これから検査や治療を受ける人は

薬害C型肝炎の訴訟問題で和解が成立し、ニュースなどを目にしたおかげで、多くの方がC型肝炎という病気があることを知ったのではないでしょうか。
誰しも、自分が病気にならないと、興味を持ったり関心を寄せたりしないでしょう。
しかし今回ばかりは、多くの方がC型肝炎に感染している可能性があるということで、注目を集めています。
厚生省から配布された広告を見て、自分も該当者になっていることが発覚した人は大勢いらっしゃると思います。
今もまだ検査の結果が出なくて、ドキドキと不安な日々を過ごしている人もいるはずです。
今回の結果で、たとえC型肝炎になっていても、早期発見だと完治するということを、忘れないで下さい。
治療は大変かもしれませんが、現在の治療方法は多くの方が完治して普通の生活を送っていらっしゃいます。
インターネットでも、完治した人や治療中の人のブログを読むことができます。
そして、皆さんが一様に「あきらめないで!」と訴えています。
不安になったときは、一度ご覧になってはいかがでしょう?
自分と同じ状況の人に出会えるかもしれません。
病気の辛さは本人にしか分からず、周りの人には分かりにくいものです。
特にC型肝炎は、あきらかに病気だとは分かりにくいものですから、理解を得るのに大変だという話も聞きます。
病院から治療の説明を受ける時は、一人で行かずに家族を連れて行くといいでしょう。
家族と一緒に病気を理解することが大切です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください