あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

平成22年(2010年)の(平成22年度)C型慢性肝炎の治療ガイドライン

      2013/07/19

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


連休中日。昨日は、夕方から大荒れの天気で、うちが飛ぶかと思いました。(@@
なにら、強い強風で、各所で黄砂が観測されているような。。。。

2010年度(H22年)C型慢性肝炎の治療ガイドラインが発表されたようです。

詳しくは、早坂先生のところで確認してください。

千葉県 木更津市 (君津市 袖ヶ浦市 富津市) 肝臓専門医 消化器病専門医 内科認定医 はやさかクリニック

特筆すべきは、

5. リバビリン併用療法を行う場合には治療効果に寄与するホスト側(患者さん側)の因子である、年齢、性別、肝疾患進行度、IL- 28のSNPおよび、ウイルス側の因子である遺伝子(コア領域70,91の置換,ISDR変異)、RealtimePCR法によるウイルス量などを参考にし、治療法を選択することが望ましい。

遺伝子検査の項目が早くも入りましたね。
ガイドラインにのるということは、標準化されたといってもいいわけで、
インターフェロン治療をするときには、♪よーく考えてー 闇雲に治療をするのではなく、
治療方法を選択しないさいということになります。

わたしは、再燃組で、うつの危険があることから、このガイドラインから治療方法を判断すると、
”INFβ+リバビリン、72週”を選択するのがいいとうことになります。

 

進展予防(発がん予防)の治療でいうと

ALTが30を超えて血小板が15万未満ですから※慢性肝炎準じる治療となり、

※遺伝子型、ウイルス量、年齢などを考慮し、通常のC型慢性肝炎治療に準じて、治療法を選択する。

通常の肝炎の治療とかわりなくなります。IL-28の検査が思わしくなかった、私の場合

国府台病院の溝上先生のコメントでは、

INFα+リバビリンから初めて、うつの兆候が見えたら、INFβ(フェロン)などに切り替え、次のプロテアーゼ阻害剤の治療までつなぐ

ということでしたからこんな選択になるのかな。
と思います。

それでも、、満量で72週超えをにらみながら、治療を続けるのは、ちと体力的に考え物だなあ。
とくに、インターフェロンへの反応がいいんで、注射するたび38度を超える熱の背負いながら、仕事をするのは、かなり根性がいるような気がします。(T T)

まあ、4月の頭は、T病院ではじめて、A医師と初診なので、相談してみますかね。

 

早坂先生のところで、毎月第1月曜日の15時~18時は「専門外来」で、肝疾患のセカンドオピニオンやインターフェロン治療の開始の相談などを受けられるそうだ。
東関東圏内の方なら、予約をして足をはこんでもいいかもしれませんね。

明日もお休み。
ちとうれしい。
掃除するはずが、朝から山積みの本に目がいってしまい。
読書日となりました。

でもうれしい。(笑


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

Click ME!   にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。

 - 新薬情報

Comment

  1. ハウザー より:

    ここに通ってる私よりちゃんとチェックしてるのね。
    同じく再燃ALT30超え血小板15万未満なのに私がなまけてるだけか orz…

  2. ばんばん より:

    およ、ハウザーさん、お久しぶりです。
    チェックしてまっせ。(笑
    でも消えないとわかっていて、INFをやるのは勇気がいるなあ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

アッヴィ、経口剤のみによるC型慢性肝炎治療薬を日本にて製造販売承認申請 ニュースリリースより

思ったよりも早く、製造認可申請されましたね。 いつものように少しだけニュースリリ …

ブリストル・マイヤーズ社、経口薬 ダクルインザ錠60mg(ダクラタスビル)、スンベラカプセル100mg(アスナプレビル)薬価決定!

水平線まで走れ・・てな写真ですが・・・(笑)    待に待った、ブリストル・マイ …

BMS、C型肝炎の併用療法の米国承認申請を断念(ウォールストリートジャーナルより)

いろいろ米国のニュースを追いかけています。 今回はBMSのお薬の話。 ブリストル …

C型慢性肝炎に対する経口薬のみによる治療薬を世界に先駆けて日本にて承認申請 ブリストル・マイヤーズ株式会社

とうとうブリストル・マイヤーズ株式会社(BMS)飲み薬(経口薬)の承認申請の発表 …

なるほど!肝炎.jp オープン ギリアド・サイエンシズより

 新薬がでると製薬会社がサイトを作るシリーズ(笑)  ソバルティ(ソフォスブビル …

プロテアーゼ阻害剤TMC435のフェーズ3の治験がはじまるらしいぞ!

Photo by Grilled Ahi やっと鬼のような暑さが退散して、夜も、 …

BMS(ブリストルマイヤーズ)の経口2剤(スンベプラ、ダクルインザ)が承認されました

あっ、書こう書こうと思っていたらもう7月も半ば(汗 すでに遅いきがしますが、末席 …

abbvie社 C型肝炎治療経口薬ABT-450/rの最新治験データの紹介

 ちょっとabbvie社(ABBV社(旧ABT社)) C型肝炎治療経口薬ABT- …

国府台病院でジェノタイプ2型の治験がはじまる

昨日TwiterのTLに流れてきたので紹介しておきます。 千葉県市川市の国立国際 …

欧州委員会は、慢性C型肝炎感染の治療のための複数の遺伝子型間でのブリストル•マイヤーズスクイブのダクルインザ(Daklinza(daclatasvir))を承認

ちょっとビックりするニュースリリースがブリストル・マイヤー社(BMS社)発表され …