あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

telaprevir vs boceprevir どちらも今年末にもFDAの承認を申請する?模様

      2013/07/19


Photo by Katrina.Tuliao

ひさしぶりに、ある方にメールを差し上げたら、
いりいろと英語の情報が…

いつもいい加減に読むからあんまり当てにしないでね。(苦笑
telaprevir vs boceprevir どちらも激しいデットヒート状態の模様

telaprevir まずは、このあたりを

Vertex Nails Third Big Trial With Hepatitis C Drug, In Toughest Patients to Treat | Xconomy

超訳
再燃組の治療歴のある人がいままで、は17%のSVRだったのが、telaprevirに併用で65%までアップ。
1000人が治験者のうち4分の3が着効。
これらの結果に基づいて、頂点は、今年末までにFDAの承認を申請する予定だ。

といった感じでしょうか?(どんだけはぶいているんだ)
副作用のことも書いてありますが、一般的なインフルエンザの症状+吐き気などの記述しか見当たらないなあ。
ほんとは、この辺のことが知りたいんですけどね。

これもインターフェロンと併用なので副作用はあると思われますが、いままでの半分の24週の治療期間になるので、えぃっ、と乗り切ろうと思えば乗り切れなくもないかなあ。
いままでの例だと、アメリカで承認されて新薬は、日本で承認されるのに、早くて約2~3年遅れでしたから、今回日本で行っている治験の結果がよければ、来年はじめに承認申請となるはずなので、半年遅れぐらいでいけそうな気がします。(あくまでの私見です)

boceprevirですが、このあたりを

Vertex Beats Merck in Hep C Battle – TheStreet

なにやら治療期間が28週と言う文字がもえますが、24週とくらべると、4週、1ヶ月長いなぁ。
いままで、24週だとばかりおもっていましたが、治験の結果をみて、少々伸びたのかもしれませんね。
記事は、telaprevir有利となっています。

初回の治療で75%のSVRですからこちら負けていないと思います。
それに、年末にアメリカと欧州で承認を求めるとなっていますので、同時期か多少遅れての申請となる模様ですね。

 

ああちかれた。
英語を読むと頭痛がね。(←しませんよ)

どちらも同じぐらいの実力とみました。
どちらが標準治療となるかは、各製薬会社のパワーとかお医者さんとの関係にあるのでいまでいうと、リバビリンとコペガスみたいな関係になるのでしょうかね。
日本で治験の情報が進んでいるのは、telaprevirなにで多分こっちが先くると思われます。

今日はちこっとお部屋の片付けをしたら、すでに夜やん。
まあ、時間はたくさんあるんで、ゆるゆると掃除でもしませう。

踏切
(なんだか今じゃないみたいは写真、近くの踏切でした)

 

さて、10月の作戦も練らないと。
お昼からか、それとも夕方からか、それが問題だ。(笑

 - 新薬情報

Comment

  1. akio より:

    ばんばんさん、こんばんは~♪
    テラプレにボレプレ、どちらも有望ですね。
    それ以外にも、TMC435やメルクのRなんとかや、
    BMSなんだかんだなど、次の候補が目白押しです。
    でもきっと熾烈な争いなんでしょうね。
    患者の立場からすれば、ちょっとでも有効率が高く、
    ちょっとでも副作用が少ない方に流れますから、
    もし新薬が複数登場しても、少数しか残れないでしょう。
    もちろん、有効率が高くて副作用の無いのがいいですわ!
    ではまた~♪

  2. ばんばん より:

    akioさん
    こんちば。
    日本だと、いまの雰囲気だと田辺さんが強気のようですね。
    はやく、24週治療がはじまるとみならくになるのになあ。
    わたしは、次の次の薬かな。(苦笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

治験情報をいくつか・・・

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 今まで、 …

プロテアーゼ阻害剤の話をしよう、その2

Molecule display / net_efekt ででんでんでん、の続き …

no image
いらっしゃーぃ、たま爺

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 自己申告 …

シメプレビル(商品名:ソブリアード)含む3剤併用療法がC型肝炎治療の第一選択になる

ちょっと、興味深い講演会があったようなので、紹介しておきます。 テラビックからソ …

肝硬変治療薬(開発名:ND-L02-s0201)がFDAで優先審査指定。

ちょっと期待できそうなニュースを見たので紹介しておきます。 肝硬変治療薬(開発名 …

米で死亡含む副作用…C型慢性肝炎治療薬「ヴィキラックス」、禁忌対象拡大へ

以前に「ヴィキラックス」の米国の死亡例の記事を書きましたが、日本でもそれを受けた …

ギリアドのC型肝炎治療薬の薬価が高いことを理由に米国で保険対象から除外される

某所からタレコミがあったのでちょっと記事にしておきます。 (情報ありがとうござい …

C型慢性肝炎に対するバニプレビルの有効性・安全性等について – 第13回肝炎戦略会議資料より

 バニプレビル(商品名:バニヘップ)の発売が決まりましたね。バニプレビルは、S3 …

no image
VRAD、まだ250人。多いと見るか少ないと見るか。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を治療しているバンバンです。 ◇ 血液を濾過して …

ソバルディ、ハーボニーの薬価が値下げになるかもしれない

秋口から騒いでいた薬価の値下げの話が始まるようですね。 特例拡大再算定 対象はプ …