本当に?

C型肝炎患者の自己負担に上限、与党が検討
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070516AT3S0800G16052007.html

 与党は血液製剤の投与で感染することが多いC型肝炎患者の救済策を6月をメドにまとめる方針だ。(1)治療薬である抗ウイルス薬「インターフェロン」の使用に助成金を支給(2)患者の所得に応じて医療機関窓口での自己負担に上限を設定――などを軸に調整する。

 薬害肝炎患者が国や製薬会社に賠償を求める訴訟が相次ぎ、東京、大阪、福岡の各地裁で原告一部勝訴の判決が出ている。政府は国の責任を認めない立場から控訴したが、与党内で「何らかの対策を打ち出さざるを得ない」との声が広がっていた。

ほんとなら、うれしい話なんだけど、紆余曲折するんだろうなぁ。

3件のコメント

  1. 連休明けにも検討を始めると『ニュースジャパン』で言っていたので気にかけていましたが、やっと出ましたね。これからの行方、見張っています。
    今日は雨ですね。夏のような暑さにアイスクリームを買いだめしましたが、こんな日に食べたらお腹壊しそうだから今日は我慢します。チビ君たちもがりがり君の季節ですね。あれっ、バンバンさんが食べるんだったっけ?

  2. 初めてコメントさせて頂きます。07、3月9日より、C型肝炎1b ペグリバ治療を始めました。成績が思わしくなく、落ち込んでいます。色々アドバイス頂けたらうれしいのですが、よろしくお願い致します。

  3. 控訴審弁論 与党の肝炎対策動くか

     結婚して25年たちました。
     朝、妻から言われて「そうそう、何かおいしいものでも食べに行こうか」とごまかしました。
     午後からは、「薬害肝炎大阪訴訟」の控訴審弁論があるので、最近できたお好み焼き「偶」で昼ご飯 ????

choko にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください