あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

テラプレビル( teraprevir)とボセプレビル(boceprevir)の価格について考えてみた

      2013/07/19


Drugs and Medications / RambergMediaImages

関東は梅雨入りして、どうにも体調がいまいちでやんす。
雨は気分が落ち込んで嫌いじゃ。

なつも暑いから、嫌いじゃ(笑

やっとテラプレビル( teraprevir)とボセプレビル(boceprevir)のFDAの認可が完了したようです。
二つほぼ同時の認可になりました。

で、気になる薬価の情報がちらりほらりと・・・
英語のサイトを追っかければ、もっといいんですが、
まづは手始めにということで、

おぃおぃ、びっくりするような”治療12週間での薬剤費用(薬価)が円換算で403万円(1日当たり約4万8000円)
 

卸購入価格は、週当たり1100ドル”  Σ(゚д゚) マジデですか?

ちょっと、比較の対象になりませんが、テラプレビルの米国の薬価がだいたい参考になるのではないかと・・・
日本に来るとさらに、上乗せになりますから、ちょっと怖い金額ですよね。

ちょっと、乱暴な計算をすると400万円の薬価で計算すると、3割負担で133万円。

12週間で(いつかはクラウン?)すから、

ざっと1週間 11万円。($1=\100換算と仮定すると、ボセプレビルの価格と同じになる)

一日1.58万円。

リバビリンが1錠でざっくり1000円ぐらいでしたから、1日3000円。←この比じゃない。 orz

この金額だと、C型肝炎のインターフェロン治療に対する医療費助成等のサポートがない限り、この治療をまともに受けられるはほとんどいなくなると思います。
たぶん、計算が違っていることを望みますが・・・(寒ぃ

 あまり考えたくないので、今日はこのあたりで(←ここまでかぃ)

■□■□■□■□

この頃、油を気にして、ラーメンからうどんモードに変更中。
まっ、麺であればなんでもOKなんですけどね。

2011-05-23 03:31:00 
flickr.com冷やしぶっかけ 舞茸天ぷらうどん Photo by cxq02002

メンチカツなんかも・・・(苦笑

歩きメンチカツ、うまうま
flickr.com歩きメンチカツ、うまうま Photo by cxq02002

 

それにしても、最近歩くからお腹が空く。 1日50kmも歩く、こっちのお兄ちゃんには敵いません。

Udon Dining 悠讃 うどんだいにんぐ ゆうざん – 飯田橋/うどん [食べログ]

 - 新薬情報

Comment

  1. ケンケン より:

    ばんばんさん 情報ありがとうです。
    それにしても「たかっ!」
    C型肝炎の医療費助成が無いと、ホント使えない金額ですね!
    ただでさえお金の無い国もこれじゃ助成厳しいですね?
    短期間で100%SVRだったら・・・・
    私あまりウィルス減らないんで今回の血液検査結果次第で、テラビック認可になったらDr.に頼み込んで、すぐ使ってくださいと話しようと思ってたので厳しい現実に凹↓。
    もしかして「のみのみ」もこんな感じで高かったりするんでしょうか?
    では、隊長(体調に)気をつけて!

  2. sin より:

     情報をありがとうございました。
     ボセプレビルは、日本での開発は今のところ着手されていないようです。
     高額な薬はこれ以上認めないと言うことでしょうか。
     他ののメーカーからの情報です。
    ■米ブリストル・マイヤーズ スクイブ(BMS)の日本法人、ブリストル・マイヤーズ
     11/05/31 CareNet.com No.M019508の情報を下記要約しました。
     ▼1)経口治療を目指す新薬を展開する
     スイス・ロシュ、独ベーリンガーインゲルハイムなどが開発を進めるプロテアーゼ阻害剤、ポリメラーゼ阻害剤など、経口剤のみの併用療法
     BMS:日本で先行するのはプロテアーゼ阻害剤、ウイルス増殖に関与するポリメラーゼを間接的に阻害するNS5A阻害剤。臨床試験を実施しており、国内では唯一の経口療法の治験
     ▼2)標準療法では新たなIFN製剤
     IFN-λ製剤は、IFN療法が効きにくい1型C型肝炎に対し、既存のIFNα製剤に比べ少ない用量で抗ウイルス効果を発揮し、副作用も少ないことが確認されている。日本を含む第2相国際共同治験を開始した。
     ▼3)肝がん
     肝細胞がんの適応症で開発中のBrivanibが最終段階を迎えている。アジア第3相臨床試験を行っており、13年の上市を目指す。

  3. ばんばん より:

    けんけんさん
    そうですね。同じ阻害剤なので同じぐらいですかね。経口2剤だとこの倍になります。って書いてるそばからおっかない金額です。
    sinさん
    いつもありがとうございます。BMSのものはちゃくちゃくと治験がすんでいるようですよ。今年の夏にもまた始まるようなうわさを聞きます。早くIFNなしの治療がくるといいのですがね。

  4. めぐ より:

    ばんばんさん☆こんばんはぁ~♪
    前記事での,
    医療講演会情報&今回の薬価のお話と、いつも有難うございます(m m)
    地方患者でも、医療講演会内容は「会報」でおべんきょ出来るので、有難しですわ♪
    ・・・それにしても・・・
    お薬12週服用で、クラウンなんかが買えちゃうなんて・・・空恐ろしい!!!!
    お国から見捨てられそうな「お値段」じゃぁ~↓↓↓

  5. ばんばん より:

    めぐさん
    そうびっくりするぐらい高いお薬になりました。
    効果も結構すごいかあなぁ。
    ほんと、続いてほしい補助費ですよね。

  6. 南海 凡吉 より:

    90年代、まだIFNが保険認可されたばかりの頃、使えるのは半年で、それも1回限りでした。中には自費で2回目をする方もいて、費用は「ベンツが買える」と言われていました。
    保険で2回目以降もできるようになりましたが、薬の価格もどんどん上がるものですねえ。(^_^;。

  7. sin より:

     日本での治験すでに始まっているのは、インターフェロン治療体未験者で??。
     9月から始まるのは、インターフェロン治療で再燃者だと聞いていますが、この情報は合っているのでしょうか。

  8. ばんばん より:

    sinさん
    たぶん、akioさんところの、この情報がいちばんいいのかかな
    http://blogs.yahoo.co.jp/akiokiokio1962/20025141.html
    いちばん進んでいるBMSはこの5月に終わり、たぶん、秋にはP3に入ると思います。この春からはじまったTMC435と同じように、もう少し規模が大きくなって200人ぐらいの規模になるのではないかと想定しています。無効例、再燃例、初回←これがあるかはわからず。
    だと思います。

  9. どらみ より:

    高っか~い!ですね。夢のお薬が、本当に夢のまた夢になりませんように…

  10. ばんばん より:

    どらみさん
    そう、高いというか、高杉ますよ~。ほんとこんな値段にならないように祈っています。

  11. みやび より:

    ありえない価格ですね(--;)
    10年前のINFも高いと感じて
    現在の助成でも
    1万は毎月絶対にかかる(泣)
    発展途上国ではないですが
    <医療は金持ちしか受けられない>
    リアルに感じる今日この頃。。。

  12. ばんばん より:

    みやびさん
    10年前わたしもやりましたが、ほんと高かったですよね。
    今度の新薬も半端ないきがします。
    ほんと、計算違いだといいんですけどね。

  13. ひでほ より:

    ばんばん隊長、こんばんは
    いつもわかりやすい解説ありがとうございます。
    最近ラーメンでなく、うどん、そば系が多いようですね。
    かきあげのがおいしそうに撮れていて、niceです!
    でわでわ

  14. ばんばん より:

    ひでほ師匠
    そう、ラーメンカロリー高いから。
    でも、かき揚げだと、それほどかわらんか(><)

  15. Akira より:

    はじめまして。
    現在アメリカ在住で、9月からC型肝炎の治療を始めました。
    インターフェロン+リバビリン4週間の後、即、薬の追加となり、ボセプレビル(boceprevir)を選択して、2週間が経過しております。
    現在加入の保険会社(Anthem Blue Cross)の補助のおかげで、自己負担は次の通りです。
    pegasys (180mg); $150/ 4 weeks
    リバビリン; $10 / 4 weeks
    ボセプレビル; $100 / 4 weeks
    とりあえず、ひどい副作用は感じられませんが、御興味がおありでしたら、引き続き報告させていただきます。

  16. ばんばん より:

    Akiraさん
    ありがとうございます。
    むーん、pegasysよりは安いんですね。
    4週間で$100とは羨ましい。
    日本だとペガシスは4週で約11万円、国保で3割負担だと3.7万円ぐらいですかね。比率で計算すると、ボセが2.4万円ぐらいいになりますね。むーん、単純にはこんな感じにはならないと思いますが・・・
    とても、参考になります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

C型慢性肝炎に対するペグインターフェロン、リバビリン及びシメプレビル3剤併用療法の医療費助成が開始されました

寒い寒い寒い。 基本、北の人間なのですが、この頃ほんと寒さが身に応える。 お布団 …

プロテアーゼ阻害剤TMC435のフェーズ3の治験がはじまるらしいぞ!

Photo by Grilled Ahi やっと鬼のような暑さが退散して、夜も、 …

プロテアーゼ阻害剤の話をしよう。その3

cat / jzkornbluh 週末は肝臓が痛くて猫になって丸くなってました。 …

C型肝炎治療のDAAs経口薬まとめ(BMS社、GS社、ABBV社)

やっと3月が終わって年度が越えられた。年度末長いな~(笑) DAA(直接作用型抗 …

C型肝炎の経口剤治療、6週間で高い効果 Lancet誌電子版(20150112)

いやはや参った。すでに海外ではソフォスビル+レディパスビルの組み合わせが認可にな …

BMS(ブリストルマイヤーズ)の経口2剤(スンベプラ、ダクルインザ)が承認されました

あっ、書こう書こうと思っていたらもう7月も半ば(汗 すでに遅いきがしますが、末席 …

no image
いらっしゃーぃ、たま爺

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 自己申告 …

9/7(日) 宮川庚子記念研究財団 第18回肝臓病医療講演会 決定!

今年もやってきました 秋の肝炎治療の最新情報を聞くことができる、宮川庚子記念研究 …

プロテアーゼ阻害剤の話をしよう、その4

Summer on paper bag / normanack そろそろねたがつ …

ソバルディの添付文書を読んでみる

 ちょっと気になったのでソバルディの添付文書見てみました。  ずっと昔はお薬をも …