あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

C型慢性肝炎を治療した場合の治癒する確率をデータマイニング手法から調べてみよう

      2013/07/19


sleepwalkers beneath the Easter moon twilight balance each ? other upon a high see-saw / oedipusphinx ? ? ? ? theJWDban

本日は、 ”~みよう”シリーズその2ナリ。

さて、なかなか遺伝子検査ばっかりでそんなもんしたくないし、
地方だと検査を受けるところもないよ。なんて話をお聞きします。

このため、沢山の症例から、データを分析してC型肝炎を治療したときに、
治る確率がわからないかと研究した方がいました。

ここでも何度か、紹介したことのある武蔵野赤十字病院の泉並木先生の研究です。

昨年から何度も講演会で話を聞いたり、木更津の肝臓専門医の早坂先生の講演会でもお聞きして、資料がどこかにないかとあさっていましたら、やっと公開されたようです。(sinさん、Mさんありがとうです)

独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター│肝臓専門医向け最新情報


肝臓専門医向けの資料ですが、ざっくり読む分は大丈夫ですで、ちょっと見ていきましょう。
中の資料は、肝がんの確率の分析なんてものあるのですが、まずは治療の治癒率を見てみます。


この資料のデータはいままでのペグ+リバの2剤併用治療の場合に治癒率なので、これから治療が始まるテラビックを用いた三在併用治療の場合のものではないのに注意してください。

新しいテラビックを用いた治療は、治癒率も高いですが、副作用なんかの影響もあり、治療も始まってないことから、もう少したたないと全体の治癒率がでてこないと思います。


治療の前に、いまの標準治療で、どんだけ治るんじゃーの割合を知っておくことは私はいいことだと思います。
あくまでも沢山の数字を集めて統計処理をしたものなので、”確率”です。


ちょっと先が長くなりましたが、早速見てみましょう。


一般検査を用いたペグインターフェロン・リバビリン併用療法の治療効果予測モデル
*出典:独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター│肝臓専門医向け最新情報図4b 治療効果予測モデルの使い方

—-条件—–
60歳の男性
Genotype1b型、
HCV RNA が6.5 LogIU/ml
血小板数が14.7万/μl
アルブミン値が3.6 g/dl
ASTが46 IU/L
γ-GTPが 34 IU/L
—-条件ここまで—-

この青い線をたどっていくと最終的に、ペグリバを行った際の治癒率が分かります。この方の場合、”ペグインターフェロン・リバビリン併用療法を行えば72%の確率でSVRで得られます”

さっ、自分の誕生日をメモして(。_゜☆\ 、近々の血液検査結果の用紙を持ってきて、さっそく、これに当てはめてみましょう。
さて、どんなもんかいな。


ちょっと、いやな方も見ておきましょう。
もし、この方はなにもしなかった場合に肝がんの発症率は?

fig4a[1].gif
*出典:独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター│肝臓専門医向け最新情報|図4a 発癌リスク予測モデルの使い方

この方の場合、これからなにもしないと、5年間以内に20.9%の確率で肝がんが発生します。
結構な確率ですよね。5人に1人の確率。
なにも検査をしなくても、これだけのことが分かるようになったんですよね。

これだけの症例を集めて、データを解析するには、さぞ大変だった思います。
この肝がんの発症率は、これからの治療方針にも役立てることができます。

発症率が1%なら許容できるけど、7%なら危ないな。と思えば、早めにウィルスを完全駆除する治療を行ってもいいですし、IFN少量治療を行い。肝臓をいたわりながら、次の治療を末という選択も考えられます。

さて、最後にもう一つ、人側の遺伝子の検査は非常にハードルが高いですが、ウィルス側の遺伝子検査は、人側の遺伝子検査よりハードルが低いところもあるので、こちらから、治療の治癒率もみておきましょう。

”C型肝炎ウイルス遺伝子解析を含むペグインターフェロン・リバビリン併用療法の治療効果予測モデル”

fig5[1].gif
*出典:独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター│肝臓専門医向け最新情報

私の場合でやってみましょうか。

—-条件—-
ISDRは0-1
年齢は46歳
Core70変異
LDLコレステロール176mg
繊維化F3
—-条件おわり—-

これを上の予測モデルに当てはめるとCore70が変異しているところで右側に流れて36%が私が治療を行った場合の治癒率になります。やっぱり五割はなかったんですよね。

いろいろ解析モデルがあるようですが、あとは、リンク先のページで確認してみてください。
以前は、このリーフレットが配られるような話を聞きましたが、テラビックが認可となってどうなるか情報がありません。リーフレットが配られるといいなぁ。

これからも、この研究がすすむと、他の治癒の因子などが明らかになる可能性もあります。
このような研究がどんどん進むといいな。


ひとまず

相変わらず、蕎麦ばっかり

げそ天そば
げそ天そば Photo by cxq02002

鍋の残りの朝ご飯はうまいんだな。

昨日の鍋の残りで朝ご飯
昨日の鍋の残りで朝ご飯 Photo by cxq02002

さて月曜日、がんばらないように、ぼちぼちいきませう。

 - C型肝炎

Comment

  1. kawanishi より:

    そうなんですよね。泉先生の話を聞いて、私も自信を持って患者さんに治療をどうしていくといいですよーって言いやすくなりました。
    こういう臨床医向けの話がたくさん出てきてくれるのは本当にありがたいです。こつこつと患者さんとの経験を積み重ねていきたいと思います。

  2. ばんばん より:

    kawanishi先生
    そう、もう少し早く表にでてくると思ったら、この論文時間がかかりましたね。
    でも、簡単に治療効果がわかったり、肝がんになる確率がわかるので、いまの自分を把握する上ではものすごく良い資料だと思います。
    講演会では、患者さんも見られるようなリーフを作るような話が出ていたのですが、早くできるといいなあと思います。

  3. てんま より:

    天そばというか、外食は肝臓でダウンしてから食べないですねえ。月島でラーメン食べましたが。
    月に一度くらいですか。
    レンタルブログの旅が終わって、MTだけにしました。
    ブログブームも終わりましたが。

  4. ばんばん より:

    てんまさん
    おひさです。あて、船橋自転車こげこげツアーをお待ちしています。
    60kmぐらいだから、たぶん大丈夫(笑

  5. 前向き より:

    隊長、南極より大変な難局だったね~、5963。
    (from キムタク似 with lo~ve)
    たまには立ち寄りそば したあるよ。
    always 三丁目の夕日風なブログを いつもありが103。
    各数値が良いときは、蕎麦も食しておったが、最近の検査で、血清鉄が多い(フェリチンはOK)ので、蕎麦も、控え うどんにせりになずなり、とほほ。
    「風に立つ ライオン目指せ ばんばん爺」

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

国立国際医療研究センター国府台病院で行われた、第3回肝臓病教室にいってきました。

病院 / Max Braun お蔵入になる前に、放出しておきます。9月のはじめか …

no image
薬害C型肝炎訴訟の道のり

薬害C型肝炎訴訟について、見てみましょう。 血液製剤フィブリノゲンによって、C型 …

今日は、市民公開講座 C型肝炎を治そう!でお勉強なり

Photo by woopsdez 前回のシンポジウムもまだ書いてないのに、また …

肝硬変治療薬(開発名:ND-L02-s0201)がFDAで優先審査指定。

ちょっと期待できそうなニュースを見たので紹介しておきます。 肝硬変治療薬(開発名 …

武蔵野赤十字病院 東京都肝疾患診察連携拠点病院事業、肝疾患相談センター公開講座「肝炎・肝がんの最新治療と日常の注意点」にいってきたぞ

元の湯@武蔵境 / super overdrive 秋の講演会ラッシュ。ちと疲れ …

シメプレビル(商品名:ソブリアード)含む3剤併用療法がC型肝炎治療の第一選択になる

ちょっと、興味深い講演会があったようなので、紹介しておきます。 テラビックからソ …

BMS(ブリストルマイヤーズ)の経口2剤(スンベプラ、ダクルインザ)が承認されました

あっ、書こう書こうと思っていたらもう7月も半ば(汗 すでに遅いきがしますが、末席 …

C型肝炎患者も立ち上がる。カルテなくても給付金を 患者ら提訴へ

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ B型肝炎 …

Sofosbuvir(ソフスブビア)とLedipasvir(レディパスビル)の治験結果の紹介 ~第64回米国肝臓学会議 (AASLD 2013)より

AASLD / butter1225 やっと書く時間が取れたので、気になる薬の治 …

テラプレビル(テラビック)が製造販売承認されたので、いまでの治験の結果をまとめてみる

お、怒ってるのかな??? / anko.gaku_ula 寒くなりましたね。 そ …