C型肝炎治療とうつ

じっぽさんへ

我慢しないで、肝臓の主治医に紹介状書いてもらって、総合病院で治療してるなら、精神科、心療内科、メンタルクリニックに行くべし。

自分のせいじゃなくて、忙しいせいじゃなくて、プレッシャーのせいじゃなくて、原因はINFです。


ばんばんも元気に精神科に通っています。両手で数えるぐらい薬をもらっています。ぜんぜん、気にすることないです。
はやく、重くならないうちに、いきましょう。重篤になると”死にたい”なんてばかな考えがふっと浮かんでくるようになります。

薬を処方してもらって、それを朝晩、昼つきの場合もあり、眠れないら、睡眠薬もいただけます。

治療だけで十分きついんだから、精神的には楽になりましょうよ。    じっぽさん。


昨日の資料だが、収束に向かう、やはり、上役が違うとあきらめも早いというか、凝り性ぐあいも違うモンだ。
でも、ケツカッチンなのは変わらない。明日もがんばんべー。

6件のコメント

  1. ばんばんさん、大変親切なご回答有り難う御座います。早速心療内科に行こうと思います。

  2. 収束点が見えてきて良かったね。
    空気のきれいな涼しいところで、
    アイス喰いながら昼寝三昧したいね~。

  3. 激しく同意、10年前のIFNの時は治療後もしばらくテンションがあがらなくって最悪でした。今回は最初からデパスと音楽とできるだけ外に出て人と会う事で心のケアに気をつけてます。

  4. そうそう、お気楽の~天気野郎の僧侶Aでさえ、走って来る車に飛び込みたいとかって気持ちになったぐらいだから。
    我慢しないでお薬飲むべしよ。
    軽いうちの方が軽いお薬使えるから、治療終了後の回復も早いんじゃないかと思うよ。

  5. 初めてお邪魔致します。
    私もINF治療中でよくお仲間アンテナ等拝見させて頂いております。
    何とかペグ40回終了。好中球670まで下がり仕事を1週間休み(そんだけしか休めないなんて!悲しい・・・)這って仕事に行ってます(笑)
    職場が医療機関であるにもかかわらず、INF治療に対する古~い知識から、倦怠感や副作用に対しスタッフからの「大げさ」のような反応が辛いです。
    白血球も1600から上がらず、発熱、疼痛、貧血、食欲不振も変わらず。主治医からは、25週過ぎたら倦怠感は治まるし、白血球等低下からの倦怠感はないと。仕事のストレスでは?と言われ、やっぱり私が大げさなのかと思って来たり・・・ちょい鬱?
    何だか孤独感で、思わずお邪魔してしまいました。皆さん頑張ってらっしゃるお仲間アンテナはとても励みになります。

  6. ペグリバ倦怠感が強いです
    10年前のINF単独は1ヶ月経ったら食塩水みたいな感じだったのに。
    バンバンさんは経口プロテアーゼ阻害剤+PEGINFなどの治療が始まったら受けられますか。英語文献を見ていると1型を徹底的に狙うみたいです

青い海 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください