あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

医療講演会 「B型C型慢性肝炎、肝硬変治療の今後」 東京肝臓友の会より

   

20150221-133939-29

毎年3月に行う医療講演会。
今年はちょっと知らない先生なんだけど、実は面白そうなのでちょっと紹介しておきますね。

「B型C型慢性肝炎、肝硬変治療の今後」

講師:山梨県立中央病院 理事長 小俣 政男先生
日時:平成27年3月29日(日) 開演 14時から16時
会場:日本薬学長井記念ホール
   渋谷区渋谷2-12-15
   ●徒歩:JR渋谷駅東口より高樹町方面へ高速道路3号線沿いに8分
   ●都バス:JR渋谷駅東口「学03日赤医療センター行き」 一つ目「渋谷3丁目」下車すぐ

プログラム
14:00~14:10「東京肝臓友の会」よりあいさつ
14:10~15:10「B型C型 慢性肝炎 肝硬変 治療の今後」
       講師:小俣 政男 先生
       (山梨県立中央病院 理事長)
15:20~16:00 質疑応答

申し込み
事前登録制ですので、電話・はがき・FAXのいずれかで、住所・氏名・電話番号・希望人数を
明記の上「東京肝臓友の会」までお申し込みください。

主催/お問い合わせ:特定非営利活動法人 東京肝臓友の会
〒161-0033 東京都新宿区下落合3-14-26-1001
TEL 03-5982-2150(火~土:10時~16時、祝祭日のぞく)
FAX 03-5982-2151

後援:東京都、一般社団法人 日本肝臓学会

20150329

参考
小俣政男/東京大学名誉教授・地方独立行政法人 山梨県立病院機構 理事長
ドクターインタビュー ~ドクターの肖像 | yomiDr. 病院ガイド検索サービス
http://hospital.yomidr.jp/interview-dr/20140313_1401_1.php

 山梨県立中央病院 小俣 政男先生、実は、次のギリアド・サイエンシズのお薬を日本へ持ってくるときに厚労省へ、国府台病院の溝上先生と一緒に交渉を行いにいった先生で、先輩過ぎて溝上先生も頭があがらないとか・・・(笑)

 もうほぼ引退された先生なのですが、去年の肝臓学会でも

「未だに、君たちは肝生検をしてるのか。それが有効なデータを証明しろって!」

って吠えたとか・・・
 いまはかなり検査が進んできて、肝生検なんてやらなくてもほぼ同じデータがとれますし、肝生検をやったからって、肝臓の広い場所で一箇所しか細胞を抜いていないのでそれが、全体を表しているとは言えないからなんですよね。
 
 かなり患者目線の先生らしいので、古いから新しいこと(最新のギリアド・サイエンシズ治験の結果等< --云っていいのかなぁ)まで面白いお話が聞けそうですよ。ご興味のある方はぜひ、参加してみてください。事前登録制なので上記の方法でお申し込みをお願いします。  
 

ひとまず

先日、ちょっと足を伸ばして伊豆まで。
花よりあんこだよ、あんこ!

20150221-135851-33

ちょっと出遅れて、いちご大福が食べられなかったのですけどね。

 - 新薬情報

Comment

  1. ひでほ より:

    ばんばん隊長、こんにちは
    小俣 政男先生って、たしか東大の先生ではなかったかしら??。
    白髪でTVにもたまに出ていたのを覚えています。
    肝臓のステージが上がると血小板が下がることを証明した先生?と昔の主治医が云っていました。

    • ばんばん より:

      ひでほさん
      かなり有名な先生のようです。
      学会でも小うるさくて、凄く煙たがられてるとか(笑)

  2. sasadon より:

    小俣先生といえば、東大教授でその当時肝臓専門医のトップと言ってもいいかたですよ。
    与芝先生とも仲良しのようで、一緒に飲みに行くこともあったりして。
    熊さんなんかは足を向けて寝られないぐらいかも(笑)

    • ばんばん より:

      sasadonさん
      そうらしいです(笑)面白いお話が聞けると思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

新薬 C型肝炎治療薬 ソブリアード(シメプレビル(TMC-435))とは (従来の治療編)

ちょっと”ソブリアード”、”シメプレビル”という検索ワードが多くなって来ているの …

「セイヨウオトギリソウ」(別名・セントジョーンズワート)がソホスブビルの禁忌に指定される

ちょっと意外なニュースを見つけたので紹介をしておきます。 C型肝炎新薬、セイヨウ …

C型肝炎治療薬を併用、悪性前立腺がんに効果

ちょっと関係ありそうな情報があったので紹介します。 約1300の薬の候補物質によ …

アッヴィの経口剤のみによるC型慢性肝炎治療薬、日本において優先審査に指定

 4/17にアッヴィ社からニュースリリースが出ました。これが揃うと日本国内で3つ …

平成22年(2010年)の(平成22年度)C型慢性肝炎の治療ガイドライン

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 連休中日 …

C型肝炎治療薬ダクラタスビル,アスナプレビルの「重大な副作用」への血小板減少の追加

お彼岸すなあぁ。巷はシルバーウィークらしいけどぜんぜんそれらしくない(笑 もう、 …

BMS(ブリストルマイヤーズ)の経口2剤(スンベプラ、ダクルインザ)が承認されました

あっ、書こう書こうと思っていたらもう7月も半ば(汗 すでに遅いきがしますが、末席 …

アッヴィの経口C肝薬ヴィキラックスが製造認可承認されました

雨が続き8月の関東は低温続きで日本の夏は何処行った状態ですが、C型肝炎治療薬のニ …

プロテアーゼ阻害剤の話をしよう、その1

virus_g11 / leonelcunha 沖縄は梅雨が明けたらしいが、関東 …

ダクラタスビル(DCV)とアスナプレビル(ASV)の併用療法による国内第III相試験の結果のまとめ

待ちにまった、C型肝炎新生代の幕開けのようなお薬、インターフェロンフリー治療の経 …