あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

テラプレビルの臨床試験の治癒率は72%!

      2013/07/19

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。


Photo by taiyofj


この頃ニュースしか追っかけていません。(笑

早速今日の1本目

米バーテックスのC型肝炎治療薬、治療期間の短縮見込める可能性=臨床試験
 [ニューヨーク 10日 ロイター] 米医薬品のバーテックス・ファーマスーティカルズは、臨床試験を進めているC型肝炎治療薬テラプレビルについて、治療期間が短縮できる可能性があるとの結果を明らかにした。
出典:http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK870892020100811

フェーズ3の試験が75%だったので、落ちたような気がしますが、それにしても72%とはかなりのSVRをだしてきました。

また、rapid viral responderと呼ばれる(たぶん4週以内にウィルスが消えるた?)患者のSVRは92%とこれもままでの数値を10%ぐらい上をいっています。対抗のボセプレビルなんかよりも期待が高いよという記述もありますね。

たぶん原文はこの当たりかな
Vertex hep C drug works in 24 weeks for many -study | Reuters http://bit.ly/c4r5qB

日本の治験のデータがそろそろどこぞの学会とかで発表があってもいいような気がするのですが、まだなのかなあ。一般的に治験データより、実際の数値は悪くなることが多いので、実際にはここまで上がることはないと思いますが。いままのでの半分というか72週なんかに比べると1/3の期間でこれだけのSVRが出るのはかなり期待できると思います。まあ、表に出てこない副作用もたくさんあるんでしょうけどね。

2本目

伍代夏子C型肝炎…杉「一緒に闘う」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100811-00000007-dal-ent

夫・杉良太郎と二人三脚で…伍代夏子C型肝炎闘病を告白
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100811-00000004-ykf-ent

同じ病気で苦しむ人にエールを送り、正しい知識を広めるため公表に踏み切ったという。

この時期になってニュースになってきましたね。なにか裏があるのかなぁ。貧血できついんですね。たって歌って2時間公演をやっていくのは大変でしょう。がんばってくださーぃ。
治療開始は去年の8月で今年の12月までということは、延長コースの72週ですね。ウィルスが消えるのが遅かったんでしょうかね。

3本目
便利なYouTubeよろNHKの健康21からですね。

非常にベーシックなところからの説明なので、初めての方にはいいかもしれません。
関連動画もC型肝炎のニュースなどがたくさんあるので、ながしてみると参考になります。

ひとまず。

電車がすいていていいなあ。
抜けるような青い空と入道雲を見てないような気がする夏休みですが。

夏の青い空

 - C型肝炎

Comment

  1. YUKO より:

    ばんばんさん、こんにちは♪
    いつも情報ありがとうございます。
    24週なら副作用があっても気力が続くかな、とも思います。まあ、副作用の程度にもよりますけど・・・・(^^ゞヘタレなので・・・
    そうかあ、承認になってもすぐ飛びつかないほうがいいんですね。
    どちらにしても次かその次か悩みどころです。
    伍代さんの記事は驚きました。偏見がなくなればと思い公表した、というコメントに伍代さんもそういう思いをされたのかな、とも思いました。72週なのでよけい身近に感じてしまい、頑張って欲しいなと思います。
    今日は台風の名残で蒸し蒸ししてます^_^;
    バテないようにしてくださいね~!(^^)!

  2. ばんばん より:

    YUKOさん
    こんばんわ。ばてばてです。(笑
    そうですね。15年前に病気がわかったとは、いままでぜんぜん知りませんでした。かなりやつれてきつそうですね。こうゆうひとをどこかでかついでくれるといいのですがね。

  3. akio より:

    ばんばんさん、こんばんは~♪
    いつも新鮮な情報をありがとうございま~す!
    テラプレビル、ボセプレビル、TMC435と、
    プロテアーゼ阻害剤が揃ってきました。
    最近の状況を考えると、2~3年後くらいには、
    複数のペグリバ3剤世代が使えるようになりそうです。
    となると、次はやっぱり、IFNなしですね~!
    それまで線維化を止めておかなきゃあ。
    ではまた~♪
    psテラプレビルという名前をみると、デビルマンを思いだします。

  4. ばんばん より:

    akioさん
    うまく線維化がとまるといいんだけどなぁ。瀉血はきつそうだし、ビタミンとBCAAだけでなんとかならんな。

  5. 澤田清 より:

    C型肝炎に20才位から発見し、現在63才です。
    血液検査の結果は、
    got 55 gpt 50 γgpt 60 ヒアルロンサン850 血小板5万~6万
    体重が、最近減ってきました。身長165㎝ 体重58kgが
    現在54kgです。
    治療は、1週間に3回、強ミノ ぐりふぁーげん60ccを注射 ウルソ100ミリグラムを食後1錠 プラセンタ40ccを1週間に3回注射以上です。
    エコーCT 胃カメラ全て以上は有りません。
    何か、血小板を増やしてペグインターフェロンとリバビリンを投与出来るようになりたいので、宜しくお願いします。

  6. ばんばん より:

    澤田さん
    おこんばんわ、長いですね。血小板が少ないのが少々気になりますね。まだ60台なのでIFN治療の範囲内だと思います。
    かなりベテランの先生なら6万ぐらいでもできるそうですが、危険も伴います。血小板を増やす薬を併用するIFN治療も治験がすこし進んでいるそうです。
    もしかすると、その前にIFNを使わない薬がでてくるのかもしれませんね。わたしもその薬を待っています。
    長い戦いですが、いっしょにいきませう。ね

澤田清 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

テラプレビル(テラビック)が製造販売承認されたので、治験の結果をまとめてみる 副作用編

Broken Key Lever / tmoenk 秋でんな~、食べ物がうまくな …

no image
出産とC型肝炎の関係について

出産を経験された方ならば、おわかりでしょうが、出産はまさに命がけです。 あれほど …

テラビック(テラプレビル)が認可されたので、治療の前にHCV薬剤耐性について考えてみる

Uppercat / Takashi(aes256) まだまだ引っ張るこのシリー …

テラビック(テラプレビル)の薬価が発表されたので、治療費を計算してみよう!

手回し計算機 / monoooki 寒いぞ~、 一気に冬の最初が来た感じ テラビ …

具体性に欠ける「肝炎対策指針案」、がっかりだよおっかさん

Photo by Marc Lagneau 毎日、暑い日が続きます。なんだか、温 …

no image
インターフェロン以外の治療方法について

C型肝炎に、インターフェロンの治療が最も効果的だと言われています。 しかし、ウイ …

講演会 9月4日(日)はB型C型慢性肝炎治療の現状と将来の展望 ~全症例の治癒をめざして~に行こうず

Machu Picchu / quinet これも忘れてました。ごめんなさい。 …

Sofosbuvir(ソフスブビア)とLedipasvir(レディパスビル)の治験結果の紹介 ~第64回米国肝臓学会議 (AASLD 2013)より

AASLD / butter1225 やっと書く時間が取れたので、気になる薬の治 …

BMS(ブリストルマイヤーズ)の経口2剤(スンベプラ、ダクルインザ)が承認されました

あっ、書こう書こうと思っていたらもう7月も半ば(汗 すでに遅いきがしますが、末席 …

アッヴィの経口C肝薬ヴィキラックスが製造認可承認されました

雨が続き8月の関東は低温続きで日本の夏は何処行った状態ですが、C型肝炎治療薬のニ …