支援者の会について

薬害C型肝炎の訴訟には、いろいろな人が応援されています。
自分も何か力になりたいと思っている方もいらっしゃるでしょう。
調べてみると、各地域で支援者の会というものが設立されています。
学生による学生の会もあり、その活動内容はブログなどで見ることが出来ます。
支援者の会に入ることができなくても、みんなの願いをつなぎあわせるハンカチメッセージというのがあるようです。
全国弁護団ホームページで、その内容を見ることができます。
著名人もたくさん参加されているようですね。
自分のハンカチにメッセージを書いて郵送するというもので、これによって薬害の連鎖を断ち切る願いが込められています。
集められたハンカチは、支援者の会が主催する集会などで、展示されているようです。
どれほど多くの方が、薬害C型肝炎に関心があるのかが分かるのではないでしょうか?
また、支援者の会で活動されている方のブログを見れば、集会のお知らせや原告の方達のブログもたくさん紹介されています。
原告団や支援者の方達の、これまでの活動内容や治療の辛さ、苦労が読み取れるものとなっています。
もちろん、C型肝炎や薬害C型肝炎に関する知識は、インターネットのみならず書籍でも読むことができます。
原告団の一人である福田衣里子さんは、本も書いていらっしゃいます。
内容は、薬害C型肝炎についてはもちろんのこと、福田さんの前向きな姿勢に感心させられる一冊になっています。
興味のある方は、一度ご覧になってはいかがでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください