なかなか消えないウィルス君

結局8月あたまのの定性検査でも(+)であった。しぶといなぁ。
こりゃ、一番はじめのスミフェロン6ヶ月じゃびくともしないわけだ。

腰を据えて長期戦になるなぁ。自分では、半年ぐらいでDS300に移って、96週って考えていたのに、これは、96週を楽に超えそうな気配。

お財布にもボディブローのようにくるなぁ。来年はちびも中学校でお金がかかるし。それまでに、さっぱりしたかったのになぁ。


肝臓の数値は非常に落ち着いている。気になるのは血小板の値ぐらいか?

1/9 2/6 3/7 4/4  5/2 6/5 7/3 7/31   8/28
GPT 30 23 22  21  22 24 24 23   21
GOT 18 16 13 10  11 17 17 14  16
γGPT 22 24 21  19  20 24 24 26  26
血小板 95 92 97 97 92 90 103 97
定量 0.6H <0.5

– 

定性     (+) (+) (+) (+)   検査中

スミフェロンできえるやろか?ふとした疑問。確かに肝臓の数値はものすごく聞いているのはわかるんだけどね。
T病院にきめたんだから、Y女医のいうことをいいきてこのまましばらく打ち続けてみましょ。


ま、からだもなれてきたし、夏ばてがなおってきたら、もう少しがんばれるでしょ。

8件のコメント

  1. いろいろ辛いところですね。
    長い治療で悩みも出るのは当然・・。
    でも、もう少し・・、もう少し・・、ウイルスに笑われないように・・、続けてみましょう。
    最後にはこちらが笑うように・・、バンバンです。

  2. このまま粘るか、他薬に変えるか。
    いずれにしろ体力、金力勝負だ。
    まずは、プロテイン飲んで寝よう。

  3. 肝機能は落ち着いていますね
    血小板どう捕らえたら 検査法が違いか
    DS600中断してウイルス暴れたところで βでもいかれてみては  リバンド療法
    うまくいったら マネしよう。

  4. う~む、すずめさんのご意見も一考かなぁ。kazuさんやパパや笑えればさん達もβやってたよねぇ。素人だからよく分かんないけどねぇ。減薬してみてウィルスがどう反応するかってのも試してみるといいのかも。なんとなくだけど、増えたりはしないような気がするけどね。ちょっとは体もお財布も楽になりそうだけどね。

  5. ペグリバ後 すぐ自己注射して失敗しました
    リバンド療法知ったのは 後の祭り
    ウイルスの遺伝子が変わったのが残る人います
    インターフェロンを2~3ヶ月止めて ウイルスが活発になってからたたく方法らしいです、
    イントロンもスミもインターフェロン2aだと思います
    タイプが違うと言ったら自然型でなく遺伝子組み換えか
    βになると思います。
     
     ばんばんさんの方が ご存知ですよね。

  6. ご無沙汰していますm(_ _)m
    Y先生の狙いは、肝炎の沈静化(肝機能値が正常値内)ということではないのですか? スミフェロンを2年以上やって陰性化している方でも身体の不調で途中で休止すると、やはりウイルスは出てきた(その方は肝機能の安定を狙っている)と仰っていましたね。今、著効を目指すなら、ペガシスとコペガスはT病院ではできないんですか? 私のところはペグレベをやってもペガシスで再治療の方もいるような雰囲気ですが・・? 他に、βとリバビリンの併用(治験やっている(た?)はずですが、βは連日投与しないと・・)にトライするとか・・。2年後?くらい先の三剤併用まで、肝機能の安定だけを狙ってスミフェロンの単位を落として身体へのダメージを軽くして備えるなど・・・。
    ばんばんさんご自身が納得できていないようなので気になります。

  7. (つづきです)
    なお、T病院は保険認可について却って厳しい扱いがあるときもあります。C肝について特別な任務を負っている病院だから却って難しい時も・・。20年くらい?通院していた知人(症状が進んでいるのでまた別の条件です)はこれのあおりで、転院しました。

  8. そうそう、僕も「消えてもらうためのスミフェロンだったけ?」と思ってました。次の治療のためのつなぎじゃありませんでしたっけね。中長期(1年超)のプランは打ち合わせ済みでした?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください