あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

渋谷で行われた、宮川庚子記念研究財団 第16回肝臓病医療講演会「B型C型慢性肝炎治療の現状と将来の展望」行ってきました

      2013/07/19


North Indian Thali / シャハラ – Shahoo

各所でレポートが上がっていますが、9/4に渋谷で行われた宮川庚子記念研究財団 第16回肝臓病医療講演会「B型C型慢性肝炎治療の現状と将来の展望」行ってきました。さすが日本の重鎮、いろいろ深い情報が満載でした。でも熊田先生、いつものごとく話し方が機関銃のようで、ほんと聞くのが大変 (>_<) 

ひさしぶりに、渋谷でカレーのランチを食べました。
お腹いっぱいで歩くのがつらかった(大笑

当日の議事メモは以下のお仲間さんのところを参照してください。(すっかり人任せ)

akioさんのところ
9/4 熊田先生の講演会に参加しました~♪ – HCV(C型肝炎ウイルス)との闘い♪ – Yahoo!ブログ
さすが !

yokobueさんのところ
熊田先生の講演会と発表資料から-2型難治を中心にー – yokobueのブログ – Yahoo!ブログ
ありがとう

miyaさんのところ
2015年まで粘れるだろうか | My Seat & Yours  ~m’s blog~
するどい!

さて、いい加減なメモをとっていたので、いちおう残しておきます。(笑

C型の話

・10月または11月からテラビックが利用開始になる予定。
-N=50の3施設の結果。初回30%、再燃66%、無効4%でトータル94%のSVRの成績。
-再燃例で見ると90%のSVRの成績。前回一度ウィルスが消えた人はチャレンジしてほしい。
-前回無効例のTG/GGの成績があまりよくない。CORE70番が変異していると15.4までSVRが落ちる。(N=21)
-前回無効例でもPR24を48まで延長すると治療効果は56%まで上昇する。
なんかIL28Bとかの結果より、前回治療の再燃、無効でSVRの確立が変わるなんてなんがよくわからん

・虎の門のIL28Bの割合(TT77%、TG21%、GG1.4%)。
(わたしはTGだから21%のゾーン)

・今後は3剤が標準治療となる。

・前回無効例に対しては、SOC?(IFNλ)+プロテアーゼ阻害剤+NS5A阻害剤+リバの組み合わせ。
(HIVと同じように多剤のカクテル治療が行われるのでしょうかね)

・2015年までには全症例が治る時代が来る。
(これは期待したいなぁ。これから肝臓の病気の研究者は肝がんの抑制とか治療に向かうのでしょうね)

・今年度中に内服薬のP3の治験が始まる。
(耐性の問題がないのなら、ぜひ参加したいなあ ボソ)

・ブレークスルー(薬剤耐性)した際にも4例中(海外)PR48で全例が治っている。
(でも4例のデータを見るとみなIL28BがTTでIFNが効きやすいタイプじゃんかよ~、かなり不安)


B型の話

・ペガシス180μg48週でのSVRは19.5%。

・エンテカビルの結果は良好である。
-耐性株が出現した場合、アデホビル+ラミブジンで対応。(耐性株がでる確率1.5%)
-きかなかった場合は、テノフォビルで対応する。テノフォビルの治験が11月から開始予定。
(一部の病院では研究用に日本でも利用できるようになっている)

・まだ歴史が浅くて断定はできないが、核酸アナログ製剤を一生飲み続ければ大丈夫だと思われる。

・HBV-DNA量が4以上だと肝がんになりやすい。

・INFを間歇でやる。週2回、IFNα300万単位、12ヶ月以上。肝がんになる確率が下がる。

だいじなQ&A

沢山個別の病状の話などがあったのですが、自分聞きたいところだけ。

・米国でのテラプレビルの値段は高すぎだと思う。日本ではそうならないのではないか。
(1日10万とかだもんな、これは行き過ぎ)

・自分は薬事委員なのでここで正確な値段をいうとこはできない。米国と比較するとかなり安くなるのではないか
(たぶん薬価で1日1万円ぐらいと予想しています)

ひとまず。

詳しく、文字起こし下ものは、東京肝臓友の会に入会すると、年4回の冊子で紹介されます。まずは、
今回分だけと云う方も、最新号だけ手に入れることもできます。ご興味がある方はどうぞ。

東京肝臓友の会

今週はまたもや砂防会館の

”市民公開講座 C型肝炎は治せる時代へ!”

で虎の門病院の熊田先生の話の復習をしてこなきゃ。

市民公開講座 東京 | C型肝炎は治せる時代へ!
いくぜ!

さて、またもやお暇なかたランチを募集します。
お付き合いしてもいいよというかた、コメント欄からお願いします。
たいそうなものは食べませんが・・・・(^ ^;;

まいど同じみの、揚げ物ずき。
カロリーとり過ぎで、肝臓が白くなるとまずいんだけど、
いつものごとく、揚げ物を。

ハムカツ100円、揚げたてナリ
ハムカツ100円、揚げたてナリ Photo by cxq02002


季節の変わり目のせいか、体がすごくかゆいぞぉ~
はやく耐性の話をまとめないとなぁ

 - C型肝炎

Comment

  1. トマトっと より:

    ばんばんさん、いつも惜しみない情報を有難うございます。
    各阻害剤に対しての遺伝子別の耐性など複雑な事がわかってきているのですから、世界中の先生方に「詰めをお願いしまーす」と、祈りたいです。
    懐かしいハムカツが美味しそう・・・(ヨダレ)
    昔のソーセージみたいなハムなのでしようか???(#^.^#)

  2. ばんばん より:

    トマトっとさん
    おこんばんわ。そうそう、赤い食紅のついたやつ(苦笑
    また、懐かしい味でよかったですよ。

  3. アナログ より:

    ばんばん隊長こんばんは~♪
    渋谷での講演会は隊長やakioさん、yokobueさんが立派にアップされて嬉しいです♫ありがとうございます(^^)
    今日のランチは隊長に連れてって貰った渋谷でのカレーを思い出してナンカレーセットを食べました(^^)やっぱり一人で食べるより皆さんと食べる方が美味しいです♪
    連日の講演会大変お疲れ様です。痒みは大丈夫でしょうか?
    講演会の「後」はお風呂でさっぱりがいいでしょう(^-^)/
    明日は前期中間試験の結果が聞けます(^^;;

  4. miya より:

    ばんばんさん、ありがとうございます。
    テラプレビルでの治療をお考えの方は、主治医の先生とご相談するとはまた別に、是非ご自分の立場から講演会などでこの治療に詳しい先生のお話をきいてみた方がいいのではと思います。
    神奈川では、下記でも熊田先生のお話がきけるようです。
    「肝炎治療の今、そしてこれから」横浜講演会
    日時:平成23年9月23日(金)(午後1時開場)午後2時から4時まで
    会場:横浜市社会福祉センターホール(横浜市健康福祉センター4階)JR・横浜市営地下鉄 桜木町駅下車徒歩2分
    ・特別講演 :『肝炎治療の今 そしてこれから』 熊田博光先生(虎の門病院分院長)
    質疑応答
    ・総合司会: 田中克明先生 (横浜市大付属市民総合医療センター 教授)
    ・神奈川県職員による助成制度について
    http://shinkanren.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/09/post_cfe8.html

  5. ばんばん より:

    アナログさん
    渋谷ではありがとうございます。いい結果がでますよに!
    miyaさん
    いつもありがとうございます。
    熊田先生、講演会ラッシュですね。
    ほんと、実施に足をはこぶと、あれって情報が得られたりしますから、結構お勧めだったりします。

  関連記事

減らせ肝臓がん 飲み薬だけでC型肝炎を治療 (映像解説) 日本経済新聞より

 インターフェロンフリー(無し)の治療の簡単な動画が公開されていましたので紹介し …

ばたばた週末。国府台病院へ参る

Woke Up, Ate, Made Some Noise, Chased a …

渋谷区医師会・東海大学東京病院合同講演会 「肝臓病教室」 10/1土開催

Typhoon Chanchu hits south China / born1 …

no image
インターフェロン治療の助成について

C型肝炎に使われるインターフェロンの治療は、数回の投与で治る人もいれば、長期にわ …

ソバルディ、ハーボニーの薬価が値下げになるかもしれない

秋口から騒いでいた薬価の値下げの話が始まるようですね。 特例拡大再算定 対象はプ …

テラビック(テラプレビル)の薬価が発表されたので、治療費を計算してみよう!

手回し計算機 / monoooki 寒いぞ~、 一気に冬の最初が来た感じ テラビ …

肝炎ウィスルの検査をしよう。いまなら2011年3月まで無料なり

banksy – peaceful hearts doctor &# …

むっちゃ寒いど~、でも今日は、東大医科学研究所に行くんだもんね

Photo by Ian Sane ああ、忘れてた。今月は虎ノ門へいったんだっけ …

no image
「きっとかなう夢のために・肝臓病講演」-講演資料の公開について

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 先日のに …

2ヶ月に一度の虎ノ門詣。とりあえず何も動き無し

Who are you what is this why me? / E. E. …