4件のコメント

  1. う~む。可能性に賭けたい気持ちもあるけど、肝臓のご機嫌がいいのなら、やっぱりね~。あと年齢とか家庭環境とかによって色々なパターンはあるよね。だから完治じゃなくて、進行を遅らせるって程度で我慢も余儀なくさせられるってのが、僧侶Aだな。
    減量の件はどうなったの?しんどいようだったら、本気で考えなきゃだよ。肝のみにて生きる訳じゃないんだからさ。
    7のついたメアドに花火を送ったんだけど、あのメアドは使ってないの?

  2. 右足付け根から管を入れて毎回4時間半透析室でナノフィルターによる血小板二重ろ過を1週間に合計4回行いました。おかげで劇的にウィルス量が減少して、すぐにペグ打ち開始しました。しかし、治療前1年前に一時はウィルス量5000KIUを楽に越えていた時期が何回もあったことが頭の中をよぎって、48週のところを72週まで延長しこれで大丈夫と思った矢先に陽転・・・やっぱり駄目か!というのが本当の気持ちです。もっとも、今回の治療中に29週で陰性、33週で陽性、37週でまた陰性と、不可解な経過をたどった事もいけなかったようです。あとは経口HCVプロテアーゼ阻害剤の承認待ちです。来年には認可されるかな?

  3. うちのPCだけかも知れないけど、< <比較表>>クリックしても行き着くところには何にもないよ。更新履歴とか見ると更新されてるんだけど、表自体は現れないけど。皆もそうなの?

  4. wikiにうつりました、から比較表飛べましたよ。
    そういえば自分のとこ年が一個若い、治療中に誕生日を迎えてしまったのね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください