さいならK病院、こんにちわT病院

1週間後に電話しろよとのことなので、電話をしてみると紹介状ができてました。中身は紙1枚。直近の血液検査の資料もなければ、エコーの結果もなし。(苦笑 そんで料金をみると、3割負担で750円。もっと分厚いやつでもええんでないの。(モーモーなり)


じゃ、次の病院はどこにしましょと考えました。某宇宙人や影の仕事人から、症例をいっぱい握っているところに相談せよとのモールス信号を受け取っていたので、ちと迷いました。

そんで、迷いにまよって、いろいろググッてみたり、東京肝臓のひろばをひっくり返してみたり。結局、勤め先のまえの本社があったところのT病院にしてみました。(meeさん。順天堂直線だと結構近いんですけど、電車でいくと遠いんですよ。)

最初はハウザーさんところのはやさか先生にでも、セカンドオピニオンをいただこうかとも思ったんですが、なにぶんせっかちなもので(+.+)\バキ
ご意見頂戴しますより動いちゃいました。

午前中、T病院に電話をすると、紹介状ありなら、本日の午後からの診察(初診)に間にあうとのこと。上司にいっぱつ伝書鳩を飛ばして、すぐに飛んでちゃいました。


こんどのお医者さんは、Y女医。一回り下ぐらいの年と見た。丁寧に話をきいていただく。治療の選択肢は

  • ウルソで様子を見る。
  • 強力ミノファーゲンをプラスしてみる。

ここまでは、庇護治療。まもりの治療。

  • ペガシスを単体でいく
  • スミフェロンの自己注射が保険適用になったので、週3回の自己注射

どれがいいですかと聞かれる。基本的に攻めの治療で行きたいむねを伝える。

その上で、ペガシス単体かスミフェロン自己注射の選択肢をたずねる。T病院では、ペガシス単体の症例はあまりもっていないので、先に先に手を回して、アドバイスはできないとのことなので、スミフェロンで次の、ペガシス+コペガスまで、出来るだけウィルス量を減らす作戦にしてみました。

今日から持って帰りますかとのいきなりの治療開始に、ちょっと戸惑い。次回から(2週間後)開始となりました。
初っ端2週間は、毎日打ちの体力勝負。それ以降は、週3回の自宅でぽちっとな。ってそんなわけありません、結構勇気いります(T_T)

さーて、またもやというかしぶとく治療日記をつづります。スミフェロンの場合は、XX週って決めはないんですよねぇ。長い夜になるか、短い夜になるかぜんぜん想像がつきません。とりあえず、目の前だけをみて走ってみます。


さっ、なにかご褒美をさがさねば、人参ぶら下げないとやってられましぇん。

12件のコメント

  1. ついに歩き出しましたね、今度の病院は生お仲間も山ほど?いるのでしょうね、ペガシス+コペガス早く来い!これからの道が出来るだけ平穏であることを祈ってます。

  2. 1年ぶりの再登板になりましたね。
    ばんばん、バンザイ!
    今度は、寝てる間に熱が収まりますように。

  3. 偉大なる一歩に敬意を表します。でも無理しないでゆったり構えてください。健闘をお祈りします。

  4. 自己注射頑張って下さい!
    小心者の私はペガシスを打って貰う方を選びましたが、自己注射のお仲間さんもいらっしゃいます。
    慣れれば5分もかからないって。

  5. おっ、さすが決めたら素早いですね。奥さんもその手で?
    うまくいくことを祈っております。

  6. 自己注射も慣れるまでは病院で打って貰うと聞いていましたが、今日から持って帰るかって?
    慣れれば5分もかからないそうです。頑張って下さい!

  7. すみません、さっきのコメントが出ていないと思ったら、かぶってしまいました。

  8. バンバンさん、決断しましたね。いい方向へ進むよう心から願っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください