C型肝炎とお酒の関係について

一日の終わりに、ホッと一息つく時間は、至福のときですね!
皆さんは、何をされますか?
コーヒーを飲む人もいれば、家族でテレビやゲームを楽しむ人もいるでしょう。
お酒を飲む人も、多いと思います。
お酒の飲みすぎは肝臓に悪いというのは、よく知られていることです。
では、C型肝炎になった時には、お酒とどのように付き合えばよいのでしょうか?
C型肝炎の治療が始まると、医師からお酒の摂取量についてのアドバイスがあると思います。
おそらく「飲んでもいいですよ」という医師はいないでしょう。
なぜなら、C型肝炎の方がお酒を飲み続けると、病気の進行率がとても早いからです。
特に女性は、少しの量でも、肝硬変になりやすいのだそうです。
C型肝炎の治療を始めたら、きっぱりと禁酒をするようにしましょう。
しかし、ストレスを抱えることは、かえって体によくないかもしれません。
どうしても我慢できなければ、医師に相談して摂取量のアドバイスを受けるようにしましょう。
治療後ウイルスがなくなり、医師から許可が下りれば、嗜む程度のお酒であれば問題ないでしょう。
もしも、我慢ができるのならば、せっかく禁酒したのですから、そのまま飲まないほうが良いのですが、たまにはお付き合いで飲むのは仕方のないことです。
くれぐれも飲み過ぎないように、気をつけてくださいね。
また、晩酌が楽しみな方もいらっしゃるでしょう。
その場合、日本酒ならばとっくり一合、ビールならば中瓶1本ほどで、やめるようにしてくださいね。
しかし、毎日飲み続けるのは、感心できません。
週に2日は、肝臓を休ませるようにしましょう。

2件のコメント

  1. 今日で、ハーボニー4日目、昨日ビール2本飲んでしまいました。今日喉が痛いし、胸が痛い。お酒ダメですよね?ちなみに私の通っている医師は、薬服用中きおつけなければ、いけないことは、ゆわないけど、何かあれば教えてほしいです。

    1. できあきさん
      ハーボニーは特に気を付けることはありません。禁忌薬がいくつかあるぐらいですかね。
      お酒は度を越さなければ飲んでも構いませんよ。二日酔いになるぐらいはだめだけど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください