仮復帰、うつの薬の話でもしましょうか?

インターフェロンでC型肝炎を治療しているばんばんです。

今日は、うつで寝込んでいたので、抗うつ薬の種類の話でもしましょうか?
一般に次の4つに分けられます。

三環系抗うつ薬 トフラニール
アナフラニール
トリプタノール
 古い歴史を持つ抗うつ薬です。効き目としては、最も切れ味のよい薬です。
ただし、眠くなったり、便秘がひどくなったり、口が渇いたり、
排尿困難といった副作用も強いのも特徴です。
四環系抗うつ薬 ルジオミール
テトラミド
 三環系抗うつ薬の次世代の薬です。
副作用は三環系抗うつ薬よりも弱いですが、切れ味も三環系抗うつ薬より劣ります。
SSRI パキシル
ルボックス
デプロメール
 「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」と訳されます。
セロトニンの再取りこみ(再吸収)だけを阻害して、
セロトニンの量を増加させる効果があります。
副作用は三環系・四環系の薬より格段に少ないのが特徴ですが、
むかつきなどの消化器症状を起こすことがあります。
SNRI トレドミン  「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」と訳されます。
SSRIがセロトニンの再取り込みだけを阻害するのに対して、
SNRIはノルアドレナリンの再取り込みも阻害します。副作用は、
SSRIと同様、むかつきなどの消化器症状を起こすことがあります。

・その他
胃潰瘍の治療に使われるスルピリドという薬が、うつ病に対しても使われることがあります。
『ドグマチール』、よくげんき薬なんて言われます。ほんと、落ち込んで意欲がないときにこれを服用すると人にもよりますが、1~2週間位で明るくなったりします。たしか、gukkyおばさんところが、最初これを処方されたんじゃないのかな。
一時的なものなので、本格的なうつの場合には、上記の薬がよく使われます。


わたしが、服用しているのが、ルボックスですね。それに、若干の精神安定剤を組み合わせます。
いまは、だいたいSSRIをはじめにもってくるのが普通みたいです。パキシルなんかの方が、胃にはやさしいような気がします。かつて、パキシルももんだことあり、ルボックはほんと口が渇いて、水をがんがん飲むようになります。健康的にはいいんですけどね。トイレが近くなってしょうがない。(w

しばらくぶりに、不安感、そわそわ感が抜けず、なにもしらくない病でした。朝から晩まで寝まくり。
意欲がなくなるとあかんですね。インターフェロン治療のせいで、疲れが抜けないのも原因でしょう。
また、前回の結果が少しショックだったのかもしれません。インターフェロン治療とウルソの治療で、血液検査の結果がそれほど変わらないなんてね。たしかにインターフェロン治療をやっていた方が、肝癌にはなりにくいんですけど、やはり、QOLというか、体への負担も大きい。この辺を見極めてやらないとあかんですね。わかっているつもりが、自分では、少々気負い過ぎていたのかもしれない。また猫親父に、肩の力抜きや~と言われそうな・・・(苦笑

そうそう、睡眠時間も大切ですね。これが切れるとだめだめ状態になります。せっかく、睡眠薬減らしてきたのに、また逆もどりやなぁ。
12時に寝ても、この頃4時半とか、5時とかに起きると思っていたんだ。

精神科の予約を変更して、来週に繰り上げる。精神科の先生がT病院の分院の先生なので、本院には、1週間に1度しか見えられない。とてもいい先生なんだけど、突発的なのには対応しにくいなぁ。うつの場合は、一番頻繁に通う場合は、2週間に1度面接、診断で薬を処方というのが一般てきなパターン、これを過ぎると、1ヶ月に1度、2ヶ月に1度と安定期にはいる。


digiさん、少しまっててねー。と思いきや、早速、ご案内が出ていますね。


C型肝炎お仲間掲示板

mixiなんかだと、掲示板でQ&Aができたりするんですけど、SNSは好みもありますからね。これから、どんどんインターフェロン治療をする人も増えてくるだろうし、そとでやった方がいいと思います。digiさんがんばれー。

気晴らしに読んだ本、うつになると、本が読めなくなるんですよね。毎回同じ所を読んでたりして・・・ぜんぜん、集中力がないし、今期もなくなる。笑えるかなぁと思ったら、調子が悪すぎて笑えなかった(泣)

片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術
池田 暁子
文藝春秋 (2007/04)
売り上げランキング: 369
おすすめ度の平均: 5.0

5 ノルマ課すしかないんだよ!
5 気楽に読めて、とっかかりのヒントが見つかる本
4 スタート地点


むーん、今はやりのゴミ部屋からどうやって抜け出すかの本だった。もう少し、笑える本にすればよかったなぁ。

人気Blogランキング
インターフェロン等でC型肝炎のお仲間を集めるためブログランキングに参加してみました。ポチットお願いします.

3件のコメント

  1. 私は抗うつ剤がパキシル3錠、安定剤がメイラックス、頓服のデパス、眠剤がマイスリーです。
    肝臓で通っている内科で全部処方して貰っています。
    2週間毎の通院ですよ。
    精神科のお薬も結構高いと思います。
    ここの所結構安定しているので「パキシル減らしてもいいですか?」と聞いたらしっかり断られました。
    再発だから厳しいみたいです。
    断薬は焦らない方がいいようです。

  2. 隊長、のんびり行こう。
    無理し過ぎも気力、体力、免疫力も落ちるよ。疲れがとれて、リフレッシュするまでIFN休んでもいいじゃん。
    うん、ドグマチールは胃腸の調子が良くなって喰い過ぎて太った憶えがあるな。SSRIは、ジェイゾロフトを飲んだよ。…肝臓に負担が大きいと聞いて飲まなくなった。それに自分には、あんまり効果が感じられなかったし。私の場合、レンドルミンで眠れれば何とかなってるよ。
    本は、まだ読む気がしないな。仕事の資料だと、仕方なし目は通すが、集中するのにどえりゃ~エネルギーがいる。でもコミックは少し読めるよ。ネット遊びと散財は気晴らしだね(笑)

  3. ばんばんさーん。ぼちぼちです(^_^)
    私も以前、うつで拒食症になりました。
    最後は、コントミンまで飲みましたが・・・。
    焦りすぎで、「死んでやる~」になりました(汗)。人間なかなか死ねません。
    焦るほど遠回りでした。
    急がば回れ~。でした。
    私は、好きなジャズ流して、絵本眺めるの好きでした。
    気晴らしに始めたパチンコは、勝っても負けても、嬉しくもないのに通って、三ヶ月で100万円損失でした。(お勧めできませんです)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください