あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

すごく寒いんだけど、C型肝炎の最前線のその1について書くんだぞ

      2013/07/19


Photo by laszlo-photo


えっらく寒い。
今週は東京もで寒波が押し寄せて、今日は思わず、セーター着ちゃいました。

それでは、今週のセミナーから記憶が残っているうちにね。
今回は加藤先生のやつだから、基本編。
あまりこった話はないんですよ
(メモから書き起こすので間違いがあったらよろしくお願いいたします)

他力本願やんけ

歴史の話からでしたね。
インターフェロン治療が始まったのが1986年ですって、
実際に保険適法になったのが1992年ですから今から18年前でやんすよ。

わたしが、1回目にやったのが15年前ぐらいですから始ってすぐの頃ですね。
この頃のSVR(Support Vector Regression Sustained Virological Response)が5%ぐらいらしいので、
ばくちもばくちですよね。
(akioさんの指摘で修正 2010/10/31 21:48)


直ったらラッキーといった感じで、いまのSVRと比較すると約1/10ぐらい。

レベトールが認可されたのが2001年、ここで併用治療の始まり。
このころのSVRが20%ですからまだまだ。

次がペグ化したインターフェロンが認可される。
通常のインターフェロンはいままで週3回、注射しなきゃいけなかったのが、
このペグ化(分子量が大きい)により、排泄が制御され・・・難しいですよね。
簡単にいうと体からインターフェロンが抜けにくくなりました。
このため、1週間に1回の注射でよくなったんですよ。
これが2004年10月に認可されています。
ここで飛びついたのが私ですよ。(すぐは何かとあるんですが)

このあたりで革命ががひとつ
2005年、なんと初めてC型肝炎ウィルスの増殖に成功した年らしい。
(培養細胞で複製成功ってやつです)
ここから、新薬の開発がごんごん進む訳で。
いままでは、新薬の開発に試験をしようにもなかなかできない。
この開発で、試験管や培養プレート上で、テストができるようになったんですよね。

SVRとなる因子の解析もだいたいでているそうです。

直りやすい

因子

直りにくい

少ない

ウィルス量
(5.0LogIU/mL未満)

多い

F1

線維化(ステージ)

F4

男性

性別

女性

若い

年齢(50才)

年取った

ワイルド

Core変異(70, 91)

ミュータント

T-T

IL-28B

T-G, G-G

ほかにもあるんですが、ここでは割愛します。

現在わかっているのは、IL-28Bはおなじみの人間側DNAのインターフェロンの感受性です。
ウィルスコアの変異(これはC型肝炎ウィルス側の問題)でワイルドという表現が、
そのままでミュータントというのが変異しているということになります。

ここで云えるのは、治療をする前に直るか直らないかが
人のDNAやウィルスのRNAを調べることによりだいたい分かるんですよ。
ここまで進んでいる病気もありまありませんね。
この辺がいま騒がれているテーラーメイド医療といわれる所以です。

最後に北の川西先生もおっしゃっていますが、
肝硬変になったら最後じゃないんですよ。

よく、F1とかF4とか、肝臓の状態(繊維化)ステージという用語で表します。
F0が通常の肝臓でF4 が肝硬変ですよ。(5段階)
肝臓は強くて、C型肝炎ウィルスにやられてもやられても復帰するんですが、
これが続くと肝臓の細胞が堅くなり、繊維化がすすむといわれています。

まあ、”ぷにぷに”が正常だとすると肝硬変が”かちかち”という表現になります。
このステージという階段は、10年で一段ずつあがるといわれています。
これは人にもよりますが、発症して4段階あがると肝硬変になります。
(参照 http://blogs.yahoo.co.jp/sfnokos/52808175.html

でもね、一度C型肝炎ウィルスを駆逐するとこのステージを戻すことができます。
上がるときな10年で1段、降りるときは4年で1段なんだそうな。

いままで肝硬変になると終わりと考えられてきましたが、肝臓は復帰するんですよ。
いまC型肝炎のひとも、治療をしてC型肝炎ウィルスに勝てば、
またぷにぷにの肝臓を手に入れられます。

このために治療をするんですよね~

さて、今日はこの辺で、加藤先生のお話はわたしも復習になりました。

台風がきてるそうな。
なんか冷たい雨がふって、みぞれにでもなるんじゃないとおもったりして。

ローソンの叙々苑の焼肉ライスバーガー

昨日のお昼。
もう少しましなもん食べないとなぁ
でも、美味しかったからまっ、いいか。


明日は天気にならんかなあ。

 - C型肝炎

Comment

  1. akio より:

    ばんばんさん、こんばんは~♪
    SVR(Support Vector Regression=サポートベクター回帰)はIT用語のひっかけですか~!
    正しくは、SVR(Sustained Virological Response=持続的ウイルス陰性化)ですよね?
    その他、SVR(Step Voltage Regulator=柱上変圧器)、
    SVR(Служба внешней разведки=ロシア対外情報庁、元KGBらしい)、なんてのもみつかりましたが、どうでもいいですね。
    ところで、写真は叙々苑の焼肉ライスサンド?ですか?
    美味しそうですね~!
    ではまた~♪

  2. ばんばん より:

    akioさん
    ありがとうございます。IT屋さんの辞書でしらべちゃいました。(苦笑
    ライスサンドは、ちょっと一個で胸焼け状態。ダイエットになるからいいかぁ

  3. どらみ より:

    ばんばんさん
    セミナーのご報告、ありがとうございます。
    二時間以上の長くて内容みっちりみっちのセミナー、お疲れさまでした。
    続きのご報告も楽しみにしています!
    じょじょえん、ライスサンド、ローソンですね!
    美味しそう!近くにローソンない…

  4. ばんばん より:

    どらみさん
    このごろ、お昼に時間がなくて、コンビニっこです。
    まあ、はやりもんが食べられるので好きなんですけどね。

ばんばん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

7月28日は第1回 世界・日本肝炎デーフォーラム開催だよ~

ちょっと、なかなか鉄の話が進んでない(。_゜☆\ 箸休めモードの更新で。 201 …

no image
肝臓病と食事の関係~糖尿病との関係の続き

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ さて、昨 …

no image
第1回疾患医科学ミニシンポジウム「C型肝炎の最前線~基礎と臨床~」” にいってきたぞ~、おなかいっぱぃでやんす。

akioさんのところで紹介されていた、東京大学 医科学研究所での講演会に行ってき …

きっとかなう夢のために 肝臓医療講演会 in 福岡 大成功

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ きっとか …

no image
インタフェロンの型の話、αとβの違い

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ すこいし …

C型肝炎のインターフェロン治療と副作用のうつ症状について

newspaper_cat_6616 Photo by doviende 年初か …

”糖尿病治療薬と肥満治療薬にC型肝炎の治療効果”というニュースが気になる

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 週末、ぐ …

中国人の海外旅行に新たな目的:C型肝炎治療 WSJより

アジアでお薬が安いなんて話がでていましたが、わりと先進国のITのアウトソーシング …

国府台病院 市民公開講座 第8回肝臓病教室 女性ホルモンがペグリバの併用療法に効果的らしい

ちょっと遅れたけど、平成24年12月1日(土)に行われた、国府台病院の肝臓病教室 …

平成24年B型C型慢性肝炎・肝硬変治療のガイドラインが発表されたのでちょっと紹介してみるよ(その5、補足編)

Sakura / Dr.Colossus 先日の台風なみの爆弾低気圧。いろいろと …