あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

BMSの経口2剤(BMS-790052とBMS-650032)のフェーズ3の治験が始まる場所が公開されましたので病院を想像してみる

      2013/07/19


Hospital do Suburbio / Fotos Gov/Ba

IFN治療ができない方、副作用の問題がある方、高齢の体力が心配な方が待っている夢(もしかすると、ほんとに夢のままで終わるかもしれない)経口2剤によるC型慢性肝炎治療。

通称のみのみの治験の場所の情報が記載されたと、影の方から情報をいただきましたので、どこの病院なのか早速考えてみます。
(みなさま、いろいろありがとうございます)

やっと、プロテアーゼ阻害剤のテラプレビルによる3剤併用のC型慢性肝炎の治療が認可されて、治療が各病院ではじまったばかりですが、その裏でちゃくちゃくと飲み薬だけで、C型慢性肝炎の治療ができるお薬の治験が進んでいます。

A Phase 3 Study in Combination With BMS-790052 and BMS-650032 in Japanese Hepatitis C Virus (HCV) Patients – Full Text View – ClinicalTrials.gov

通称:のみのみ!のフェーズ3の場所が決まったみたいです

今回のフェーズ3の治験は、BMS(ブリストル・マイヤーズ スクイブ)のお薬でBMS-790052とBMS-650032という、C型肝炎ウィスルが増殖するのに必要なタンパク質を阻害する阻害薬を組み合わせた、飲み薬だけで治療ができるかもしれないという夢の薬です。
昨年からフェーズ2の治験が始まり全国3カ所の病院で行われ、結果が良かったため、フェーズ3となり、全国の病院で治験が開始されるようです。

今回の募集は、このサイトからは200名と表記されているようです(数はもう少し増えるかも・・・) 

以前は、Japanだけで止まっていたのですが、場所が推定できな買ったのですが、今回は郵便番号等のロケーションが記載されました。

Not yet recruitingと表記されている病院がまだ募集をしていないところ、Recruitingが募集中です。資料がちょっと古いかもしれないので、すでに全ての病院で募集が開始されているかもしれません。

 郵便番号と住所から病院名を考えてみましょう。
(日本全国なの土地勘が無いぶん、病院を記述するかもしれません) 
 

項番 状態 Location 病院名(推測)
011 Not yet recruiting Nagoya Aichi Japan 466-8550 名古屋大学病院
003 Not yet recruiting Chiba-Shi Chiba Japan 千葉大学医学部附属病院
022 Recruiting Fukuoka-Shi Fukuoka Japan 810-0065 九州医療センター
020 Recruiting Kurume Fukuoka Japan 久留米大学病院
012 Recruiting Ogaki-Shi Gifu Japan 503-8502 大垣市民病院
018 Recruiting Hiroshima City Hiroshima Japan 734-0037 広島大学病院
001 Recruiting Sapporo-Shi Hokkaido Japan060-0033 札幌厚生病院
016 Not yet recruiting Amagasaki-Shi Hyogo Japan 660-0064 関西労災病院
009 Recruiting Kanazawa-Shi Ishikawa Japan920-8641 金沢大学病院
019 Not yet recruiting Takamatsu-City Kagawa Japan 香川県立中央病院
023 Not yet recruiting Kagoshima-Shi Kagoshima Japan 890-8520 鹿児島大学病院
008 Not yet recruiting Kawasaki-Shi Kanagawa Japan213-8587 虎の門病院分院
024 Not yet recruiting Sendai-Shi Miyagi Japan980-8574 東北大学病院
017 Recruiting Okayama-Shi Okayama Japan 700-0082 岡山大学病院
021 Not yet recruiting Osaka-Sayama City Osaka Japan 589-8511 近畿大学病院
015 Recruiting Osaka-Shi Osaka Japan 545-8586 大阪市立大病院
013 Recruiting Suita Osaka Japan564-0013 済生会吹田病院
014 Not yet recruiting Suita-Shi Osaka Japan 大阪大学医学部附属病院
002 Not yet recruiting Iruma-Gun Saitama Japan 350-0495 埼玉医大病院
005 Not yet recruiting Bunkyo-Ku Tokyo Japan113-8655 東京大学病院
007 Recruiting Minato-Ku Tokyo Japan 105-0001 虎の門病院
004 Not yet recruiting Musashino-Shi Tokyo Japan 180-0023 武蔵野赤十字病院
010 Not yet recruiting Chuo-Shi Yamanashi Japan 409-3898 山梨大学医学部付属病院
006 Not yet recruiting Tokyo Japan142 昭和大学病院


24拠点ですから、前回の3拠点と比較してかなり数が多くなっています。うれしいですね。
200名の募集ということなので、1拠点あたり8~10名ぐらいの人数になると考えられます。
やはり、大手どころ、肝疾患診療連携拠点病院が多いような気がします。

わたしの身近な東京近郊だと、虎の門、虎の門分院、埼玉医大、東大病院、武蔵野赤十字、昭和大学といったところでしょうか?
対象は、前回無効例(ペグ+リバの2剤併用治療をやってウィルス量の減少が2log未満だった人。
いわいる、超難治例という方が対象です。もしかすると、このほかに病歴などのチェックがはいっているかもしれません。 


以前経験したんですけど、人気の治験(?)って、募集が始まる前から病院内で、患者の選定や内々で募集が始まっていたりします。
蓋をあけて、患者さんがぜんぜん居ませんでしたなんて、状態にならないように、病院も治験を行う製薬会社もキチンをデータが集まるような患者さんの選定を考えているようです。

いまからでは遅いかもしれませんが、現在通院されている方は、担当の主治医に聞いてみるといいかもしれませんよ~。
私は、対象外です(T^T)

では治験がうまくいったとして、この経口2剤が世の中にでてくることを考える期間は・・・というと(これも想定)

24週の治療+経過観察期間24週。それから審査期間ですから通常(今回のテラビックの優先審査)を考えると+2年。
このフェーズ3の治験の結果がうまく行けば3年ぐらいでインターフェロンを使わない夢の治療が認可になるかもしれません。
(プロテアーゼ阻害剤のテラビックを推進した虎の門病院の熊田先生が世界1早い認可を目指すという噂もききますし、これよりも早くなるかもしれませんが・・・)

まあ、治験ですから、フェーズ2の時のような、肝臓の障害がでて途中で中止になると云う患者さんが多く発生すれば、この薬は表にでることはありません。

今回は、治験サイトから推定で病院名を想定していますので、間違っているかもしれません。
私が調べられるのはここまです。
通常、治験が始まっている病院では、治験を担当する部署に電話をすると募集状況を教えてくれたりします。興味のあるかたは、トライしてみるのもいいんじゃないでしょうか。


ひとまず

夢の話をしたので、もうひとつ夢の話を!

asahi.com(朝日新聞社):ヒトiPS細胞からつくった肝臓細胞、市販へ – サイエンス

これも又夢の人工肝臓の種!


iPS細胞ってすごいなあ。人間のプラントでたとえると霞ヶ関1つぐらいの処理設備になる肝臓のとになる肝臓細胞を合成するなんて。
人工肝臓とはいかないまでも、新薬の開発ではかかせない細胞。はやく日本でできるようになるといいと思います。

この週末は、煮豚つくったり、自転車で散歩したり。

煮豚制作中、ちょっと勿体なぃ肉やなぁ
煮豚制作中、ちょっと勿体なぃ肉やなぁ Photo by cxq02002


ちょっと立春を過ぎて暖かくなってきたような気がします。
でも、今晩は雪とか。
まだ、2月ですもんね。風邪を引かないようにしないとなぁ。

さて、月曜日、今週もがんばりませう。 

 - C型肝炎

Comment

  1. akio より:

    ばんばんさん、こんばんは~♪
    とうとう発表になりましたか~!
    全国で24か所、日本各地に散らばっていますね。
    でも枠は200人だから、競争率が高そう~!
    私のエントリーがどうなったか、明日の診察で確認します。
    でも聞く前から、もうわかってますけどね。
    とにかく、一日も早い承認が待たれます。
    大人気の治験なので、速やかに開始されるでしょう。
    また、プロテアーゼ阻害剤をだいぶ減らしたので、
    P2で観察された肝障害も、かなり減ると思います。
    ばんばんさんの言われるように、
    順調にすすめば3年後には使えるようになるかもね~!
    いや、がんばって2014年中に前倒ししてほしいな~!
    ではまた~♪

  2. みやび より:

    ばんばんさん
    こんにちは(^^)
    本当に“夢の薬”ですよねー♪
    これですんなり3~5年くらいで
    一般に出回れば
    かなりの方が嬉しいですよね☆
    肝炎…すぐには悪化しないけど
    かなり厄介な病気ですので
    良い薬が出てくることを期待ですね!!

  3. ばんばん より:

    akioさん
    発表じゃなくて、想像ですからね。
    どこもこんな発表してくれませんよ(ケチ
    自分で調べなきゃね
    みやびさん
    こんちわ。そう、いまのところ、夢のお薬です。待てるなら、お医者さん、自分と相談して待ちましょう。
    待っている間にがんになるとかの確率はありますので、十分に考えてね。

ばんばん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

国府台病院 市民公開講座 第8回肝臓病教室 女性ホルモンがペグリバの併用療法に効果的らしい

ちょっと遅れたけど、平成24年12月1日(土)に行われた、国府台病院の肝臓病教室 …

シメプレビル(商品名:ソブリアード)含む3剤併用療法がC型肝炎治療の第一選択になる

ちょっと、興味深い講演会があったようなので、紹介しておきます。 テラビックからソ …

厚労省、C型肝炎治療薬ソブリアードカプセルの「重大な副作用」に敗血症と脳出血を追加

気になる記事があったのでちょっとだけ紹介をしておきます。   ソブリアードカプセ …

C型肝炎と鉄代謝異常、なんで鉄分が体に悪いのか?

Iron Smelting / hans s さて、遅くなりましたが、C型肝炎と …

C 型肝炎直接型抗ウイルス薬の「使用上の注意」の改訂について – From PMDA

1例死亡例が出て、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA:Pharmac …

no image
C型肝炎ウイルス検査を受けましょう

2008年1月17日、新聞折り込み広告に入っていた政府の広報をご覧になりましたか …

”糖尿病治療薬と肥満治療薬にC型肝炎の治療効果”というニュースが気になる

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 週末、ぐ …

肝炎とT細胞と亜鉛

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を庇護治療しているバンバンです。 ◇ 肝炎と亜鉛 …

アッヴィの経口C肝薬ヴィキラックスが製造認可承認されました

雨が続き8月の関東は低温続きで日本の夏は何処行った状態ですが、C型肝炎治療薬のニ …

市川市 市民公開講座”日本人のなぜ肝炎が多いか 肝炎治療と国府台病院の役割”に聞いてきたど~

昨年も聞いてきた市川市、公開市民講座(記事はここ)の今年度版。 去年はここでIL …