あかるい肝炎生活

飲み薬でC型肝炎が治療できる日を待つおぢさんの日記

*

C 型肝炎直接型抗ウイルス薬の「使用上の注意」の改訂について – From PMDA

   

IMG_20160519_043710

1例死亡例が出て、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA:Pharmaceutical and Medical Devices Agency)から注意文書の改定指示がでましたね。

C 型肝炎直接型抗ウイルス薬において、治療の際にB型肝炎ウイルスが活性化するというものでした。

複数のニュースサイトにも掲載されていますね。

厚労省 経口C肝薬投与でB肝再活性化のおそれ 死亡例も 添付文書改訂指示 | 国内ニュース | ニュース | ミクスOnline

ハーボニー錠などC型肝炎治療薬、B型肝炎ウイルスを活性化させる恐れあり慎重投与を―厚労省 | メディ・ウォッチ | データが拓く新時代医療

厚労省医薬・生活衛生局は5月18日、B型肝炎ウイルス感染や既往感染を持つC型肝炎患者に経口C型肝炎治療薬を投与後、B型肝炎ウイルスが再活性化し、肝機能障害で死亡したケースも確認されたとして、経口C肝薬8製品の添付文書を改訂し、医療従事者に注意喚起するよう日本製薬団体連合会に通知で指示した。

改訂を指示した医薬品とB型肝炎再活性化関連症例数(過去3年の国内報告数<因果関係が否定できない症例>)は次のとおり。
テラビック錠250mg(田辺三菱製薬):0例
ソブリアードカプセル100mg(ヤンセンファーマ):1例(死亡なし)
ダクルインザ錠60mg(ブリストル・マイヤーズスクイブ)とスンベプラカプセル100mg(同):8例(うち死亡1例)
バニヘップカプセル150mg (MSD):0例
ソバルディ錠400mg(ギリアド・サイエンシズ):1例(死亡なし)
ハーボニー配合錠(ギリアド・サイエンシズ):2例(死亡なし)
ヴィキラックス配合錠(アッヴィ):0例
出典:厚労省 経口C肝薬投与でB肝再活性化のおそれ 死亡例も 添付文書改訂指示 | 国内ニュース |ミクスOnline

指示文書はこちらを参照
C 型肝炎直接型抗ウイルス薬の「使用上の注意」の改訂について

平成28年度指示分 | 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構の平成28年5月18日分の所ですね。

ダクルインザ+スンベプラカプセルの症例が”8例(うち死亡1例)”と多いのが気になりますね。

日本の場合だと、C型肝炎かつB 型肝炎ウイルス感染の患者又は既往感染者の数字は発表されていませんがそれほど多くないと思いますが注意が必要ですね。
 
 
 そろそろ、ハーボニーを含めて注意しなければならない有害事象事案が出揃ってきた感があります。先日患者会の方に聞いた所、4月末時点でハーボニーで治療している方が5万人を超えたそうです。4月から薬価も下がったことからこれからも順調に治療数が増えてくると思われます(良かったな)。
 
 
ひとまず。

 - C型肝炎, ニュース

Comment

  1. 紀州梅 より:

    バンバンさん、いつも情報ありがとうございます。私のBは今ねんねこしてます。混合の方は多いんでしょうか?

    • ばんばん より:

      紀州梅さん

      B型かつC型の方はあまり多くないとお聞きしています。
      実際の人数(想定)あまりわからないみたい(幅がおおきい)。

      でもBは寝てていただいたほうがいいですよね。ほんと。

  2. 三日坊主 より:

    大変勉強になりましたーん。
    ありがとうございました。

    • ばんばん より:

      ハーボニーについては有害事象はほど出きったので大丈夫だと思います。
      耐性ができてDAAが効かなくなった方が次の問題ですね。

  3. 山口つとむ より:

    バンバンさんへ

    ずいぶん前に、コメントさせて
    いただいたことがあります。

    わたしも、去年の春に
    C型肝炎がSVRになりました。

    バンバンさんに
    お目にかかることは
    ありませんでしたが、、

    わが闘病にあたり、
    このブログは灯台であり、
    羅針盤でした。

    こころから感謝しております。
    またこれからも、情報の発信を
    お願いいたします。

    ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

米ギリアドのC型肝炎治療薬、厚労省が製造販売承認

やっと製造認可申請がでました。祝!!!! 米ギリアドのC型肝炎治療薬、厚労省が製 …

H23年度 C型慢性肝炎治療ガイドラインはこう変わる・その2

猫様 / iyoupapa 今日は計画停電がない。気温もあがり暖房がなくても過ご …

no image
献血と輸血について

現在、薬害C型肝炎問題が注目され、むかし輸血を受けたことがある人は、C型肝炎ウイ …

no image
”C型肝炎は治る時代です”というテレビCMに違和感を感じる

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ ”型肝炎 …

no image
薬害C型肝炎の訴訟問題について

薬害C型肝炎の被害者の方たちが薬害の責任を認めてもらおうと立ち上がったのは、約5 …

HCVの検査薬も進化しとるんだなあ。

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ HCVの …

Sofosbuvir(ソフスブビア)とLedipasvir(レディパスビル)の治験結果の紹介 ~第64回米国肝臓学会議 (AASLD 2013)より

AASLD / butter1225 やっと書く時間が取れたので、気になる薬の治 …

最新のC型肝炎治療、その2”C型肝炎のインターフェロン治療の現状と新たな治療薬の開発状況”の第2回目

今年のの目標は、ちょこまか動くでやんす。 ああ、餅を食べ過ぎて、体重が増えたから …

no image
肝炎対策基本法の制定に関する請願書-国会請願書薬害版

ウルソで休憩しなながら、C型肝炎の肝庇護治療しているバンバンです。 ◇ 肝炎対策 …

新薬 C型肝炎治療薬 ソブリアード(シメプレビル(TMC-435))とは (特徴編)

さてつづきをば。 昨年認可されたテラビック(テラプレビル(MP-424))や、も …