あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

どうやら日本のC型肝炎治療薬のアリニアの開発が中止になったらしい

      2013/07/19

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。



Photo by kaibara87

期待していたアリニアの開発が中止になったらしいという話をまつなりさんから頂きました。

sinさんのところからこんな話が…

中外の方からC型肝炎治療の新薬として私は注目していた「アリニア」の開発が中止になったと説明を受けました。よい成績が出なかったのが理由のようです。インターフェロンに頼らないウイルスは維持材として注目されていましたが残念です。 #HCVless than a minute ago via web

むーん、とても残念ですね。結構期待してたんだけどなあ。どこも単剤狙いよりは、INFとの連携みたいなことが書いてありましたが、なにが効くのかわからないまま、続けるのがきつかったんですかね。それとも効果がそれほど海外でもでなかったんですかね。一時期、話がわっとでましたが、続報がほどんどはいってこない。

でも、川西先生のところの学会報告によるアメリカの話では、
(出典:インターフェロンの勉強会 C型肝炎の治療の展望

○ニタゾキサニド(アリニア)の試験については、ペグインターフェロンとリバビリンに追加して治療した方が、12週までのSVRは高いことが示されていました。最終的な結果を待っている状況。

日本では、だめでもアメリカでは開発がつづいているんでしょうかね。アリニアのがなんでC型肝炎に効くのかがわかれば、その因子の薬を開発すればいいんですけどね。インターフェロンもはじめは、がん治療でつかっていたものが応用されたものなので、あきらめずに待ってみますかね。


さっそく、話がそれて、

○ビタミンD3について
免疫の刺激が効果を高めていることが推測され、普通の摂取量でサプリで補給する程度のもので効果が高いことが驚かれている。副作用はほとんどないと、今回発表している先生も自分でサプリとして飲んでいると話していました。
偶然飲んでいた人たちの効果とあるかと質問が出ていましたがそのデータはないようでした。
ビタミンDを追加した20人としなかった21人で比較した場合、SVRが85%と43%とすごい差になっていることが、びっくりなことで。今後のデータの集積で本当にそうかを確かめていく必要があると話していました。これが本当ならすごいことだなあって思うんだけど。

じつはこっちがすごかったりして、まだ母数がすくなもののただのビタミン剤で効果がこれだけ違うとすごいと思いますね。人間の体って不思議なんだな。

どうやらこの辺が関係しているのかもしれないな

Vitamin D supplementation improves response to antiviral treatment for recurrent hepatitis C ? Source: Transplant International, Jul 22, 2010

超訳的に読むと

インターフェロン-アルファおよびリバビリンの投与を48週間受けている再発性C型肝炎患者を対象とした研究の結果で、投与開始前に血中ビタミンD濃度の測定をした。投与期間終了時の分析の結果、血中ビタミンD濃度が正常な被験者の50%に持続性ウイルスの陰性化がみられた。ビタミンDの濃度が低いとSVRが上がらなかった。これにより、ビタミンD欠乏症の患者には抗ウイルス治療が効きにくいが、ビタミンDの投与によって、持続性ウイルスの陰性化を達成する確率が高まるととかゆう感じですかね。(←あいかわらずいい加減な和訳やな)

まだまだ、インターフェロン治療が基本なのは変わらんなけど、組合わせによって効果があがることが確認できているみたい。

今の研究のペースだと5年くらいでペグリバなしで治療が可能と言えるようになるかも知れないと話していました。これは推測だけど期待できそう。

<途中省略>

最後に現在研究されている、C型肝炎の薬が試験の段階と共に表示されました。たくさんの薬が、検討されていて、本当に今後の治療はもっとよくなると思える状況です。
そのうち、3種類くらいの薬が最初から1剤になって投与されるような時代も来るのではないかと述べていました。

5年とは早い?ですよね。話題がいろいろと先行しているぶぶんがあるけど、まあ、患者は多いんだから(←あまりいい言い方ではないが企業としては高い薬を開発しても、回収できる見込みがある)どんどんいい薬がでてきそうな予感がします。(私の体から早く出てけよ、ウィルス君)

まだ、週半ばやね。
そろろそ、巷はお盆休みらしいけど、今週もどんどこ仕事があるんだわな。
電話が鳴らないので、溜まっている頭を使う仕事でしますかね。

さて、コーシーでも飲みますか(←もう休みかぃ)

 

Click ME!  にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ 
またもや復活。お仲間さんさがしに、参加してみます。よろしければぽちっと応援してください。


                    


←ソーシャルブックマークやRSSに簡単に登録できます。

 - C型肝炎

Comment

  1. ひでほ より:

    ばんばんさん、こんばんは
    いつも情報ありがとうございます。
    ビタミンD情報はまだ不確定にしろ、すごい情報ですね。

  2. どらみ より:

    ばんばんさん
    おはようございます。お盆も、返上でおしごとですか?
    たいへんですね・・・台風も、来ているし。
    あまり無理をされないようにして下さいね。
    アリニア中止なんですか・・・
    IFNが効きにくい体質の私としては、希望の☆だったのに・・・
    残念です。アメリカでいい効果が実証されて、復活してくれないかな~?
    テラブレビル、来年の秋らしいですね。
    昨日、私の先生もそんなような事をおっしゃっていました。う~~ん、来年の秋か・・・
    私の場合72週になると、終了とともに新薬の登場となるな~。びみょう~。

  3. めぐ より:

    ばんばんさん、おはようございますぅ~♪
    いつも最新情報、有難うございます(m m)
    昨日、粘り勝ちでビタミンD☆ゲットしためぐですっ♪ウキウッキ~ッ♪
    アリニアの今後が気になりますが、
    「5年くらいで、ペグリバなし治療が可能」・・・ってぇスゴイッ!!!!
    5年後なら、まだ私たち50歳前ですわっo(^ ^)o

  4. ばんばん より:

    めぐさん
    ブログをよんで笑っていました。粘れてビタミンDを処方してもらえるんですね。こんご、うちの主治医にもいってみようかな。
    どらみさん
    ほんとアリニア残念。違う形で復活するといいいのですが。
    この時期、次の薬がみえてくると治療時期考えちゃいますよね。
    ほんと難しい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

またもやALPが要注意。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 2ヶ月ぶ …

no image
インタフェロンの型の話、αとβの違い

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ すこいし …

C型慢性肝炎に対するバニプレビルの有効性・安全性等について – 第13回肝炎戦略会議資料より

 バニプレビル(商品名:バニヘップ)の発売が決まりましたね。バニプレビルは、S3 …

BMSの経口2剤(BMS-790052とBMS-650032)のフェーズ3の治験が始まる場所が公開されましたので病院を想像してみる

Hospital do Suburbio / Fotos Gov/Ba IFN治 …

no image
出産とC型肝炎の関係について

出産を経験された方ならば、おわかりでしょうが、出産はまさに命がけです。 あれほど …

すごく寒いんだけど、C型肝炎の最前線のその1について書くんだぞ

Photo by laszlo-photo えっらく寒い。 今週は東京もで寒波が …

テラプレビル(テラビック)が製造販売承認されたので、治験の結果をまとめてみる 副作用編

Broken Key Lever / tmoenk 秋でんな~、食べ物がうまくな …

講演会2つ(国府台病院と東京肝臓友の会)の紹介

テヘッ、2月は1本も書かなかったよ(バキっ ほんとはまとめなきゃいけないんだけど …

”厚労相「7年後に肝炎の根治を”だってさ

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を治療しているバンバンです。 思った以上にうつに …

no image
C型肝炎と診断されても

C型肝炎と診断されたら、頭の中が真っ白になって何も考えられないかもしれません。 …