鉄郎(メーテルではない)

わくちゃんさん からコメントをいただき、気になり少々調べてみる。お茶は鉄の吸収をブロックするらしい。そうか、しゃ血療法もどきにもなるのか(ってたらんけど)。しゃ血療法は本気で食事制限なんかをばしばししなきゃならん。
レバーとさわいでいるバンバンにはちと無理というもの。でもググルなり。みっけたよ。(少々古い記事なり)

◇肝炎情報センター
[大いに学ぶ]最先端治療 しゃ血治療、C型慢性肝炎の沈静化に期待/岡山
http://kaneninfo.at.infoseek.co.jp/030t08oy.htm

そうか、インターフェロン治療中でも鉄は少ないに超したことはないのか。でも貧血の時にレバにらーーーーーとさわいで食いまくってたもんな(ちと反省)。でも通常取るぐらいの鉄はきにしなくてもいそうだ。とはいえ。健康オタクのバンバンはお茶を飲み続けるのであった。(笑)


本日は忙しかった。明日の分まで少々仕事をこなしておく。(っても振っておくだけ?)
熱もあまりさがらず、またもや37.5度台。きついなぁ。薬の効きがよくなって、薬が抜けなくなってきたのか?
明日からはもっときつくなる。やることやって(グルグル巡回)。はよ寝よう。

12件のコメント

  1. バンバンさん、トラックバック有難うございます。(と返礼するのが作法のようですね。最近理解しました。前回トラックバックいただいた際には失礼致しました。)
    私が読んだのは飯野先生の直近の本でした。先ほど確認しました。慣れるとお茶も良いですね。少しだけ寂しいけど。

  2. そういえば、男性の方が女性より短命なのは、生涯かけて溜る鉄分が女性より多いから。女は生理があるから、鉄分が適度に抜ける、どころかCでもないのに貧血の人、多いです。貧血の今は、鉄分より、少し運動量をセーブして肝臓に負担をかけないことの方が大事では? 仕事の忙しい人ほど、発熱時も高熱だもの。私が一番気にする肝臓の検査値は、長生き指数とか元気指数といわれるアルブミン。それと壊れた肝細胞を治す力のある血小板。どちらも、もっと増やしたいよー。ところで、私、ブログなくて申し訳ないです。勝手で、ごめんね。

  3. コーヒーは好きで1日7杯ぐらい飲んでいます。緑茶もそのくらい飲むとがぼがぼですね。

  4. 鉄分の過剰摂取は良くないみたいですね。 小生もマカを闘病前まで飲み続けていましたが、薬の飲みあわせで薬剤師に相談したところ併用して悪くは無いが鉄分が多いから程ほどにといわれました。 それ以来マカはストップしています。 それでも酒は(少量)ストップできませんが・・・

  5. バンバンさん、こんにちは。話題とは関係ありませんけれど、一応PEGになりました。でもペガシスです。選択肢って無いのですねぇ。

  6. ありゃ!!トラバ返しいうんせんかった。ごめん。ルール知らんかった。今度からやるね。昨日も早く寝たんでコメントも遅くなった。又夜くるわ。

  7. >ぐっきぃさん、わくちゃんさん
    そんなことあったんですか?返すものはバンバン返してくささい。(笑)

  8. >bull_sit23 さん
    マカって、下が”ばっきーん”というやつですか?スゲー。(大笑)鉄はやっかいですね。なんにでも入ってるんです。大好きな納豆にもね。

  9. >ひょろぺん草 さん
    だいじょうぶ。自分がほっとけなくて、直ぐに書きたくなるから。書いたら教えてちょ。バンバンしにいくからね。

  10. 納豆にはビタミンKが沢山あってC型肝炎にいいけど、鉄分も多いからC肝には駄目、って矛盾の食品ですよ。+-ゼロかな。納豆食べて緑茶を飲めば鉄分が破壊されてビタミンKだけ残るかな。

  11. >Hannahさん
    そうですか、納豆にはお茶ですか。やっぱり、本日はお茶にしよう。でも、勤め先の自販機のお茶まずい(涙)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください