病院に行ったら

体調が悪くなって病院に行っても、いざとなると何を聞いてよいのか分からなくなったり、聞こうと思っていた事を忘れた経験はありませんか?
それが「C型肝炎にかかっています」「検査の結果、陽性でした」などと言われたら、頭の中が真っ白になってしまいそうです。
いざという時に慌てないためにも、聞いておかなければいけない事は、メモしていくと良いでしょう。
例えば、「今現在の自分の病気はどの程度、進んでいるのか?」ということです。
C型肝炎であっても、初期なのか肝硬変になっているのかで、心構えは随分変わってくるはずですね。
そして、「どのような治療が行われるのか?」も大事なポイントです。
インターフェロンを使うのか、リバビリンも飲むのか・・・さらには、それに伴う副作用はどうなのか?など、疑問点は解消できるようにしましょう。
「先生に全ておまかせします」と言う患者さんがいらっしゃいますが、それは全ての点で自分が納得してからにしましょう。
もちろん、医師の意見を聞くことも大切です。
医師の言う事に納得できなければ、時には病院をかえることも良いのではないでしょうか。
違う病院に行く場合は、検査結果なども持参するようにしましょう。
そうすれば、診察もスムーズにいくでしょう。
C型肝炎の治療は、長期にわたる事が多いといいます。
いろいろな医師の意見を聞いてから、自分が信頼できる病院にかかるようにしましょう。
それが完治への近道と言えるのではないでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください