あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

平成24年B型C型慢性肝炎・肝硬変治療のガイドラインが発表されたのでちょっと紹介してみるよ(その5、補足編)

      2013/07/19


Sakura / Dr.Colossus

先日の台風なみの爆弾低気圧。いろいろと大変だったみたいで、
でも東京でも桜が咲いてきました。この週末あたりが結構いい感じかもですよ。

ちょっと、やり残した感がある、C型慢性肝炎の治療ガイドライン。
今回が最終回で、ちょっと補足資料でこのシリーズを最後にしたいと思います。


やっぱりみなさん気になるのは副作用。
特に今回のテラビックでは皮膚障害が大きな問題になっています。

では初回治療時の副作用の割合はどんなものなんでしょう。

初回治療副作用.gif
出典:H23年第7回厚生労働省、肝炎対策推進協議会の資料より

完遂できた方が約7割と、いままでのペグリバを用いた2剤併用療法とほぼイコールの割合です。
最後まで治療を続けられなかった方の割合が約3割。このなかで皮膚障害が8.7%となっています。結構な数字ですよね。
皮膚障害が出たときにグレード(ひどさ具合)は?

グレード別.gif 
出典:H23年第7回厚生労働省、肝炎対策推進協議会の資料より

グレード1(全体の50%迄)は、いままので2剤併用療法のペグリバと今回のテラビックを用いた3剤併用療法ではほぼイコール。
それ以上ひどくなる割合が、倍以上と大きく差が出ます。

このグレード2、グレード3の部分が問題で、皮膚科のお医者さんが必須になります。
初期は、塗り薬、ひどくなれば、飲み薬と使い分けることになります。

20120406.JPG
出典:H23年第7回厚生労働省、肝炎対策推進協議会の資料より

ステロイドの塗り薬で済んだ方が3割強、それ以降は、塗り薬+抗アレルギー剤、または、経口のステロイド薬を使うことになります。
経口のステロイド剤は、不眠等の副作用現われやすくなりますので、負担が大きくなります。
このあたりが問題で、いままでより副作用が大きいと云われることになります。

 

私の場合、前回のインターフェロン治療の時には湿疹がでましたが、塗り薬で収まりました。
今回のテラビックではひどくなりやすいので、初期にうまく対応する必要があります。


痒みがでた時点で、早め早めに対処するのが重要だというお話も聞いたことがあります。
どのように対処するかを、いっしょに治療を行う主治医と相談しておくといいと思います。

もうひとつ気になっていたのが、耐性の問題。 抗生物質の耐性などでも知ってる方が多いとおもいますが、お薬が効かなくなる奴ですね。
今回のテラビックを用いた3剤併用療法でも耐性が出現します。さて、割合はどのぐらいなのでしょうか?フェーズ3の治験結果の数字を見てみましょう。

IMG_2446.JPG
出典:厚生労働科学研究費肝炎等克服緊急対策研究 公開報告会の虎の門病院 熊田博光先生の資料より

その割合は、約1割となります。その条件が”いずれもNVR症例”←前回インターフェロンでウィルスが一度も消えなかった無効例の方達です。
インターフェロンに反応する方はそれほど心配する必要はないようです。

また、耐性ウイルスが出願した場合でも、24週間~2年後には耐性ウイルスは消去したそうです。

しかし、この消去というのは、検査限界値以下になっただけで、まだ体の中には残っている可能性がありますので、注意する必要があります。

やはり、耐性が出ないように、治療を進めたほうがいいと私は思います。
前回、インターフェロン治療で反応は無かった方は、十分に検査の上、肝臓の専門医と相談して、今回のテラビックを用いた3剤併用を行うかどうか決めるのがいいと思います。

 

最後の最後ですが、今後の方針を決める上では、以下のスライドがまとまっていて参考になると思います。

IMG_2457.JPG
出典:厚生労働科学研究費肝炎等克服緊急対策研究 公開報告会の虎の門病院 熊田博光先生の資料より

基本はIL-28Bの検査結果からはじまります。
何度かここでも出来るなら(かなりがんばっても)、IL-28B(人側のインターフェロンの効きやすさの因子)を調べて治療方針を決定しようと書いてきましたが、ここでもそれが基本になります。

IL-28BがTTで治り易い人は、今回のテラビックを用いた3剤併用治療がお勧めとなります。
IL-28BがTG/GGで治り難い人は3パターンに分かれます。

ウイルス側のたんぱくの70番目の変異(治療を左右する因子)によって異なります。

CORE70番 がWild(ワイルド)←変異してないなら治療成績は落ちますが、3剤併用治療を選択することなります。

CORE70番ばMutant(ミュータント)←変異しているなら、前回の治療成績によって選択がことなります。

前回の治療成績で2log以上ウィルスの減少が観られた人が、今回のテラビックを用いた3剤併用治療を行い時には標準の24週間の治療ではなく、ペグリバを24週間追加して、トータル48週間(1年)の治療とななります。この場合の治療成績は68%となります。

最後は超難治例で、前回、ほとんどウイルスの減少がなかったひとは、この次の新薬(通称のみのみ)の飲み薬、2剤の内服薬だけで治療を行う次世代の治療を待つことになります。(3剤併用療法で治らない訳ではありませんが、治癒率が大幅に下がります)

注)現在の肝臓の状態、年齢、性別によって、治療方針がかわります。ぜひ、肝臓の専門医と相談して今後の治療を選択してください。 


テラビックが第一世代のプロテアーゼ阻害剤ですが、より副作用の少ない阻害剤の治験が進んでいますし、夢のインターフェロンを用いない飲み薬だけで治療を行う内服薬の治療の治験も進んでいます。ご自分の状態を把握し、時期を見極めて治療をするのがいいと思います。

 

ひとまず、このシリーズ、これでおしまいでやんす~(ででんでんでん)

こんちわ、ちょっと失礼致しまする
こんちわ、ちょっと失礼致しまする Photo by cxq02002

週末は春を探してあっちふらふら、こっちふらふら。

昼飯:オムライス700円。ぐふ、お腹きつい 
昼飯:オムライス700円。ぐふ、お腹きつい Photo by cxq02002

たまには麺を脱出して、洋食など(^^;;

まだ、お仕事は3月なんだな。この週末でやっと4月に突入の予定。
金曜日、息も絶え絶え模様なんだけど、もう少しがんばりまする。

 

わたしは、IL-28BがTG、CORE70番が変異、ISDR等も良くない、インターフェロン治療を行うとうつ症状がひどく出るといった条件と、現在の血液検査、腹部エコー、CT、MRIなどの状態を考えると、この次のお薬を待つことになると思いますね(T_T)

 - C型肝炎

Comment

  1. yokobue より:

    ばんばんさん、こんばんは。
    お疲れのところ、まとめ、ありがとうございました。
    とても分かりやすく、今後の治療を考える者の参考になります。
    テラプレビル3剤では、半数近い人に皮膚科との連携が必要なグレード2以上の皮膚障害が出るのですね。経口ステロイドの副作用も免疫機能の低下、不眠、糖尿病の発症などいろと多いので、皮疹や皮膚のかゆみが出たら、塗り薬や抗ヒスタミン薬で早めに対処して悪化を食い止めることは必須ですね。かゆみはかくほど広がり、皮膚を傷つけ、皮膚の状態をさらに悪化させてしまいますから。
    では、週末はお花見などで、リフレッシュできますように。

  2. ばんばん より:

    yokobueさん
    あっ、ごめんさなさい。2bのところ補強するの忘れました。
    また今度やります~

  3. yokobue より:

    ばんばんさん おはようございます。
    2型のガイドラインはよかったら、私の方でまとめます。
    治験についての情報も多少も加えて、ばんばんさんからいただいた
    三田の報告会のパワーポイントの写真も、掲載させていただくかもしれません。
    では、よい週末を。

  4. ノン・トロッポ より:

    ばんばんさん、とてもわかりやすくて皆さんの参考になりますね。どなたかご報告くださるだろうと他力本願。期待しておりました(^_^;) 
    「その4 代償性肝硬変編」のお岩さん・・私みたいだな~(肝臓が、ですよ)。柔らかいうちに何とかしないと・・と身が引き締まりました(笑)。
    本当にありがとうございます。お疲れさまでした!

  5. ばんばん より:

    ノン・トロッポさん
    おこんばんわ。ほんとは、全部解説したいのですが、量が多くて無理でした(苦笑

  6. akio より:

    ばんばんさん、こんばんは~♪
    C型ガイドラインシリーズ、どうもおつかれさまでした~!
    熊ちゃんの最後のシートは、本当に切れがいいです。
    これをみたら、IFN苦手の私は諦めがつきます。
    わたしも、IL-28BがTG、CORE70番が変異、ISDR等も良くない、
    インターフェロン治療を行うと副作用が強く出るといった条件と、
    現在の血液検査、腹部エコーなどの状態を考えると、
    この次のお薬を待つことになるのは間違いありません。
    私たちが治るようになれば、
    ほとんどの患者仲間が治るということです。
    きっとこれは私たちの運命なのですね。
    一緒に頑張りましょう~!
    ではまた~♪

  7. ばんばん より:

    akioさん
    もう少し違うバラメータが隠されているようなきがしますが。
    たとえば糖鎖とか。パーパーを見て、確率が95%以上だといいのですよ。難しいと思いますがね。
    それでも、ここまで治る時代がきたとはスゴイなぁと思います。
    あとは、インターフェロンが使えない、高齢者とかがうまく治る薬の登場を待つばかりですかね。

  8. アナログ より:

    ばんばんさん、こんばんは(*^^*)
    遺伝子型など…どなたにも解りやすい解説をありがとうございます♪
    どなたにも効果があるお薬が早く出て欲しいです!
    たまには洋食もいいでしょ(*^^*)
    オムライス美味しそう♡

  9. すずめ より:

    素人にも解るように解説ありがとうございます。
    地方の3剤治療も遺伝子検査重要視している事と
    薬の減量と効きにくい人への耐性の事を考慮しての対応勉強会あったそうです。(最近見たい?)
     今回の治療期間短いので 治りやすい人は早く治って欲しいですね…治りにくい人やIFN相性悪い人への新しい治療薬出てきて欲しいです。
     
    乃木神社別荘じゃない方へ お参り行ってみたくなりました~♪
     

  10. ばんばん より:

    アナログさん
    今度は洋食ご一緒しませう。荒川沿いで(苦笑
    調子良さそうで何よりです。このまま逃げ切りかな
    すずめさん
    INFを使う限りは遺伝子検査からは逃れられないと考えています。でも、全国で2000例以上が治療中とも聞くし、ペースは早いのかなと思いまする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

C型肝炎治療薬 「テラビック」(一般名・テラプレビル) 副作用で15人死亡

今日のニュースでしたね。 気になったのでちょっと書いておきます。 C型肝炎治療薬 …

9月は講演会ラッシュ、まずは9/3のB型C型慢性肝炎治療の現状と将来の展望から行きましょう

Shibuya 渋谷_1 / ajari 涼しくなっても、痒い痒いが治らないし、 …

アッヴィ、経口剤のみによるC型慢性肝炎治療薬を日本にて製造販売承認申請 ニュースリリースより

思ったよりも早く、製造認可申請されましたね。 いつものように少しだけニュースリリ …

7月28日は第1回 世界・日本肝炎デーフォーラム開催だよ~

ちょっと、なかなか鉄の話が進んでない(。_゜☆\ 箸休めモードの更新で。 201 …

平成24年B型C型慢性肝炎・肝硬変治療のガイドラインが発表されたのでちょっと紹介してみるよ(その3、再治療編)

20110104 Denpark 1 (Waterdrop) / BONGURI …

速報:薬食審・第二部会 C型肝炎治療薬ソブリアードなど新薬2成分審議 承認了承

think C シンポジウム / Sekikos やっと出ましたね。 TMC43 …

no image
肝がんを肝臓移植で根本治療

気になる記事を 肝臓がんの最新治療(下) 根治療法で肝機能も回復 当日は伊東さん …

no image
C型肝炎の感染経路について

肝臓病と聞くと「お酒の飲みすぎじゃないの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。 し …

no image
きっとかなう夢のために-肝臓医療講演、交流会を含めて大盛況

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 本日のき …

no image
肝硬変、完全治療に成功?

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎を治療しているバンバンです。 だんだんうつから復 …