体が冷える。もしかして冷え性。

インターフェロンでC型肝炎を治療しているばんばんです。

この頃、冷えるんですよ。どこがっていると、手より足ですね。足先ではなくて、足首の上あたらいがスゴーク冷える。
かみさんみたいに、足が冷たくて眠れないことはないですがね。これもインターフェロン治療の副作用ですかね。
勤め先でも、足首あたりが冷えるんですよ。みなさん、インタフェロン治療を初めてから、寒さによわくなったと思いません。この間書いた油ぎれで、しもやけやひび割れになるとなんか関係があるようなきがするんですよね。

ちとおもしろい記事を見つけました。困っている方は、ちょっと飛んで飛んで見てください。

つらい「冷え」を克服 – goo ヘルスケア
免疫力が低下するのが問題 冷えが体のさまざまな機能に悪影響を与えることは、現代医学でも認められています。 ●白血球の働きが悪くなるため免疫力が低下し、かぜをはじめ自律神経失調症、膠原病(こうげんびょう)、がんなど、さまざまな病気にかかりやすくなる。体温が1度低くなると、免疫力が30%以上低下するといわれる

白血球が減るとあかんのだって、でもインターフェロンの治療をしてると絶対というほど、白血球が減少するでしょう。どうしたらいいんだー。 自律神経~って、うつになりやすくなるってことじゃん。(笑
体を温める食べ物もあるみたい。鉄分は禁句だけど、意外にいがい、果物系は”りんご、ぶどう、いちご”などの果物系は大丈夫みたい。でも、”パイナップルなどの南方産の果物”は体を冷やすそうです。ってことは、だいじなバナナは体がひえるってこと?むーん。バナナはたべないと。むずかしいなぁ。


miyaさんありがとう。すこし、わたしの感じ方、あとはハウザーさんから聞いたはなしとかで、インタフェロン治療とその副作用について、個人的な感覚(しんどさ)でもまとめてみましょうかね。これから、治療をするかたの少しでも参考になればと思います。私は、お医者様ではないので、治療の方法について、とやかくいうつもりもないし資格もありません。ただ、この治療をするとわたしの場合や、お仲間の場合、こんな症状がでやすくて、しんどいよってのをきつい順からならべてみようかなぁ。さて、いつかかくんじゃ(バキ)

人気Blogランキング
インターフェロン等でC型肝炎のお仲間を集めるためブログランキングに参加してみました。ポチットお願いします

9件のコメント

  1. 入院(9月下旬から12月までの間で計44日も入院してしまいました(-.-;))中、検温では35度台の方がなんと多いこと。毎日、高熱・微熱の私は寒気もあり、寒いのと暑いのが交互。どっちなんじゃい(笑)
    足首が冷えると私はこむら返りがおきるので、冷えが続くときは夏でも足首だけのを履いてみたりします。

  2. 1回目(スミフェロン6MIU)も2回目(OPC-18,7.5MIU)も、ともかく身体が冷えました。絹の下着を買い込んだのも、2回目の時です。ペグの時はそんなに冷えませんでしたね。

  3. 私は足首から先と手の指先・・・がメチャクチャって感じです。去年ひどくなったのはインターフェロンのせい・・・ということにしてました。今年は、別の内科へ行って薬もらって飲んでますが、去年と同じぐらいのようです(笑)。

  4. 「患者から見たインターフェロン療法」・・・・・・
    ボチボチ 一冊の本にまとめて 売り出しましょう。
    かなり いけると思います。
    出版社は あそこしかないでしょう

  5. 寒さはいつもより堪えてますが、手足先は痛みと共に熱感があるので そんなに冷たく感じません。
    9ヶ月目の先月からは午後3時過ぎると急に熱が37.7度位に急に上がり
    3~4時間後には36.7度辺りに戻るというのを毎日繰り返してます。
    風邪とは違う様ですが、何で熱が出るのか分かりません。
    まあ、体力がもつ間は少し位高い方が良いのかもしれませんが。

  6. 個人的なしんどさってまとめてみたいね。
    それを何人か並べて体格や性別で違う部分が一目でわかるようにするとこれから治療受ける人の心構えになると思う。
     根詰めて文章書くのは体に良くないからほどほどにね。
    一律救済の話だって金があればそれで済むってわけじゃないってことがどれだけわかってるか問題だね、もし仮に一律補助金が出ますってなったとしても治療に踏み切れない人は多くいるはずだし、今度は補助金制度があるのに活用されないのは何事だってすぐ打ち切りになりかねない。
     それに私だって鬱がないわけじゃないし治療が終わって鬱が残った人にバックアップができるのかなんて考えてもいないだろう。
    けど副作用の鬱で会社辞めて実際のとこ医療費補助だけじゃすまない人が居るのも現実。
    PS。保湿ローションは毎日体中に塗ったくっときましょう、かさ肌になってからじゃ遅いよ。

  7. IFN投与中は、平均体温が0.5~1℃くらい低かったなあ。
    1日の中でも多少余力のあるAMは低目で、PMになると上がってくる。ヘロヘロに疲れた時の夕方は微熱が出て、異常に眠かった。慢性的な貧血で、体中にアミノ酸不足が起きて、何もしなくても疲れていた。真夏でも汗もかかず、体の四肢の冷え、下肢のつり、こむら返りもしょっちゅう。
    手足の指や角質層のカサカサ、ひび割れも酷かった。唐辛子成分の入ったベルクリーン軟膏が良く効いた。某製鉄所の売店で売っているやけど用の油薬も良く効いたよ。
    症状の個人差は、肝余力、免疫、溶血、神経反応など色々な要因があるから、なるべく多くのパラメータで、長期の多点観測が必要だね。それと、血液、生化学検査データも。こりゃ大変だ。マジで取り組めば、医学会レポートにも出来そうだね(笑)

  8. 私は免疫力だけはたっぷりあるけど 屋根の上ではやっぱり冷えます~(笑)
    必要というか知りたい項目をテンプレートにしてアンケートとれば
    かなりのデータが集まりそうですね?

  9. はじめまして。インターネットなどはじめてのおばちゃんなので、失礼があればお許しを・・・。最近かかとのカサカサでお悩みのようですが、わたしもその一人でした。皮膚科で「水虫」と言われ、薬をもらいかなりよくなりました。今朝の山陽新聞の健康面にも「固くなった皮膚がひび割れを起こす角質増殖型」があり、乾燥による皮膚の荒れと放置・・・悪化とありました。それから、以前、白血球が少なくなると水虫にもなりやすいともでてました。ばんばんさん、いつも元気もらってます。ありがとう!  

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください