あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

DNAつながり、悪い組み合わせでへこむナリ

      2013/07/19

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


本日は、2ヶ月ぶりの検診。それも新しいA医師と初顔合わせ。

診察の前に、feltsenseさんにお会いしました。同じ病院で同じ時間帯なんて。。。
akioさんとかsavabianさんもT病院なんですよ。せまいというか不思議ですね。

印象は、若いなぁ。てきぱきしてるし。
それでも時間がない。こちらからがっちり聞かないとおいて行かれる感じ。
まあ、すこしおつきあいしてみますか。

IL-28の結果をもってA医師に報告。

ばんばん:IL-28の結果がでました。残念ながらこんな感じです。(検査結果の用紙を見せる)

A医師:効きにくいタイプですか。T-Gなんですよね。ばんばんさんの場合は、コア70が変異しているので、
     最悪の組み合わせですね。(DNAの検査結果なので、Copyなのに返してくれました)

ばんばん:えっ??コアの検査してたんですけ?
     (↑おいおぃ、聞いてないよ。IL-28 をして、Y女医が気を回して検査をしてくれたのかもしれないなあ。)

A医師:そう、コア70番が変異して、IL-28もマイナーですから最強のウィルスの組み合わせですね。

ばんばん:はあ(ショックのあまり、コア91番はきけんかった。あの言い方からすると、こっちもあかんなぁ)

A医師:3剤併用でも、SVRの確率(治癒する確率)が13%しかないので、
           次世代の3剤併用じゃなくて、次次世代の治療を待たないといけないなー。

ばんばん:はあ、13%ですか。治る確率が・・・

A医師:そう、3剤が2年後ぐらい、次の次の薬は、5年後ぐらいかなぁ。

ばんばん:国府台の先生からは肝炎の予防といった意味で、ペグリバもありといわれました。

A医師:うつのこともあるからなぁ。β+リバでも治らないと思います。
     とりあえず、エコーをとってないから、次回までにエコーを予約しよう。

ばんばん:よろしくお願いします。


かなりショックをうけて、ボーとしながら勤め先へ。
まあ、わからないままきつい治療をがっかりするよりはいいと思うけど、
次の3剤併用に期待してた分はしごをはずされて、へこみ模様。
5年から6年先か、薬も進化しているはずだし、インターフェロンをじゃない薬も出てきているかもしれないし。。。
ものは考えよう。

それにしても、さて、どうしたもんだかなあ。 
しばし立ち直れん。orz

 ◇

今日は、ウルソとアレジオンを60日分いただいて9470円なり

 

・・・ (T^T)

 

 

Click ME!   にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

 - 日記

Comment

  1. Kawanishi より:

    きゃー、そんな風に説明してもらったら、落ち込みますがな。。。
    肝がん肝炎の進行予防は、何かしら、体調良くできるものを検討していくのがいいし、ゼロでない限り、可能性は完全にありますから。きっときっときっとー。って思って行きましょう。

  2. feltsense より:

    今日はお疲れ様でした。
    診察が終わったあと、ばんばんさんがボーっとされているので、どうしたのかなぁと思っていたら、そんなことがあったんですね。
    落ち込みますよねぇ・・・。次々世代って、どんな薬のことなんでしょう!?
    それにしても、コアって、T病院で調べてるんでしょうかね?今日は聞きそびれたが、私も聞いてみよう・・・。

  3. akio より:

    ばんばんさん、こんばんは~。
    う~ん、なんともデリカシーのない説明をされてしまいましたね。
    そんな言われ方したら、思い切り沈んじゃいますね。
    でも大丈夫、世の中なんとかなりますから!
    プロテ3剤が厳しくても、ポリメ剤もありますし、
    プロポリ経口2剤もあるし、どうにかなりますよ。
    おそらく私も仲間だと思いますので、一緒に頑張りましょうね。
    ではまた~♪

  4. ちゃぼ より:

    え?何?ですよね。最初のIFN治療でウィルス消えなかったことを伝えられたときのことを思い出しました。
    もうよくならんのや~って凹みまくって17年後の今です。難しい話はわかりませんが8度目の正直で完治された方の例もありますし、必ず治ると信じていきましょう。

  5. ちゃぼ より:

    17年前からはるかに進んでいる今だから余計に凹んでいるんですよね。いずれにせよ、肝炎治療は加速度的に進歩しつつあると信じています。

  6. ちえ より:

    ばんばんさん、おそらく私もお仲間だと思います。
    超大量の3剤をしたにもかかわらずウィルスが12週でもなくならず中断した私がおります。
    私にはもうその次の新薬を待つしかありません。
    私の担当医もキツかったな~、「あのねえ、今から10年間はIFN以外は何もないんだから」って。冷たい・・・
    がんばりましょ、何年待ちゃ~いいのか知りませんが、それまでしがみ付いてましょ。

  7. すずめ より:

    ばんばん隊長さん こんばんは~
    凹むお気持ち…オイラのがもっと悪い結果かもと思いつつ遺伝子検査暇を見つけ行ってきます。
     ばんばんさんは年齢がまだ余裕あるので ばんばんガンバ!です。
    akioさんが言われる様に IFNで無い薬出てきそうだし、IL28も100%の検査法で無いから1000名のデータを分析の為でしょうって ・・・・・ありがとう 辛い気持の中書いて頂いて

  8. トマトっと より:

    ばんばんさん、こんばんは。
    凹んだお気持ちの中ご自分の事を書いて下さって、有り難うございます。
    私も色々迷いましたが、国○台病院に行ってM先生の診察を受けてきました。
    M先生が「IL28もコアも現在は、確率は100%ではないこと、年齢が若いうちに出来うる治療して、進行のスピードを押さえれば、何とかなります」というお話をなさって下さいましたよ。
    今は、冷静なお気持ちにはなれないでしょうが、諦めないで下さい。
    しばらく、ゆっくりなさって下さい。

  9. うさぎ より:

    ばんばんさん
    お疲れさまでした。
    体調は大丈夫ですか。
    今更ですが、過去のブログ全て拝見させて頂きました(__)
    驚ろいたことに、ばんばんさんと同じ病院(T病院)で私もお世話になってます。
    お気持ち複雑だと思いますが、あまり気落ちせずにいらっしゃることを祈っております。

  10. ネコシッポ より:

    ばんばんさん、オハヨウゴザイマス。
    昨夜、読んで泣いちゃいました。
    もうただただ、悲しくて・・・
    うまく書けなくてゴメンナサイ。
    どうか気落ちせずにお体ご自愛下さいませ、お祈りしています。

  11. ゆう より:

    はあ~っ。もうちょっと言い方考えてほしいですよね。
    治療法は次々と出てくるんだから…。

  12. sabavian より:

    ばんばんさん、こんにちは。T病院はきつい言い方をしますね。ドクターによるのでしょうが、相手をあまり見ないで伝える慣習があるようです。
    結果は結果として理解できるでしょうけど、理解できても気持ちの合点はいかないでしょうね。それを正直にここで吐き出すことができるばんばんさんはやっぱりすごいです。尊敬いたします。
    皆さんのコメントを見てもそう感じます。ばんばん隊長は皆から尊敬されているんだなぁって。すごい人なんだなぁって。
    今は凹んでいらっしゃるかもしれませんが、そのうちまた、さすがはばんばん隊長だという時がやってきますよ。
    どうか私に、その時を待つことをお許しください。

  13. はぶ~ より:

    こんにちは。体調はいかがですか?
    初めて「IL28の結果待ち」とおたよりしたところ、励ましのお返事をいただき、感謝しておりました。医師からつらい話を聞かれてから、更新がないことを心配しております。今日、検査結果を聞いてきました。IL28の結果は「測定できず」でした。こんな結果もあるんですね。ウィルスのコア遺伝子も効きにくいタイプだと。でも、「変異してないから効きにくい」と言われたんですよ。変異していると効きにくいのでは?検査結果も手元にないと言われ・・・とりあえず、効きにくいタイプだから、IFN治療は、これからの肝臓の状態をみながらということになりました。来週、今日の血液検査結果を聞くときに、もう一度、コアの話を確認したいと思っています。
    きっと、私も新新薬を待たなければ治らないタイプなのでしょう。副作用の少ない新しい薬が必ずできると信じます!

  14. ひでほ より:

    お気持ちお察しします。
    しかし小生の10年前よりずっとばんばんさんのほうがステージも肝臓の状態もいい感じに見受けられます。
    そのうちきっとばんばんさんに合った薬が登場すると思っています。
    近い将来の完治に向けて・・・今出来る最善なことを主治医の先生と話しあわれてください。
    応援しています。

  15. えーっ、そんなあ!(T^T)
    お医者はひどい言い方しましたね。人の心がわかってないですね。
    でも、バンバンさんはまだお若い(から悔しいってこともあるでしょうが)。
    きっとそのうちに良い治療法が出てくると思います!
    今のうちに体力つけて免疫力アップしてバンバン楽しんでおきましょう!

  16. ばんばん より:

    みなさん
    ありがとうございます。
    涙チョチョ切れてきた。
    元気でてきました。また、先を見てがんばりまーす。
    ほんとにほんとにありがとうございます。
    みなさんから力を沢山頂きました。
    \(^0^)/ パワー全開。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
7月の医療費

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 精神内科 …

no image
本日は注射の日

やはり寝る直前の睡眠剤で意識がなくなる前がいいのかなぁ。今日は、飯の前あたりにし …

no image
鉄郎(メーテルではない)

わくちゃんさん からコメントをいただき、気になり少々調べてみる。お茶は鉄の吸収を …

国府台病院追記だよ

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 昨日いっ …

no image
投稿テスト

Blogwiteの投稿テスト中。気にせんといてぇなぁ。 しばらく、投稿が出たり引 …

no image
全国B型肝炎訴訟-有楽町マリオンでビラ配り

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ B型肝炎 …

no image
バナナ大ブーム

健康オタクのバンバンは今朝は食欲がなく。<バナナ>でありました。ポチ …

フェロン+リバビリンが認可された

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 川西先生 …

C型肝炎ウイルス-市場調査レポート、すんごく高い (@@

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ やっと、 …

講演会2つ(国府台病院と東京肝臓友の会)の紹介

テヘッ、2月は1本も書かなかったよ(バキっ ほんとはまとめなきゃいけないんだけど …