あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

C型肝炎は後22年(2036年)には希少疾患に

   

20140807145243

 ちょっと面白い報告書を見つけたので紹介しておきます。

The changing burden of hepatitis C viru – PubMed Mobile
感慨深い

 報告を行なったのは、アメリカのUniversity of Texas MD Anderson Cancer Center/Jagpreet Chhatwal氏らです。

 英語なので少しだけ紹介をば。

The number of cases of chronic HCV infection decreased from 3.2 million in 2001 to 2.3 million in 2013.
慢性のHCV感染の件数は2013年に2001年の320万から230万まで減少しました。

<途中略>

With the availability of highly effective therapies, HCV infection could become a rare disease in the next 22 years.
高効率な療法の有用性によると、HCV感染は次の22年間で稀な病気になることができました。

 アメリカの希少疾患の定期は以下の通りです。

 ”患者数が20万人未満もしくは人口1,500人当たり1人未満”

 そうですよね。今のソブリアードを持ちた治療法だと、条件が良ければ9割以上治る病気です。また、来年に登場する新しい飲み薬の治験結果は100%に近いの治癒率です(適用症例が増えた場合はたぶん95%程度に落ち着くと思われます(私見))。

 これはアメリカの例なので、全世界的に見ると治療費の問題とか、医療レベルの状況とかでもっと先に延びると思いますが、日本でも、世界と比較するともう少し早く状況がよいため、22年よりも早く希少疾患となるかもしれません。
 

 もうC型肝炎は治らない病気ではないんですよね。早くこいこい来年のお薬!
 
 

ひとまず。
 

欲張ってあんみつにきな粉入れたら、透明感がなくなったYO
過ぎたるは及ばざるが如しってやつだわな orz

20140807203459

 - C型肝炎, ニュース , ,

Comment

  1. akio より:

    ばんばんさん、こんばんは~♪
    そう、2036年までにはC型肝炎患者はほとんどいなくなりそうですね。

    いや、HCVは医療行為以外では感染しないことを考えると、最新医療が普及した地域では根絶されるでしょう。HCVが残るのは、医療のゆきわたらない地域だけのような気がします。
    「希少疾患」というより「風土病」のような感じかも!

    そのきっかけとなるギリアドの新薬が、早く承認されますよ~に!
    ではまた~♪

    ps 22年後という半端な数字が気になります...

    • ばんばん より:

      akioさん
      日本はも少し早いかもですね。そろそろBMSの薬価が出そうな。安く収まるといいのですが…

  2. 冷凍SANMA より:

    こんにちは。

    先日はトラックバックありがとうございました。
    (トラックバック……意味がよくわかってないかもf^_^;)

    2036年、それまで生きていられるのかなぁと、つい計算してしまいました~(^o^;)

    きな粉入あんみつ、美味しそうですよ^^
    私は来週の通院に向け、今は厳しく節制中( p_q)
    0カロリーのゼリー。
    ナタデココ入り。
    けっこう美味しいですよ~(╹◡╹*)

    • ばんばん より:

      冷凍サンマさん
      0カロリーのゼリー、結構ファンです(笑)
      頑張り過ぎると毒だから、ほどほどにね。、

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
9月20日日 医療講演 札幌 ビラポスターちと訂正 ==> 日曜日

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 川西先生 …

世界肝炎アライアンス(WHA)のC型肝炎に関する患者調査(11/30迄)

 世界肝炎デー等を主催している世界肝炎アライアンス(WHA:World Hepa …

C型慢性肝炎に対するペグインターフェロン、リバビリン及びシメプレビル3剤併用療法の医療費助成が開始されました

寒い寒い寒い。 基本、北の人間なのですが、この頃ほんと寒さが身に応える。 お布団 …

no image
様々な問題を抱える「肝炎インターフェロン治療の助成」

長期少量インターフェロンから変更して、ウルソで休憩、C型肝炎を治療しているばんば …

ソバルディ服用中の患者様とご家族のためのウェブサイトがオープンしました(GS社HPより)

以前紹介したソバルディ(ソフォスブビル)の服用は東海道八十四次? では、紙のもの …

”糖尿病治療薬と肥満治療薬にC型肝炎の治療効果”というニュースが気になる

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 週末、ぐ …

no image
C型肝炎治療には、周りの協力が必要です

C型肝炎は、感染が怖いと言うイメージがありますね。 しかし、普通の生活では感染し …

欧州委員会は、慢性C型肝炎感染の治療のための複数の遺伝子型間でのブリストル•マイヤーズスクイブのダクルインザ(Daklinza(daclatasvir))を承認

ちょっとビックりするニュースリリースがブリストル・マイヤー社(BMS社)発表され …

講演会情報:国府台病院 第15回 肝臓病教室

ちょっと気になる講演会情報があったので紹介しておきます。 GS社(ソフォスブビル …

線維化が改善する化合物 C型肝硬変の治験すすむ

 昔少し話題になった線維化を溶かす薬がちょっとずつ進んでいるようなので紹介してお …