食べたものを淡々とつづるよ(笑

朝食


本日の朝食なり(笑 よくこの組み合わせしたっけなぁ。
充実野菜、ヨーグルト(生協、プレーン)、フィリピンバナナ(高地)、チョコトースト(チョコは帝国ホテル版)
なんか健康そうでしょ。鉄分控えて、良質なたんぱく質をゲット。


やっぱり、本日も微熱で、ロキソニンを半分。
おいらも、腰が引けてるのはもう引けてるさ、きついな。2度の目のインターフェロン終わってから、ウルソで飲むだけ楽チン。肝臓の数値はそこそこ。1年待てば、ペガシス+コペガスが始まる。でも、作戦が狂う。ペグイントロン、レベトールで再燃した人は、保険が利かないとT病院でいわれる。それじゃー、どうしようかと考えたときに、東京肝臓友の会の解放が届く。血小板が13万ぐらいだと、症状はすすんでいるということになるの一言と、いろいろな方から、応援もしてもらって、インターフェロン少量長期がいいのではないかと判断する。でもね、欲が出て、スミフェロンDSを600万単位のフルウチをしてみて、消えてから、半分の300にして、次の新薬を待とうということになる。でも、スミフェロンDSじゃ消えなかったんですよ。うちのウイルス君。で、体が楽なΒに変えて、やってみましょかということになる。熱はでるけど、うつや体の負担は、スミフェロンよりも軽いとY女医がいう。ま、きつかったら、最後は、本来の目的の半分にして、肝臓の数値を20以下までもっていって、症状がすすまなくなるようにして、来年の12月の新薬をまつことになると思う。

おいら弱いからなぁ。途中でへこたれるかも知れないなぁ。(苦笑

人気Blogランキング 参加してみました。ポチットお願いします。

7件のコメント

  1. こんばんは。
    私は、終わって6ヶ月過ぎたのに血小板は10万個ぐらいです。PEGイントロン+レベトールを始めるときは13.3万個でした(3年ぐらい前までは15万個ぐらいだったのが、1段階下がってました)
    ウィルスはマイナスでも、血小板は戻りません。。。
    こんなものか…と開き直ってます(笑)。

  2. ご無沙汰しています。私はペガシス単独になりました。インターフェロンが、効かない事が解ったからです。できたてホヤホヤの検査でしたが、諦める事にしました。こんな、私にも効くような薬が早く出来て欲しいものです。それに救済措置が早く決まる事も、、お互いにがんばりましょうね!!これからもよろしくお願い致します。

  3. 大阪の会報で転載されていたので講演録を読みました。βの第一人者で実績もあり一押しの先生です。
    私の経験では、スミフェロンやペグと副作用を比較すると天国と地獄でした。もちろんベータは、天国。すぐ効く、すぐさめる(笑)
    600万で点滴小一時間掛かるのは難点だけど、3、4時間後には解熱したと記憶しています。さめてる時間が長いから食欲もきっと戻りますよ。
    なんたって、女医さんと同じで身体にやさしいβだから、へたれでも大丈夫だぁ~。

  4. 只今β中です。前回に続きβは二度目ですが微妙に副作用は違います。解熱剤使っても点滴終了速攻で発熱はありますが、覚醒は早めです。私だけかもしれませんが、前回も今回も2本目まで強い吐き気とお腹に来ました。
    導入期はすぐ横になれる短期入院にしなくて大丈夫ですか?
    急いで点滴を落とすと熱が出やすいような気がしますので、出社前より夕方の方があっているような。
    副作用と通院の手間を合わせると悩ましいですね…

  5. 記憶は定かではないけど、僧侶Aは半分ずつ朝晩で点滴落としてた。勿論入院してたっけ。βは二度としたくないって言うほど副作用は酷かったよ。楽だろうと思ってると、しんどさが倍ぐらいに感じるだろうから、ここはひとつ、侮れないぞ!ってぐらいの気構えで臨むと、案外楽チンに感じることもあるだろうから、あえて老婆心。本心は軽めの副作用&高めの効果だ。とにかく頑張れ!!応援してるよ。

  6. 再燃した人には保険は利かない・・・って?
    そんなひどい制度、誰が決めたんでしょう?
    再燃した人には補助金が出るならわかるけど・・・
    負けたら~あかん~へこたれたら~あかんよ~
    すぐそこに新薬が待ってますよ。
    チョコトースト、ものすごくおいしそうですね。

  7. βも悪い薬じゃないよ。しかし点滴じゃ時間掛かるから、私は全部静脈注でやったなあ…朝と夕に300万、1日2回。2週間連日。リバウンド含めこれを2回やった。血管はズダボロになるし、血液状態も最低になるよ。人によって違うかもしれんが、12時間間隔での投与はもの凄いダメージがあるので、多少の発熱、不眠、うつ、低タンパク化も起きるよ。でも間違いなくウイルスは激減する。IFNに親和性のある体質だと凄い短期で陰性化するかもよ。その後は、自分にあったIFN種類で少量長期をやるのが良いと思うよ。
    しかし、いずれにしろ体力、気力勝負だ。プロテイン飲んで英気、体力を養おう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください