのぐらいはかかるのでどっこいどっこいかなぁ。

遺伝子検査が絡むので、遺伝子検査に関する同意書にサインが必要でした。
同意書には、このC型肝炎の検査に使う旨と、あたらしい研究で必要になったときも、
献体としてつかってもいいかという2種類の同意が含まれました。
(DNAの検査をするので、その結果により、将来アルツハイマーにかかりやすいとわかった場合など、保険に入れない可能性があるとのこと。でも、いまのC型肝炎で保険には入れないので同じだと思うのだが・・・(笑 )

・溝上先生とてもよい先生で名古屋からの単身赴任でがんばっているとのこと。
・このSNPsの検査の発見のために、2億円の研究費用がかった。
・1回の検査で間違いがあるとこまるので、2カ所検査依頼を出して検査結果の担保をするとのこと。
・現状1回3万円かかるので、国から3000万円の予算をもらっているので、1000人までは無料でできる。
・血液検査の結果をみて、13万の低空飛行を考え込まれる。orz (苦笑
・INF-βは糖鎖があるので、体に効きやすく、副作用がにくい。INF-αに糖鎖はない。
・2010年4月からうまくいけば、治療費の助成が1万円か1.5万円負担になるので、それを利用した方がよい。
特にINF-βは薬価が高いので医師としていい薬だとわかりながら使いにくかったが、助成がでるとなると治療方針もかわるかもしれない。でもINF-βの場合、週3回の注射が必要なので、近くの肝臓医のお医者さんとの連携は欠かせないと思っている。

でだべりながらも、いくつか質問をしてきました。

・インターフェロンαとβ違いはあるのか
 →ない、同じINFなので、その効き具合を測定するものである。

・もし、SNPsの検査でインターフェロンが効きにくいと判定されたら、阻害剤などの3剤併用でも効かないのか?
 →インターフェロンは間接的に肝炎ウィルスをやっつけるもの、阻害剤は直接肝炎ウィルスルに作用するものなので、3剤併用の場合は効く可能性がある。これは、アリニアなどの場合も同様だと考える。

・もし、SNPsの検査でインターフェロンが効きにくいと判定されたら、β+リバビリン治療をやらないほうがいいのか?
 →ウィルスは消えないだろう。でも、肝がんの予防という観点からは、メリットがあるので、その辺を考えた方がいい。

 

一度、診察を受けて同意書の説明書を渡されよく読んで、サインをしてくれといわれる。
1時間ぐらいしたら、呼ぶので、その間不明点などがあれば、回答するからといわれ、一度退出。

再度1時間後ぐらいにまた診察室の呼ばれ同意書を提出して、血液検査の予約をして、会計をして終了なり。

同意書はこんな感じです。

同意書.JPG

いろいろと問題がありそうなのでクリックしても大きくなりません。 m(_ _)m 


本日の医療費 2910円なり。
次回は検査結果を聞きに行きます。結構検査が込んでいて時間がかかるらしく、
5週後の2月16日AM9:00~となりました。

結果は寝て待て(爆 

Click ME!   にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

 - 日記

Comment

  1. kawanishi より:

    うーん、さすがですね。糖鎖の研究がわかりやすいですねえ。ベータの意義もそう言うところにあるとは、確かに、効果があるのはわかってても、費用や回数がネックになっていますからねえ。効果のある治療がでてくる実感がします-。

  2. miya より:

    ばんばんさん、素早い。
    βの件、ありがとうございました。

  3. ばんばん より:

    川西先生
    溝上先生との会話で、アリニアの話がでてきました。会話の中から推測すると、かなり有望視されているような感覚を持ちましたね。βは週3回なので、薬価と回数さえクリアできれば結構いいと思います。
    miyaさん
    INFの感受性をみているので、αとβの違いは無いそうです。わたしも、今後の数値によっては、β+リバをやることになりそうなので・・・。
    いい結果がでるのか、わるい結果がでるのか、どちらにしてもすこち楽しみです。(苦笑

  4. ばんばんさん、臨場感あふれる詳しいご報告をありがとうございます!
    参考になりました。
    私は今度、ウイルス遺伝子のほうの検査(ISDRとコア領域)をしてもらう予定です。ドキドキ、ワクワク(←?)

  5. ばんばん より:

    ノン・トロッポさん
    おひさしぶりです。ISDRですか、そっちは高くて手が出ません。(苦笑
    わくわく?ですよね。

  6. Wちゃん より:

    ばんばんさんの治療も新しい段階に入った雰囲気ですね。
    先日ですか、トイレで座っているときに(^^; 、ちょうど5年ほど前に検索して背景真っ黒(だったよね?)な貴ブログへたどり着いた頃のことを思い出しましたよ。応援する気持ちは今も変わらないし、これからも変わらないだろう。

  7. ばんばん より:

    Wちゃん
    ありがとう。そろそろ、1発かませておかないと、INFの神通力が切れそうな予感。
    4月から助成が始まったら、β+リバでもはじめてみようかなぁ。まあ、DNSの検査次第だけど。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

国府台病院に電話してみました。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 国府台病 …

no image
きっとかなう夢のためにー肝臓医療講演

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ ちと、さ …

no image
お盆も終わり、かな。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ お盆も終 …

no image
素敵な靴下

この靴下・・・素敵過ぎ・・・

no image
治験は、β+リバビリンだった。亀さん続編

長期少量インターフェロン+ウルソでC型肝炎を治療しているばんばんです。 亀さんの …

きっとかなう夢のために 肝臓医療講演 in 四国新居浜

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ どんどん …

女性4人に1人が65歳以上…高齢者人口推計

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 高齢化が …

Amazonで野菜ジュースが激安、野菜が足りてない人向け

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を庇護治療しているバンバンです。 野菜がたりない …

no image
治療の比較表作成しました

gukkyおばさん@超わがまま からのリクエストでなんとか作成してみました。 ( …

no image
リアルタイム法

長期少量インターフェロン+ウルソでC型肝炎を治療しているばんばんです。&nbsp …