今日は途中抜け

インターフェロンC型肝炎を治療しているばんばんです。
今日は、夕方から打ち合わせがあるので、途中抜けで、インターフェロンの注射を打ちに。

そこで、情報を仕入れる。
ペガシスコペガスの方が治療成績がどうもいいらしい。この辺は情報が錯綜してる模様。
今日は、J医大のE医師。ペガシスコペガスはやらないの?からはじった会話。
えっ、ペグイントロンリバビリンで効かなかった人は、保険適用外になるじゃありませんか?
そうーか、インターフェロンの単独治療になるのか・・・・。


でも、きっと変わるよとE医師。医療費助成の話もあるし、ペガシスコペガスの方が治療成績がよければ、再治療を認めないわけにはいかなくなるといってました。それも結構早い時期に。早い時期っていつや?たぶん1年とか2年とかさきやろうなぁ。ペガシスコペガスの方が治療成績がいいって話、初めてお医者さんから聞いたわ。

みんさんの主治医のところではどうですか?情報求む。


ゆうさんへ、へへ、全然血小板もどりません。インターフェロンの注射打ってる間はだめでしょうね。いま、10万を切っています。(苦笑


あとは後ほど。。。。このごろ少々精神的に落ち着きがない、こまったもんだ。

人気Blogランキング
インターフェロン等でC型肝炎のお仲間を集めるためブログランキングに参加してみました。ポチットお願いします

6件のコメント

  1. ウチは治療開始の段階で「ペグレベは50%、ペガコペは60%の完治率だけど、さぁどっちにする?」って言われて、当然の如く、全く知識の無かった夫はペガコペを選びました。
    今現在、ペガシス+コペガスの治療中だけど、他にもペガコペの患者さんが居るはずなんで、ちょっと探りを入れてみるものの、一切教えてもらえません。
    夫がどうして副作用が少ないのか、それはペガコペだからなのか、それが知りたいんですが・・・。
    24週の人なら、もう終わってる人も居るはずなんですけどね。
    お役に立てなくてゴメンナサイ。

  2. どちらが良いというよりも
    私の主治医は 副作用が少ないらしいからと
    認可がおりた4月からは全面的にペガシスにしているようです。

  3. 精神的に落ち着かないってこと、ちゃんとお医者に報告しなきゃだよ。早めの対応が一番だと思うからさ。

  4. 治療成績については確かな情報はまだ無いみたい。再治療については一度でも陰性化してればOKみたいですが。

  5. 私はペガ・コペの承認を待って治療しました。
    先生が「今はこれが最強の治療だ」とおっしゃったから。
    私の場合は10本目から半量になったから完治率はどうなんでしょうね?ちょっと心配。
    日本では始まったばかりの治療ですから、日本人での統計が出るのはこれからですね。
    私の病院でもペガ・コペの人が他にいるのかどうなのか、さっぱりわかりません。看護婦さんは「たくさんいらっしゃいますよ」と言っていましたが、未だに治療してる人に出会ったことありません。

  6. あれ、そうなんですか。フェロンはβだから違うのかと思いました。早とちりです・・・。
    ホント、ペガコペしてる人って、私も知りません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください