肝臓手帳について

皆さんは、お薬手帳をお持ちですか?
医療機関にかかると、薬局で一人1冊、お薬手帳を作成してもらえると思います。
これには、飲んでいる薬の名前や摂取量などが記載されるものです。
また、妊婦さんは母子手帳をお持ちのことでしょう。
母子手帳は子供が成長していく上で、重要なものですね。
皆さんも自分の母子手帳を見たことがありますか?
自分の成長ぶりや親の愛情が分かる貴重な手帳ですね。
他にも、糖尿病の人には糖尿病手帳、C型肝炎の人には肝臓手帳というものがあるんですよ。
肝臓手帳には、肝臓病に関する知識が記載されており、検査結果が書きこめるようになっています。
定期的に検査を受けたら検査結果を書き込んでおきましょう。
検査の度に、結果を見比べることが出来て健康管理には最適ですね。
これらの手帳は、大事に保管しておくだけではいけません。
違う病気で他の診療科にかかる際には、必ず持参するようにしましょう。
医師によっては、C型肝炎にかかっているというと「血液検査をしましょう」と言うかもしれません。
しかし、専門医にかかっているのであれば、その結果を持参して見せればいいわけです。
定期的に行っているのであれば、わざわざ検査を受ける必要はないでしょう。
だからと言って、C型肝炎のことを話さないのはいけません。
薬の飲み合わせの問題もありますし、歯科などでは特に申告しておくことが必要です。
手帳は、常に保険証や診察券と一緒に保管しておきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください