骨折

朝、会社に着く前に、みなれぬ番号から携帯に電話がはいる。

”ちびが雲梯から落ちて、骨折したそうな”(泣

会社に一報を入れて、すぐに家に戻る。かみさんのパートに電話をいれて、かみさんが先に病院へ。

骨がばっきりと、なんとかという骨がずれているらしい。

医者:1回引っ張ってみて、ちゃんとはまれば、いいですが、そうでなければ、神経とかに傷をつける可能性があるので手術になります。ワンチャンスですから、局所ますいでトライしてみますか。
ばんばん:お願いします。

それから、処置室の外に出る、”うぎゃー”と叫び声が聞こえる。かわいそうに、はまることを祈る。

なんか静かになったときに、また処置室に入る。とりあえずうまくいったらしい。

医者:結果は再度、レントゲンを撮ってみないとわからないけど・・・
ばんばん:むーん。

医者:レントゲンの写真を見ながら、成功ですね。珍しいですよ。こんなにうまくはまるのは、すぐに来ていただいたのが腫れもなく、時間をおかずきてくださったのが勝因でしたね。まだ、油断はできないですが、明日、また来てください。


あー、びっくりした(@@
まったく、1年に1度はこんなことがあるもんだ。(苦笑

10件のコメント

  1. おー不幸中の幸い。修復術うまく行って良かった良かった。
    全く男子は何をしでかす事やら、予測がつかぬ。
    度胸一発!私好みのセンセやね。
    私も2度肩を脱臼した事があるぞ。1度目は、親父と柔道の練習中だったので親父がはめた。2度目は、とある山中で古式忍術の師匠がはめた。魂がぶっ飛んだ。2度ある事は3度あると言うので、肉体強化に励んだが…殺虫剤で疲弊したこの体故、今襲われるとヤバイぞ。腕ごとすっぽ抜けるかもしれんぞ。くわばらくわばら。

  2. 可哀想に~痛かったでしょうね。
    でも上手くいって良かったですね~。
    ホントに男の子はキズ、ケガはつきものですよ。我が家の息子たちも鼻骨折、アゴ骨折、骨盤骨折を経験し、全部入院し手術しました。
    電話が鳴るたびにドキドキでしたよ。
    子供の回復は早いですよ。
    ボロボロになった大人の骨とは違いますからね。

  3. お~!よかったね~!!
    確か前にもなんだかあったよね~ちびっ子。治療中だった気がするけど。。。
    なにはともあれ、修復成功でよかったよ~!
    しばらくは大人しくしてるんだろうけど、家にいるのも、大変ではあるけど、トランプとかオセロ(古っ)でもして遊んであげな!

  4. お医者さんも絶賛の大成功で良かったですね。1年に一度!!はともかく、いろいろあるものですね。足ではなさそうですね。

  5. まずはよかったですね、ホント不幸中の幸いでした。
    もう、15年前の話ですが、我が家の小僧が生まれてすぐに入院して点滴の針を刺す時に、看護師さんから「親御さんは見ないでください、見ていられる人はあまりいませんから」といわれたことを思い出してしまいました。お大事にしてくださいね。

  6. 可哀想に、一緒になって「ウギャー」って泣きたい思いだったでしょ。
    どうか早く直りますように。

  7. 骨折って聞くとつい自分の足指の事が浮かんで、って言っても骨折じゃあなかったみたいでした。それでも痛く、腫れ、
    それを思うとばんばんさんのお子さんは大変でしたね。ビックリでしたね。

  8. ちびちゃん、痛い思いをして可哀想でしたね。修復成功でなによりでした。我が家の長男は中学、高校の時もそれぞれバスケと野球で何針が縫うけがをして学校より連絡をもらいましたが、大学生になってまで電話がかかってきましたよ。木から飛び降りて片足は捻挫、もう片方が骨折でした。男の子って、仕方ないですね。雲にかかるはしご、なんて素敵な名前なのに…暫くは大人しく、はしてないと思いますよ。お大事にね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください