あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

C型肝炎の新薬の対象はジェノタイプ1型~6型が対象

   

IMG_20160110_100650

また気の早い話ですが、C型肝炎治療の次の新薬の情報を少し眺めてみましょう。
(ご存知の方も多いと思いますが・・・)

製薬会社のターゲットは1型から6型の全部入

 日本のC型肝炎の遺伝子タイプ(ジェノタイプ)は1型と2型ぐらいしかありませんが、世界的に見ると1型から6型まであるようです。製薬会社的には1つの薬で全部の遺伝子タイプをサポートできたほうがいいわけで、それを目指して開発を行っています。

アッヴィ社の場合だと
AbbVie アッヴィ、1日1回投与ですべてのC型肝炎ウイルス型(パンジェノティピック)に対する効果を検討する6件の国際第III相試験への患者さん登録を開始| 日本 | プレスリリース詳細
こっちはまだ登録開始。

ギリアド・サイエンシズ社の場合だと
ギリアドのC肝新配合剤、FDAが優先品目指定  1~6型の全ジェノタイプで | 日刊薬業WEB – 医薬品産業の総合情報サイト
こっちの方が早いかな。

両者とも同じターゲットに向けて開発を行い全世界的に治験がはじまるようです。
早く開発した方が開発費の投資回収が進むということで競争が激しくなっていますね。

日本は状況が異なる

 日本では、1型と2型に集中しています。またハーボニーなどで90%後半の治癒率となっていることから日本ではこの1型から6型を対象にした治験は行われないようです。
 風の便り(←どんなたよりだい(笑))に聞くと、日本の特殊事情(ダクルインザで薬剤耐性ができた患者さんがいる)に合わせてもう少し強力な薬の開発を進めるべく治験の準備が進められているようです。

 一部には、ダクルインザでできた薬剤耐性はハーボニーで治ると云う肝臓の専門医もいるようですが、まだデータが発表されていないためこれはなんとも言えないと思います。ハーボニーは最初からある薬剤耐性についてはほぼ問題がないというデータがあるようですが、ダクルインザでできた薬剤耐性については製薬会社でもデータがないようです。
 一部の病院ではダクルインザでできた薬剤耐性がある患者さんにハーボニーの治療を行っているようですが、治癒率はあまりよくないようです(←どのぐらいなのが興味がありますが・・・)。

 主治医に聞いた所、日本では、上記の1型から6型までに対応するソフォスブビル+ベルパタスビル(Velpatasvir、開発コード:GS-5816)の合剤に加えてもう1剤で3剤の治験を計画しているようだとおっしゃっていました。多分、もう1剤は開発コード:GS-9857だと思います(※1)。

※1 Gilead Announces Data for Investigational, All-Oral, Pan-Genotypic Three-Drug Regimen of Sofosbuvir, GS-5816 and GS-9857 for Chronic Hepatitis C | Gilead

 時期は早ければ今年のうちに始まるという噂をききますが、治験ってだいたいスタートが遅れるのが常で、時期的なものはわかりません。ご興味のある方はここら辺りの話を聞きにいくともしかするともしかしてちょろっとだけ話がでるかもしれないあなぁ。

まとめ

今日の話題は
・次の新薬のターゲットはC型肝炎の遺伝子タイプ1型から6型の全方向。
・2社(アッヴィ、ギリアド・サイエンシズ)の治験は始まっている。
・日本は特殊事情を加味し別な薬の治験が準備されている。
でした。

 そろそろ発売3ヶ月の追跡データの発表がある頃だと思います(もう1ヶ月ぐらいずれるかな)。さて、治験では100%の治癒率がだったハーボニーですが、実際の患者さんへの治療成績はどのぐらいなのでしょうか。日本の場合だと治療後6ヶ月をもってなおったと判断していますから完全は数字はでないと思いますが・・・

ひとまず。

 - C型肝炎, 新薬情報 , , , ,

Comment

  1. プツプツ より:

    私は、昨年10月初旬よりハーボニーでの治療を開始し、第7週でウイルス量陰性となり、その後の血液検査でも陰性が続き12月末に治療を終えました。ところが、今週の治療1ヶ月後のフォローアップ検診で、治療開始前のウイルス量を超えるウイルスが検出されました。また、治療開始前は、ウルソ、強ミノ、瀉血で肝機能を維持していたので、ALT、AST値などは治療前より高くなっていました。ちなみに私は代償性肝硬変の Child-Pugh1です。日本の治験では100%近い治癒率と聞いていたので、我が身に起こったことが信じられなかったのですが、1年ぼど先行してハーボニーが発売された米国の情報検索をすると、代償性肝硬変の患者は薬が効きにく24週の投与+リバビリンが適切な処置であり、12週の投薬で再発しても再度上記24週間の投薬をすれば治癒する可能性が高いとの医師の見解が多く掲載されていますし、ハーボニー投薬後再発したとの投稿も多く見られます。私は、貴サイトから多くの良い情報を得て参考にしてきたものですが、日本でのハーボニー治療後の再発事例の収集、対策などの情報を掲載いただけるとほんとうに助かります。

    • ばんばん より:

      プツプツさん

      日本の治験では4週目までに代償性肝硬変の方を含め全ての患者さんでウイルスが消えています。
      この場合はほとんど問題がないのですが、これよりも遅れてウイルスが消えた場合はどうするのかという問題が残っています。

      日本の治験では残念ながらリバビリン有で事故が起きましたのでこれが使えません。
      欧米の標準的な治療では、ウイルスが消える期間が4週を超える場合は、肝臓の状態などを加味しながらリバビリンを追加するとか、期間を延長して24週治療のするとか柔軟に変更するそうです。

      ところが日本の場合、治験が行われていませんので、リバビリンも使えないし、薬の投与期間も延長することができません。主治医からお話を聞いた時にもこの部分が改善されればもう少し助かる患者さんも多くなるとおっしゃっていました。

      今年の4月以降薬価も下がる見込みがありますし、新しいお薬を加えた3つの経口薬を使った治験の計画もあるようです。再発事例の収集などはできませんが、可能な限り情報を拾って発信していきたいと思います。

  2. 波打際 より:

    TBS,NEWSキャスターの枠内で高畑さんがC型肝炎のCMに今出ていました
    「ハードルがぐんと下がってます」アッビィでした
    自分は前のめりで飲み薬を始めてSVR24にはなっています

    • ばんばん より:

      実は、アッビィがものすごく売れてないらしい・・・
      もうちょっと売れると思っていたら、米国と同じぐらいの市場占有率になりそうな感じですね。
      (私の予想は外れました)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

「ハーボニー®配合錠」を2015/9/1に発売開始 ギリアド・サイエンシズ社ニュースリリースより

写真出典:ギリアド・サイエンシズ社ニュースリリース資料より ギリギリ8月中の発売 …

プロテアーゼ阻害剤TMC435のフェーズ3の治験がはじまるらしいぞ!

Photo by Grilled Ahi やっと鬼のような暑さが退散して、夜も、 …

厚労省、C型肝炎治療薬ソブリアードカプセルの「重大な副作用」に敗血症と脳出血を追加

気になる記事があったのでちょっとだけ紹介をしておきます。   ソブリアードカプセ …

no image
C型肝炎とお酒の関係について

一日の終わりに、ホッと一息つく時間は、至福のときですね! 皆さんは、何をされます …

欧州委員会は、慢性C型肝炎感染の治療のための複数の遺伝子型間でのブリストル•マイヤーズスクイブのダクルインザ(Daklinza(daclatasvir))を承認

ちょっとビックりするニュースリリースがブリストル・マイヤー社(BMS社)発表され …

no image
9月20日日 医療講演 札幌 ビラポスターちと訂正 ==> 日曜日

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 川西先生 …

テラプレビル( teraprevir)とボセプレビル(boceprevir)の価格について考えてみた

Drugs and Medications / RambergMediaImag …

9月は講演会ラッシュ、まずは9/3のB型C型慢性肝炎治療の現状と将来の展望から行きましょう

Shibuya 渋谷_1 / ajari 涼しくなっても、痒い痒いが治らないし、 …

no image
C型肝炎の食事療法について

C型肝炎になったら、どのような食事療法をとれば良いのか、見てみましょう。 肝臓が …

特集 ”ゴール見えた!ウイルス肝炎” 日経メディカルオンラインより

ゴールしました。 #souya / nikunoki 日経メディカルオンラインで …