あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

日経新聞にもIL-28(SNPs)の話が

      2013/07/19

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


Google投網に掛かった情報です。
3月12日の夕刊から、最近アップされたものですね。

C型肝炎 治療法の効果、事前に判定 遺伝子を目印に 新薬開発も進む

いくつかピックアップします。

C型肝炎の治療は「ペグインターフェロン」の注射と「リバビリン」という飲み薬とでウイルス(HCV)を体から排除する併用療法が一般的だが、効果の個人差が大きい。溝上センター長らは併用療法の効いた患者186人と、効かなかった128人の遺伝子を詳しく解析。体内でインターフェロンの一種である「インターフェロンλ(ラムダ)」をつくる遺伝子のわずかな個人差によって、効果が大きく左右されることを突き止めた。

 事前診断は採血して遺伝子を調べるだけ。昨年末から患者を対象にした臨床研究を開始し、すでに数百人に実施した。

すでに、数百人ですか、それにしては、検査のDNA番号がまだ100番以下のようなきがするのですが・・・
たぶん、爆発的にIL-28(SNPs)の検査を受ける人が増えているのでしょうね。

武蔵野赤十字病院(東京都武蔵野市)の泉並木・副院長を代表とする研究チームはマーケティングによく使う「データマイニング」という手法を使い、併用療法の効果や治療後の再発のしやすさなどを事前に見分ける手法の開発に取り組んでいる。

 1b型でウイルス量も多く「難治性」とされる患者約1200人のデータを分析。血液検査で分かる血小板数や腫瘍(しゅよう)マーカーと呼ぶたんぱく質などのデータと、年齢・性別などをもとにすれば、併用療法の効きやすさが事前に高い確率でわかることが判明した。泉副院長は「効きやすいことが事前に分かれば、つらい治療を続けていく動機づけになる」とみる。今回の研究結果をもとにしたパンフレットを作製して3月以降、各地の拠点病院に順次配布していく予定だ。

武蔵野赤十字病院の泉先生のところでは、1200人でデータマイニングをしてたんですね。
どこかでお会いした方にきいたような気がします。
このデータ知りたいなあ。拠点病院で配布ですか。

拠点病院までいくのはいくのは面倒だなぁ。ネットでとれないか、4月になったら、武蔵野赤十字病院にでも問い合わせてみるか。

各県の拠点病院は、国立国際医療センター 肝炎情報センターの肝炎治療ネットワークから知ることができます。
自分のいるところの、拠点病院は、以下リンクからどうぞ!

○国立国際医療センター 肝炎情報センター
http://www.imcj.go.jp/center/index.html


脱線した。(苦笑

最も早期の実用化が期待されるのは「プロテアーゼ阻害剤」というタイプの薬で、代表的なところでは田辺三菱製薬が治験の最終段階を実施中。実用化されれば、ペグインターフェロンやリバビリンとの3剤併用の形で使用される見通しだ。

 またウイルス増殖にかかわるたんぱく質の働きを妨げる「ポリメラーゼ阻害剤」というタイプの薬もJTなどが開発中。高脂血症の治療に使うスタチンや、免疫抑制剤の一種サイクロスポリンなどにもC型肝炎への効果がある可能性が判明しており、世界的に研究が活発になっている。

やはり早いのは、プロテアーゼ阻害剤ですね。早ければ1年半~2年ぐらいで保険認可でしょうか。
もう一つは、ポリメラーゼ阻害剤で、これは、akioさんが治験にさんかしようとしているやつですね。
C型肝炎ウィルスはタンパク質にとりつくので、これを阻害すれば増殖を防ぐことができます。
ここに注目しているのが、XX阻害剤というやつです。

いままでのインターフェロンとはぜんぜん異なる働きをします。単剤でも効き目はあるのですが、
インターフェロンと組み合わせることで、かなり早期にウィルスの陰性化に結びつきます。

これが発展していくと、インターフェロンなしでも治療できるようになるのですが、
これはまだ前のことだと思います。それほど遠くはないと思いますが。。。

最後に、

インターフェロン治療の医療費は、これまで患者が収入に応じて月1万~5万円を自己負担していた。国の2010年度予算で助成額が拡充されるため、4月からは1万~2万円へと軽減される予定だ。新しい治療法の開発も着実に進んでおり、今は決め手となる治療法がない人も決して悲観する必要はない。

なんども情報がでてましたが、ここでも助成費が1~2万円になると記載されています。
IL-28やデータマイニングにより、1年以上も続くかも知れないインターフェロン治療の効果が予想できるように
なって来ました。この助成は、後押しになるかもしれませんね。

まだまだ、山積みのC型肝炎問題ですが、すこしづつ進歩しているのかもしれません。

もはや、初日の午前中で息切れ。(←オィ)
ながい1週間になりそうだなぁ。
さて、遅めの食事に行きますか。

 

Click ME!   にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

 - 日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

亜鉛のサプリメント買いました。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を庇護治療しているバンバンです。 ◇ 本日もネッ …

TV情報、福田衣里子議員がまたTVにでるぞ&講演会もあるぞ!!

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ すずめさ …

きっとかなう夢のために、肝臓医療講演、今週は福岡だ。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 川西先生 …

iPSでC型肝炎治療法発見だって、副作用のない薬が開発されるといいなあ。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ GWだか …

善玉コレステロールの輸送体がカイコの繭に色を付けることを発見

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ なんのこ …

nozさん、お疲れ様。ほんとよくがんばりましたよね。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ うれしい …

ご飯半分、寝る前にプロテイン、ちと調子がいい!?

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ ちと、カ …

no image
26/48週

本日は1ヶ月に1度の面接の日なり。聞くことがてんこ盛り。メモ帳を持ちながら。 ・ …

今年もたくさんよろしくお願いいたします。

tokyo snowmans collective #12 Photo by d …

いらっしゃーぃ。川西先生の道外担当のプーさん

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ すいませ …