体重復帰?

インターフェロンでC型肝炎を治療しているばんばんじゃ。

本日は、昨日のインターフェロンの副作用も軽く。午前中はきちんと起きていられましたが、午後に入って、日だまりに横になったが最後、奈落の底へ(笑 すっかりお昼寝モード、チビは勝手に塾にいってるし、これじゃあかんということで、夕方から、ジムへ。プールで一泳ぎ、ウォーキングを兼ねながら、肩と首を重点的にほぐす。30分で終了。その後、お風呂タイムで、サウナにどっぷり、これも、30分。
風呂が目当てなのか、トレーニングが目当てなのかわからず。体重計に乗ると、55.8kgと誤差ながら、多少増えてる。きちんと、食事を確保してるつもりなんだけどなぁ。


久しぶりに本を読む。流し読み。★二つといったところか、習慣までもっていくのが大変なんだよなあ。

「手帳ブログ」のススメ
「手帳ブログ」のススメ

posted with amazlet on 07.12.08
大橋 悦夫
翔泳社 (2006/04/20)
売り上げランキング: 2816
おすすめ度の平均: 4.0

3 Blogの本としても、ビジネス書としても感動的なできではない。
4 自己成長のためにブログを書き続けるということ。
5 ブログ活用形の1つのスタイルを提供

書き込みを入れるのが精一杯で、読み返すところまで行ってないなぁ。
完治したら、読み返してみよう(+.+)\バキ


人気Blogランキング
インターフェロン等でC型肝炎のお仲間を集めるためブログランキングに参加してみました。ポチットお願いします

1件のコメント

  1. くだらなく細かいけど、たまには技術屋らしく考察。
    100kgmax測定器として、一般的な汎用マイコンICのDA処理精度は、10~12bitとすると、
    10bit精度で204.8kg÷1024=±0.2kgまで、
    12bit精度で204.8kg÷4096=±0.05kgまで
    が測定器の性能だね。
    よって、0.5kgの内、0.05kgが測定公差。残りの0.45kgが増分。こりゃ、体の水分量の違いくらいかな?定点観測して測定標本を増やせば、メジアン値、標準偏差がより精度良く求められ予測品質が増す。
    あ~疲れた。今日は、首痛いし、足がつったよ(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください