薬害C型肝炎訴訟の道のり

薬害C型肝炎訴訟について、見てみましょう。
血液製剤フィブリノゲンによって、C型肝炎になった方達が、「薬害肝炎被害者の会」を結成したのは、2002年9月のことでした。
事の発端は、2000年8月24日に行われた薬害根絶デーでの、男子学生の訴えでした。
自分はC型肝炎であるということを大勢の前で発表し、薬害問題はエイズ以外にもあることを訴えたのです。
この青年の発言に勇気付けられた被害者20人が、「薬害肝炎被害者の会」を結成します。
そして、そのうち16人が2002年10月21日に東京と大阪の両地裁に集団提訴をしました。
これが、今回の薬害C型肝炎訴訟の始まりです。
被害者の方達は、その後 問題解決への支援を求めて、さまざまな国会議員と懇談します。
時には、行進をしたり、集会を開いてC型肝炎の恐ろしさを訴えてきました。
この運動を通して、いくつか新たに分かった事実も出てきました。
国も、製薬会社も危険を知っていたということ、副作用の報告書が破棄されていたこと、製薬会社からの感染者リストが地下倉庫に置き去りだったこと・・・
これらの事実が分かっても、なかなか良い方向へ話が進まない日々。
おそらくこれらのニュースを見て、政府に不信感を抱いた国民も少なくないことでしょう。
2002年に始まった訴訟問題がようやく光が見えたのが、2007年12月25日。
原告の方達がようやく福田首相と面会することができたのです。会を結成してから約5年も経っていました。
そして、2008年1月15日、国との和解が成立しました。
治療を続けながらの活動は、想像もつかないほどとても辛いものであっただろうと思います。
もちろん、国と和解したからといって終わったわけではありません。
まだ救済を求めている人たちはたくさんいらっしゃいますから、これからも活動を続けていかなくてはいけません。
しかしながら、原告団の方達の活動は多くのC型肝炎患者にとって、励みになったことでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください