あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

テラビック(テラプレビル)の薬価が発表されたので、治療費を計算してみよう!

      2013/07/19


手回し計算機 / monoooki

寒いぞ~、 一気に冬の最初が来た感じ

テラビックの薬価が発表されたので、ちょいと治療費を計算してみましょう。

入る前にちょっと休憩。
どないして、テラビックの薬価がこのあたりに納まったか考えてみましょう。(私見です)

本来なら、製薬会社は特効薬みたなものだから、個別に薬価を算出して、米国並みの高い薬価で申請したかったんだろうけど、あまり高すぎると治療費の助成が得られなくなるなんて考えが働いたのかもしれませんね。

今回は、同じような薬と比較して、薬価を計算して、それに有用性加算40%(効果があると認められる場合に適用)を乗せた計算されたようです。同じような薬というのが、おなじみのリバビリン。おなじC型肝炎を治療する薬ということで比較対象が選ばれたみたいです。

実際は薬価で比較と、テラビックが1422.10円vs764.6円と約2倍の開きがありますけどね。40%以上な感じですが、やっぱり凄く効果がある薬なので・・・(それにしてもこうして計算すると高い)

さて、本題へ

とても暗算はできないので、Excel君にお願いして。
一番上が、テラビック、レベトール、ペグイントロンと続きます。

テラビックの薬価は250mg1錠の値段なので、1回3錠、x朝昼晩の8時間おきに3回となるので、1日のお薬代は9倍になります。

    薬価   小計
テラビック 1回750mg、
1日3回
1,422.10 9 12,799
         
1週間 7     89,592
4週間 4     358,369
12週間 12     1,075,108
         
3割負担 30%     322,532
         
         
レベトール 60kg以上、
1回2錠、朝晩
764.6 4 3,058
         
1週間 7     21,409
4週間 4     85,635
12週間 12     256,906
24週間 24     513,811
         
3割負担 30%     154,143
         
         
ペグイントロン 100μg/0.5mL、
75kgまで
29,550.0 1 29,550
         
1週間 1     29,550
4週間 4     118,200
12週間 12     354,600
24週間 24     709,200
         
3割負担 30%     212,760
         
1ヶ月当たり(最初の3ヶ月)       168,661
1ヶ月当たり(3ヶ月以降)       61,151
24週間合計       689,436


細かくは表を見ていただいて、保険適用後(3割負担)のお薬の代だけでざっくり計算すると、約70万円ぐらいですね。

これには、入院(人による)費用や血液検査の費用、その他、副作用の診察費、お薬代は含まれていません。

これを加味すると、やっぱり90万~100万円ぐらいが治療費となると思います。


3剤併用治療は最初の12週間(3ヶ月)ですから、この時は、1ヶ月17万円+検査費諸々で20万円ぐらい。
残りのペグ+リバの12週間(3ヶ月)が6万円+検査費諸々で8~9万円ぐらいでしょうか。

私ぐらいの62kgぐらい男性で計算していますので、女性の場合はレベトール(リバビリン)が体重比で少なくなりますので、少し安くなると思います。
ペグイントロン(インターフェロン)も体重比で注射する量が変りますが、こちらはアンプル1本単位で、使わなかったお薬は病院で捨てちゃうので、値段は変りません。(ほんと、もったいないな)


お仲間のmiyaさんのところでも計算されていましたね。
いつもありがとうございます。

テラビック錠250mg、薬価予定決まる (11月25日収載予定) | My Seat & Yours  ~m’s blog~

実際には、高額医療費の対象となりますから、いま加入している保険の上限で止まることになります。
この上限とか高額医療費の適用条件は、治療する前に調べて置くことをお勧めします。

わたしのところの保険はケチ(。_゜☆\ で1医療機関1診療科でしか高額医療費の合算できないといく縛りがあって、前回のペグ+リバの時はお薬を院外処方して、治療費が思いっきり上がってしまいました。副作用のうつの治療費も出してくれなかったもんね。
もう一度ケチ(苦笑

↑これは、ご加入している保険によって変ります。ほんと確認しておかないと痛い目に遭いかねません。
(保険は難しいです)


また、C型肝炎治療の助成は現在は、収入によって変りますが、1万円又は2万円が上限となりますので、助成の話が決まれ、もう少し実際に支払うお金は少なくなると思います。(3剤併用治療の助成はまだ決まっていません。助成を検討してるという話は講演会でよく耳にするので、おいおい発表されると思います。この値段で収まってくれるとありがたいのですが・・・)

決まったら、助成に関しては各県の保健所等毎で書類などの対応が変るので、該当する保健所等で聞くのが一番だと思います。 
(はやく決まれ~)

本日は数字を見て頭を使いすぎてたので、この辺で。 

2011-11-18 04:00:35
2011-11-18 04:00:35 Photo by cxq02002

風邪引いてまんねん。餃子くってがんばるぞ~

いつも通りのおにぎりで朝飯
いつも通りのおにぎりで朝飯 Photo by cxq02002

週末はおにぎりもってお散歩しています。

それにしても、先週から悪寒と咳が止まらないぞ~
(加齢による身体劣化とも云ふ orz )

 - C型肝炎

Comment

  1. ああっ~とねいちゃん より:

    ほんま、、急にさぶくなったのであったかくしてお大事にね~
    間違いなんて誰にでもあるもん♪私なんぞエクセルで数値うち間違ってめんたまむいた書類どえりゃ~会議で提出、、なんてことあり(笑)人の命にかかわることじゃなかったので後で訂正すればっていう許容範囲ですよね。それにしてもお高いから助成が一刻も早くできることを願います☆
    人間だもの、私見だろうがなんだろうがOKOKだって思いまする~ いつもいつもありがとうございますm(__)m
    栄養とってリラックスリラックスでええ休日を☆

  2. 匿名 より:

    うわっ★ばんばんさん、お風邪でしょかぁ?!
    ・・・急に冷えて来たしぃ、お仕事ハードそぉだしぃ・・・
    でも餃子の焼き加減、いい感じっ♪なので、元気UP↑UP↑になりますようにぃ・・・祈☆
    あ”♪テラオくんの薬価☆
    エクセルで見やすく表示下さり、有難うございましゅ(m m)
    ・・・やっぱ助成して頂かないと、私の保健もケチだかんなぁ・・・
    ってぇ、わたしゃ使わない・・・てかぁ使えないっつぅ~の★
    ラッキ~♪

  3. JIROU より:

    いつもありがとうさんです。
    隊長の話は本当に分かりやすい。
    肝炎で悩んでいる人は一刻も早く遺伝子検査を受けて
    治る可能性が高ければ治療に踏み切った方がいいよ。
    肝炎は進むことはあっても止まっていません。
    私も西宮(甲子園)から国府台病院に行きました。
    県立病院の先生からは意味がないと言われたけれどね。
    何で「僕」に効かないのって疑問に思っていました。
    しかし、検査の結果が科学的に教えてくれました。
    特に血小板が13万ぐらいの人はすぐに治療に踏み切って下さい。
    治療中も肝癌が出てくることはよくあるということです。
    僕みたいになるぞ!早く! 早く! 人生は一度きりですよ!

  4. ばんばん より:

    ああっ~とねいちゃん
    助成は巻がはいっているようすよ。当初はなくても、以前のように巻き戻して助成てのも話がありますし。
    急いては事を仕損じるともいいますし、待てるならちょこっとだけでも待ちましょう。
    めぐさん
    餃子たべませう。きっと大丈夫。このまま逃げ切りを期待して待ちましょう。
    JIROUさん
    おお、国府台にいきましたか。
    どうせわかっても意味が無いという先生もいらっしゃいますが、やっぱり治療する前にどのぐらい治るかという確率がわかるのと分からないのでは、治療の望む覚悟がかわりますもんね。
    また、検査の結果次第では治療方針が大幅に変わります。
    ほんど、全国で簡単にできるようになるといいと私は思います。
    (人によって分からないほうがいいという方もいらっしゃいますが・・・)

  5. YUKO より:

    ばんばんさん、こんにちは~♪
    わお、咳と悪寒だなんて大丈夫じゃないです!!ちゃんと病院行ってくださいよ。
    テラちゃんの薬価、わかりやすく解説ありがとうございます。いつもいつも申し訳ない、と思いつつお言葉に甘えて頼ってます(^^ゞ
    今はどこの健保も厳しいからケチだと思いますよ。やっぱり助成してもらわないと治療できません。これはテラに限らずですが・・・・いろんな縛りも無くして欲しいです。
    暖かくして、早く風邪が治りますように!!

  6. sin より:

     昨日(22日)厚労省第2回肝炎治療戦略会議が開催され、テラビックを使った治療に医療費助成することが決まりました。
     私のブログに傍聴報告を掲載しました。
     テラビックですが、重篤な副作用(有害事象)の頻度が他の抗ウイルス剤よりも高く、メーカーから納入する医療機関に制限が課せられます。
     地方では、大学病院くらいしかこの治療法ができないようです。
     会議が始まる前に、座長との「雑談」で、私が徳島では大学病院くらいしか治療ができないと患者会から相談を受けたがと話を向けると高知県でもそうなりそうだとおっしゃっておられました。
     メリットも大きな薬ですが、三か月間(特に皮膚疾患は1か月すぐからのようですが)、有害事象に厳重な注意が必要な大きなデメリットもあるようです。

  7. miya より:

    ばんばんさん、今日はゆっくりできましたか、お風邪早くなおりますように。
    そうそう、助成きまったようですね、私もそう聞きました。
    転院しなくてはいけない場合もあるから、よく調べてからじゃないと治療できませんね。
    高額療養費は、昨年くらいから、一定以上の金額なら科毎じゃなく合算してくれるようになったみたいですよ。今年入院した時、2科外来分合わせてくれて知りました。健保組合により、また病院によって扱いが多少ちがうようですが、某会社の健保組合の人もそうで、思ったより戻ってきたと言ってました。

  8. うめ より:

    ご無沙汰しています。新薬待ちのうめです。風邪早く治してくださいね。
    100万円の治療費、高いです。前回の治療も毎回万札がお財布からなくなり、悲しくなりました。でも、医療費助成が決まったようで、良かったですね。
    遺伝子検査に関しては、いろいろな考え方があると思いますが、個人的には調べて良かったと思っています。時間もお金もかかる治療ですから、納得して治療したいと思います。

  9. ばんばん より:

    YUKOさん
    ありがとうございます。早く病院にいかねば(苦笑
    sinさん
    いつもありがとうございます。
    やっぱり、地方に各県1病院ぐらいですかね。もう少しなんとかならんかなぁ。やっぱり、副作用の件もあるし、症例が集まる半年は様子見でまったほうがいいような気がします。
    助成が同時にきまったのはいいことだ。
    miyaさん
    おお、そうでしたか。うちの健保も確認してみないとなぁ。
    うめさん
    お久しぶりです。そうですね。納得して治療をしたいと私も思います。
    今回も、治療の助成あるそうなのでちょっと待ちましょう。
    はやく、もっと優しい治療がでてこないかな。

  10. ヒャラリコブ より:

    今日T病院の検診日でした。私は前回お話しましたがこの11月から3剤での治療をK先生から積極的に勧められていた者です。
    しかし今日・・先生から「待った」の声がかかりました。先生はなんとも歯切れが悪くいつもの熱い姿勢が伝わりませんでした。どうもなにかテラビックにあった感じです。皮膚疾患についてはもとからかなり重篤な副作用ありと覚悟していましたし先生のさじ加減ひとつ、腕のみせどころ・・などとご自身で仰ってたのですが。T先生いかがされたのでしょう・・それとも本日 陛下の御退院で病院自体がかなり混乱していた様子もありましたが・・
    テラビック、どうなんでしょうねえ・・?

  11. Kawanishi より:

    遺伝子の検査は100%ではないところが議論の出るところだなあと思っています。実際にインターフェロンをやってみて治療効果で判定することの方が確実ということからしないでいいというのはある意味あたりです。お金もかかるし、無料と言っても研究費などが使われるのでその協力であればもちろん歓迎ですしね。他にも遺伝子の検査は、まだ、微妙なバランスがあります(その遺伝子が他の病気になることを知ることになる遺伝子であったりとまだ奥が深いこともあります)。
    インターフェロン治療を納得するために測定する方もいるでしょう。結果、治療効果がいいから頑張るという人はもちろんいいのかもしれないですが、効かないという人の中に効く人がいることが切ないのです。効かないと思ってがんばるより、最初から治療効果で考えるようって方がいいって意味なんです、ややこしいですねえ。
    治療効果が悪くても、インターフェロンすることで進展予防などの効果もありってやっとデータが出てきていますし、どうせやるなら調べなくても治療効果でわかるからいらないってなるし。
    治療費の無料化や少量長期などがしやすくなると遺伝子調べなくても効果判定でわかるから遺伝子検査はいらなくなるだろうと思ってるけど、まだそこまでいかないしね。
    なんだか、いろいろ、考えるとこんがらかるのですが、研究などで分析するために以外には、私も今はまだ測らないでいい派です。この辺はいろんな考え方があるので、よく納得したうえで、測定して欲しいと受診するのはもちろん構わないと思います。
    うーん、書いていて意味がわかりにくいと思う自分がいますが、自分ならお金は違うことにまだ使った方がいいと思うってことですね。

  12. ばんばん より:

    kawanishi先生
    いつもありがとうございます。
    いや、基本IL28とかCoreってIFNの感受性やらを見るもので、確率も80%と完全ではないんですよね。
    分かった上で、わたしとかの場合はもう無駄打ち(表現がわるい)したくないし、きつい治療は耐えられないと思うので、できれば、最後の1回で終わらせようとあがいてるんですね。
    たしかに、糖尿や、アルツハイマーの因子まで分かってしまいますのえ、余計なお世話やとう意見もわかります。
    もっと一撃で効く、体にもお財布にも優しい治療法が確立されれば、こんな検査なんてすることないと私も思います。

  13. めぐ より:

    ばんばんさん☆こんにちはぁ♪
    ↑名無しでコメし、失礼しちまった・・・めぐでしゅ★
    うぉ~っ=3
    遺伝子検査は、糖尿やアルツハイマーの因子も分ってしまうのですね・・・ショ~ック☆
    私の病院、「遺伝子検査、無料実施中~♪(←研究費で)」
    ・・・ってぇ何かにつけ、検査勧めて来るんだぁ・・・☆
    主治医、おとぼけ系を装いつつ・・・意外と腹黒いぞぃ!!!!(爆~♪)
    未検査の私は、きっと反抗系↓↓↓
    ・・・てぇどうでも良い話で、何度もお邪魔しましたぁ・・・ペコリ☆
    ばんばんさんのお風邪、早く治りますようにぃ・・・祈♪

  14. ばんばん より:

    めぐさん
    おこんばわでしゅ。
    そうなんですよ。他にもゴニョゴニョがわかったりするらしいです。でもね、遺伝子はいまの医学では変えられないので、覚悟だけになりますよ(苦笑
    かぜよくならんですよ。
    がんばってラーメン食べないと(大笑

  15. Kawanishi より:

    そうなんですよね、もうこれ以上無駄打ち、せずに一発で決められる治療につながる仕組みがあれば、これができるまでは、やれることをやりつついい治療と環境を求めていかないとね。
    私も、IFNがしんどい患者さんたくさんいるので、何とか少しでも楽に効果的な治療法を見つけて行きたいです。絶対に治せる治療がきっと出てくると信じています。いつになるかが問題だけど。。。う、暗くなりそう。
    でも、いまの流れだと十分可能性が有るから、
    そのうち遺伝子も変えられるようになるんでしょうなあ。いつの時代かわからないけど。そのときの感覚ってどんななんだろう。。。って、想像だけしてみます。

  16. sin より:

     遺伝子検査、しなくて済むなら、ということで大阪などでの講演会では、インターフェロンの反応性をみる。1回打って、ウイルス量の減少が2ログ以上あるなら、OKとか。
     最近では、武蔵野日赤の泉先生らが、データマイニングをつかった効果予測などの論文をまとめておられます。
     国府台病院の「肝炎情報センター」のサイトに、最新情報が掲載されています。
     http://www.ncgm.go.jp/center/formedsp_new.html

  17. sin より:

     まだまだ時間がかかりますが、インターフェロンに頼らないでもウイルスの排除率が相当高くなるお薬の開発も進められています。
    http://www.yomiuri.co.jp/adv/enterprises/release/detail/00027033.htm
     それまでの対応をどうするか、インターフェロンの少量長期、除鉄・鉄制限、血糖・脂肪対策等々、いろいろ目を向けるべきでしょう。

  18. アナログ より:

    ばんばん隊長こんにちは~(^^)
    いつもいつも我々仲間のためにいっぱいの記事を書いてくださりありがとう♪
    本当に感謝しております!
    コメントをよせなくても、ばんばんさんのブログを訪ねる皆さんは同じお気持ちだと確信しております(^^)
    隊長…風邪は大丈夫?…かぜは万病の元…温かくして、しっかり治しましょう!
    そうそう「B級グルメを食す会」を企画しましょう\(^o^)/
    今回は「うどん」…風邪を治して行きましょう~♪

  19. ばんばん より:

    ヒャラリコブさん
    なんでなんでしょうね。かなり病院も絞っているみたいだし。T病院は専門なんで大丈夫だと思うのですが、貧血などの症状がでやすいので、ちょっと様子見なのかもしれません。
    sinさん
    ありがとうございます。泉先生のやつ、いま記事書いてるところです。もっちと詰めめたらアップします。
    アナログさん
    麺、麺、麺、麺食べないなと元気なくなりまする。
    うどーーーーん、食べませう。

  20. akio より:

    ばんばんさん、こんばんは~♪
    風邪はもうよくなりましたか~?
    まだだったら、週末ゆっくりしてくださいね~!
    さて、テラビックに助成がついて良かったです。
    この調子で、今後、登場する新薬についても、
    “新発売即助成”が当然になってほしいです。
    ラーメンと言えば、昨日の夕食は、はしごの坦坦麺でした!
    最後にスープにご飯を入れて、おじやにして食べましたよ。
    11時過ぎなのに満席で、すごい人気ですね。
    また一緒に食べにいきましょうね~!
    ではまた~♪

  21. ばんばん より:

    akioさん
    麺たべませう。さすれば、横じゃなくて、縦に伸びます(嘘
    横に増えると、肝臓に悪いので、気をつけましょう(笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
インターフェロンについて

C型肝炎の治療に使われるインターフェロンの効果については、いろいろな条件が重なる …

C型肝炎は後22年(2036年)には希少疾患に

 ちょっと面白い報告書を見つけたので紹介しておきます。 The changing …

IL-28Bの検査ができる病院がちょっと分かったから、紹介しておきます

Eye Spy / Army Medicine なかなか風邪が抜けません。免疫力 …

むっちゃ寒いど~、でも今日は、東大医科学研究所に行くんだもんね

Photo by Ian Sane ああ、忘れてた。今月は虎ノ門へいったんだっけ …

C型肝炎の新薬の対象はジェノタイプ1型~6型が対象

また気の早い話ですが、C型肝炎治療の次の新薬の情報を少し眺めてみましょう。 (ご …

東京肝臓友の会 医療講演会 「肝炎・肝硬変・肝がんの栄養治療について」は7/10 日曜日だよ

DPP_3207 / U.S. Embassy Tokyo 先週末は、初夏のよう …

no image
2ヶ月ぶりの検診結果

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 本日は、 …

2013/12/14 14:00~ 国府台病院 第12回 肝臓病教室

ちょっと今日も朝はお暇モードなので今週3投目 ちょっと国府台病院の肝臓病教室は面 …

no image
献血と輸血について

現在、薬害C型肝炎問題が注目され、むかし輸血を受けたことがある人は、C型肝炎ウイ …

1日数杯のコーヒーは、肝疾患の進行を妨げる 米研究

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 毎度のコ …