本日から開始。ウィルスが消えることを祈って。

本日、某病院でやっとペグインターフェロンをやりますかと云われました。もちろん回答は決まっています。一言”やります”これで終わり。
注射は前回のインターフェロンとは異なり、筋肉注射から皮下注射に変わるので通院が必要。期間は1年間。リバビリンを併用。1週間かけて薬がしみこむので、副作用はマイルドなようです。(ほんまかいな)


あっと、費用を聞くのを忘れた。先日の読売の夕刊によると約250万円とのこと先月から保険が適用になったので、3割として約75万円。大きいですね。でも、チャレンジせんとなんにもしなけりゃ始まりません。
肝せい検をしますかと云われましたが、医者がいいでしょう。といいなおしました。入院がいやなんで助かりました。
来月の11日から治療の開始です。さてウツにもならず、熱の副作用にも負けず1年間つづけることができ、念願のC型肝炎ウィルスがなくなることを祈願して、ここからはじめます。第一歩。チャレンジしなきゃ。111、先勝の午前中が吉。さてどうなりますことやら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください