あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

H23年度 C型慢性肝炎治療ガイドラインはこう変わる・その3

      2013/07/19


My Cat / Shoichi Masuhara

さて、飛び飛びで話題にしてきた。C型慢性肝炎ガイドラインですが、今回が最終回の予定です。
H23年度 C型慢性肝炎治療ガイドラインはこう変わる(かもしれない)・その3。

毎度のお約束ですが、まだ正式には発表されていませんので、内容が変るかもしれません。ご了承ください。

前回のH23年度 C型慢性肝炎治療ガイドラインはこう変わる・その2の続きから

6枚目のスライド

ss6.JPG

変更になったのは、全部というか遺伝子検査のあたりが明記されました。

1型高ウィルス量症例でIFN+Ribavirin併用療法を開始にあたって
のホスト側の因子(IL28B)およびウィルス側の因子
(ISDR及びCore aa70)からみた治療適応

1. IL28Bの遺伝子rs8099917がTTで、ISDRがMutant(>2)、Core aa70が
Wildの症例は、IFN+Ribavirin併用での治療効果が高いことからプロ
テアーゼ阻害剤の使用可能な時期まで治療を待つことなく早期に
IFN+Ribavirin併用療法を開始することも選択のひとつである。

2. IL28Bの遺伝子rs8099917がTT、TGでISDRがWild(0-1)、Core
aa70がMutantの症例は、IFN+Ribavirin併用療法での治療効果が低いこ
とからプロテアーゼ阻害剤の使用可能な時期まで治療を待つことも選択肢
のひとつである。

人側の遺伝子のIL28Bの検査とC型肝炎ウィルス側のコアタンパク70、昨年はなかったISDRが追加されましたね。
1. で治りやすいひとは、この秋に認可になるであろう、3剤併用のプロテアーゼ阻害剤を待たないで2剤併用の従来からあるものをはじめてもいいよとあります。個人的には、72週になると凄くしんどいので、できるなら3剤併用を待ったほうがいいかなと思いますが、副作用(貧血、皮膚炎)も強くなり、途中で中止になりかねないことを想定すると2剤ではじめる方法もありですよね。この辺は主治医とかなり相談して決めた方がいいと思います。

2. は私のようなニュータイプの話ですね。基本的に2剤では治る確率が低いし、3剤でもあまり高くないので、時間の余裕がある場合では、プロテアーゼ阻害剤の次の治療方法を待ってもいいかもしれません。

IL28Bの検査はなかなかやるところが少ないですが、国府台病院ではIL28Bの検査を行っているようです。また大学系の研究室をもつ大きな病院でも取り次ぎをおこなっていると思います。患者のフォロー体制が整っていない(マイナーと出たときの対処等)で、取り次ぎも行っていないところが多数あるようですが、この検査は是非おこなってから治療方法を検討した方がいいと思います。

では、この次へ

ss7.JPG

このペーパーは変わりなし。
よく、血液検査の数値は正常なのですが・・・なとと相談されている方がいらっしゃるようですが、肝臓内科的にいうとALTが30がボーダーラインになります。病院によってALTの正常の範囲が変るので、注意したほうがいいですね。まあ、これを考えると、瀉血、ウルソなど肝庇護療法をつかって、ALTが30以下に抑えられるなら、発がんリスクとの兼ね合いで治療することになります。私の場合は45ぐらいですから、この基準からすると慢性肝炎治療->IFN治療というような構図になります。

ss8.JPG

中止基準ですね。

3. 進展予防(発癌予防)の治療で、INF製剤投与開始6ヶ月以内にALT値 and/or AFP値の有
意な低下が見られない場合は発癌抑制効果が期待が出来ないため治療を中止する。

となります。実際はもう少し早くなる場合もあるそうです。病院によっては、IL28Bなどの検査結果を合わせて、4週間でXX、ウィルスの減る量が1/100以下の場合はXXと基準を決めて、この中止基準、延長基準を運用している病院もあるようです。この辺は数多くの症例をもつ病院だと判断基準がしっかりしているかもしれません。あり意味、この基準はIFN無効例などで無駄に保険が使われないようにしている基準であるように思えます。

ss9.JPG

最後は少量長期治療の場合の基準ですね。

2.Peg-IFN+Ribavirin非適応例・無反応例に対するIFN単独長期療法は、最初の2週間は
通常量の連日または週3回間間歇投与とし、最大8週間でHCV RNAが陰性化しない症例は、
発癌リスクを考慮して通常量の半分量を長期投与する。または、Peg-IFNα2a製剤を使用する
場合は90μg/日を1回/1~2週間使用する。

IFN少量長期治療の有効性が確かめられたことから、この項目が追加されたと考えられます。方法は、スミフェロンを使う自己注射週3回パターンとペガシスを使う週1~2回パターン。量は副作用の有無によって調整が可能だと思います(これは主治医の判断による)ので、あまり副作用が出なくなる量を見つけて、こつこつと打ち続けるのがいいのではないかと。話によると70歳以上で1/5とかの量で続けて、陰性化した例もあるそうです。(数字に自信なし)

わたしの場合、使えればこれがいいのですが、なんせ副作用が強く出るタイプなので、この方法を選ぶのも勇気がいります。
今回はこの程度で、おしまい。

スライドが見にくいと思いますので、PDFにしたものをリンクしておきます。ご自由にどうそ! もしかすると写真のスライドから起こしたときに誤字脱字があるかもしれません。正式なものは4月以降に厚労省から発表になると思いますのが、そちらを参照しれください。

今回、報告会から書き起こしたPDFはこちら—>平成23年度 C型慢性肝炎の治療ガイドライン(変るかも)

参考:H22年 厚生労働省研究班によるC型慢性肝炎の治療ガイドライン(2010年3月改訂)

木更津の肝臓の専門医の早坂先生が、動画でこのH23年度版のC型肝炎治療ガイドラインの解説をしています。
お医者さんの観点からのお話はこちらを参照してください。


 

 

□■□■□■□■□

いつもどおり気になるサイトから、いっちょいきまーす。

なんとiPhoneアプリとな、ちょっと私も遊んでみようかなぁ(苦笑


ひとまず。
今日はこの辺で。

□■□■□■□■□

関東地方は1年ぐらいは節電状態。少しでも節電に協力できればと、早速再度バーに張ってみました。

【節電】電力の使用状況ブログパーツ~ゴミパソさん

近頃熱源を全部切っているので、トイレに入るたびに、”きゃー”と飛び上がっています。
暖房を切っているのは、着込むことでなれたんですけどね。
これからだんだんと暑くなって、クーラー以外ものを考えないとね。

明日も頑張ろう #iphoneography
flickr.com明日も頑張ろう #iphoneography Photo by cxq02002

これから3月40日ぐらいまで、忙しくなりそう。
毎年なんですけどね。

 - C型肝炎

Comment

  1. はるうらら より:

    ばんばんさん
    何時も貴重な報告を有難うございます。
    今更なんですが、教えて欲しいのですが。
    私は既にIL28Bの検査は行われ、結果を知っています。
    しかしウイルス側のコアタンパク70に関して、主治医に聞いても
    検査してないの返事ばかりで、なかなか結果を知ることは出来ません。
    これは、病院によって検査が出来るところ出来ないところがあるのか、それとも高額な自費で行われる検査なので、先生が躊躇されてるのか。ISDRはどうなのか?
    そこら辺のところを教えてくだされば嬉しいです。

  2. ばんばん より:

    はるうららさん
    おこんばわ。検査する順序(治療に強い因子から)は
    IL28B>Core70,91>ISDRでいいと思います。
    肝炎の研究目的があるところは、3つともしらべると思います。
    IL28Bは検査できる場所が限られます。病院から検査機関に依頼されます。病院で、かなり遺伝子データをきちんとあつかわないといけないので、結構病院がいやがっているようです。その点、Core領域はウィルス側の検査なので、どこかに出せばできると思います。結構お高いようなお話をお聞きした気がします。それでも万円オーダーなのでその病院ではできなくても、紹介状を書いていただいて、出来る病院でやってもいいと思いますよ。

  3. miya より:

    ばんばんさん
    仙台のご実感ご無事でよかったですね。うちも東北大の近くに住んでいたことがあるんですよ。
    はるうららさん
    IL28Bを調べた時、一緒に検査に出して貰えれば良かったですね。
    Core70,91とISDRはSRLという検査会社を使っていればセットで検査出来ます。病院がSRLと契約していないとちょっと面倒かもしれませんし金額も高くなるかもしれません。コアは特許の絡みでSRL以外だとどうなるのかな。研究費のような形で病院側持ちの場合もあるみたいです。

  4. はるうらら より:

    ばんばんさん、miyaさん有難うございました。
    そうですか、やはり主治医が口ごもる理由が分かりました。
    いずれにしても、3剤併用治療を行うとなれば、主治医としても、ウイルス側の検査もしなくてはならないでしょうから、その段階で話が出てくるでしょう。
    私も、治療が受けられるかどうか(副作用に耐えられるかどうか)の見極めがつくまでは、検査を見合わせておこうと思います。有難うございました
    miyaさん、新しいお仕事を始められたようですね。月並みな言い方ですが、ご無理をなさらぬように、頑張ってくださいね。

  5. 前向き翁 より:

    ごちそうさん、隊長さん、いつも情報、ありがとさん。
    昔、どっちの女の子にしようかな、と迷った事がある。
    今、ウルソだけど、もう少しALTが上がってきたら、瀉血か少量長期だよね、こんな迷いは嫌じゃ~。

  6. ばんばん より:

    前向き翁
    まだ、めんどくさいけど、その前に強ミノがありますよ。
    それが駄目になってからでもいいかな。

  7. めぐ より:

    ばんばんさん☆お忙しい中、いつも貴重な情報を有難うございます♪
    あまりお仕事、根詰められませんようにぃ・・・祈☆
    (・・・って、この時期は無理かぁ~↓)
    記事内容+お仲間さんのやり取りに・・・フムフム☆メモメモ☆
    私の主治医は、IL28Bのデータ欲しがってますが、
    Core70,91&ISDR検査のお誘いは、無かったようなぁ?!?!?!
    よ~っし!!IL28検査する時は全部纏めて、研究費で検査してもらお~っと♪セコイ?!
    少量長期治療が、市民権得られてめっちゃ嬉しい私♪(助成ウンヌンとは、別に・・・)
    しっかし、70代で1/5量ですかぁ・・・負けてるぅ~★
    私は現在、ちょっと増えて、/10量・・・クスン☆

  8. ばんばん より:

    めぐさん
    そうそう、みなやってもらいましょう。
    長期少量がやっと認められたようですが、主治医のさじ加減が大事だと思います。
    関東だと武蔵野赤十字あたりが少量長期にたけているようです。
    量はあまり関係ないといっちゃうそになりますが、
    効果のある量と、体の負担のトレードオフで、1/10でもALTが下がっていれば大丈夫だと思いますよ。
    わたしなんか、IL28Bがヘテロなので、半量ぐらいいれないと効果がないかもしれません。( T T)

  9. sin より:

     ご無沙汰です。
    ■治療ガイドライン:日本肝臓学会のサイトに
     2011年版が掲載されています。
     http://www.jsh.or.jp/medical/index.html
    ■昨年のガイドラインに基づくガイダンスですが参考になります。
     少量長期:1/4量の記述もありました。
    書籍名 「ガイドライン/ガイダンス 慢性肝炎 こう診る こう考える」
     編者  泉並木氏(武蔵野赤十字病院副院長)
     発行  日本医事新報社
     定価  2,500円+税
     http://www.jmedj.co.jp/book/detail.php?book_id=397

  10. ばんばん より:

    sinさん
    いつもありがとうございます。
    泉先生のはちょっと仕入れて読んでみたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ブリストル・マイヤーズ社、経口薬 ダクルインザ錠60mg(ダクラタスビル)、スンベラカプセル100mg(アスナプレビル)薬価決定!

水平線まで走れ・・てな写真ですが・・・(笑)    待に待った、ブリストル・マイ …

テラプレビル(テラビック)が製造販売承認されたので、治験の結果をまとめてみる 副作用編

Broken Key Lever / tmoenk 秋でんな~、食べ物がうまくな …

no image
Re:たかが、γ-GTP(GT)、されどγ-GTP(GT)

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 早坂先生 …

no image
C型肝炎の感染経路について

肝臓病と聞くと「お酒の飲みすぎじゃないの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。 し …

何枚も、何枚も・・・

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 南海さん …

ご当地キャラと肝炎啓蒙活動

DSC_0209_629 / mai:pluie ちょっと面白いニュースを見かけ …

きっとかなう夢のために in 東京 終了

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 昨日の” …

肝炎ウィスルの検査をしよう。いまなら2011年3月まで無料なり

banksy – peaceful hearts doctor &# …

ダクルインザ・スンベプラを用いた治療症例が14000例を超えたそうです

ちょっと小耳にはさんだので、ちょっと情報だけでも。 なんとすでに1万4千例 昨年 …

no image
講演会情報-全肝連からのお知らせ

今日の”きっとかなう夢のために-肝臓医療講演”の中で、全肝連の方から、いただいた …